博多駅観光

博多駅で2時間の空き時間があったら!博多駅グルメから遊びまで福岡観光をもっと楽しむおすすめ5選

ビジネスや旅において拠点となる博多駅は、数時間空き時間があれば、目的別に充実して楽しめます。今回は所要時間×目的別に博多駅での過ごし方を紹介します!

■博多駅で2~3時間の空き時間があったら、博多駅グルメ?遊び?何する問題続出

 

コロナ禍での規制も和らぎ、福岡へ旅行やビジネスでたくさんの方が訪れてくださっています。ありがとうございます!ようこそ福岡へ♪

 

知人が運営する宿泊施設の客室稼働率も、80%〜90%になったと聞きます。そんな中、よく県外の方からお問合せがきます。

 

ーー「博多駅で出発予定まで2時間あるけど、どうしたらいい?」

 

ある友人は、「出張で福岡に来たが、プレゼンと商談が思いの外早く終わってしまった」とのメッセージがありました。

 

中心部の繁華街・天神〜博多駅は地下鉄で約5分。この中に企業やオフィスがギュッと詰まっているので移動時間が少なくて済み、効率的に訪問や商談ができますからねー。東京や大阪よりも2件は多くできると言う人もいます。

⇒そんなあなたには、まだまだ奥深い福岡グルメを楽しんでもらいましょう。

 

また、旅行で来福した知人は、「博多駅近くに宿泊して、観光は十分に楽しんだんだけど、福岡空港に行く前に博多駅で数時間過ごすんだけど?」とフライトの時間まで3時間以上もあるそう。博多駅〜福岡空港は地下鉄で約7分!

⇒それなら博多駅で2時間満喫プランでいきましょう!

 

所要時間と目的にそあわせて私のおすすめの楽しみ方5選を紹介します。

 

■福岡空港で楽しむこともできます【福岡空港完全ガイド】
>>https://fukuoka-leapup.jp/tour/202203.494

 

 

■30分〜2時間の所要時間×目的別 博多駅グルメから遊びまで楽しみ方5選

所要時間と目的別で、博多駅で時間が空いた時の楽しみ方をご紹介します!ぜひ、参考に。

 

1.【所要時間1〜2時間】福岡名物グルメをもっと食べ尽くしたい!2時間あればはしごも!

 
出張でビジネスが早く終わったら、早くから飲んで福岡グルメを楽しみたいですよね。ラーメン、もつ鍋、焼き鳥、海鮮にひとくち餃子…。しかも一人でも気兼ねなく楽しめるパラダイスが博多駅にはたくさんあります。

 

まず、私のおすすめはKITTE博多B1F・9F・10Fにある「レストラン&カフェ うまいと」。なかでも、B1Fには福岡名物のグルメを味わえる、一人でも気軽に入られる店が揃っています。>>https://hakata.jp-kitte.jp/shop/floor.jsp?fid=b1f

 

 ■博多ラーメン Shin-Shin/KITTE博多B1F

煮玉子入りラーメン 890円

 

「やっぱりとんこつラーメンは1回食べないと」という方向け、福岡で人気のラーメン店「博多らーめん Shin-Shin」があります。スープを飲み干したくなるラーメンはもちろんですが、私はちゃんぽんも大好きです。

 

【博多らーめん Shin-Shin】
・TEL: 092-260-6315
・営業時間: 11:00~24:00 (L.O.23:30)

 

 

カウンター博多もつ鍋おおやま/KITTE博多B1F

おおやまセット 2,288円

 

「一人だから、もつ鍋は無理かな」と諦めないで。旅行者向けに一人用のセットも備えている店があります。博多駅周辺で6店舗あり、福岡発祥で全国に広がる「もつ鍋おおやま」の「カウンター博多もつ鍋おおやま」では、一人ずつ区切られたカウンターで、気兼ねなく食事を満喫できます。

 

人気の「おおやまセット」は、メインのもつ鍋に明太子や辛子高菜、熊本直送の馬ユッケまで付いた九州のご当地グルメがギュッと詰まっていますよ。※メニュー内容・価格は変更となる場合があります

 

【カウンター博多もつ鍋おおやま】
・TEL: 092-260-6300
・営業時間: 11:00~23:00 (最終入店 L.O.22:30)

 

 

博多とりかわ大臣/KITTE博多B1F

博多とりかわ タレ・塩/各1本 153円

 

福岡の名物グルメのひとつが「焼き鳥」。お替りできるキャベツ(無料がほとんど)といっしょに提供されることが多いです。「博多とりかわ大臣」では、名物の「博多とりかわ」を楽しめます。

 

タレと塩の2種類があり、どちらも甲乙つけがたいのですが、私は特製のタレに漬け込み、手間暇かけて仕上げされ、旨味が凝縮したタレが好みです。外はカリカリ、中はジューシなんです。ちょっと一杯にも最適ですね。

 

【博多とりかわ大臣】
・TEL: 092-260-6360
・営業時間: 11:00~23:30 (L.O.23:00)

 

 

テムジン/KITTE博多B1F

焼き餃子 1人前 570円

 

博多ならではの「ひとくち餃子」も福岡滞在の際にはぜひ。福岡で50年続く名店「テムジン」では、昼間から一口サイズの野菜たっぷり餃子が堪能できます。

 

ランチに、一口サイズの野菜たっぷり餃子とからあげがセットになった「テムジン定食 (1,280円)」や「焼き餃子定食 (シングル830円、ダブル1,230円)」が楽しめます。※テムジン定食、焼き餃子定食はランチメニュー (11:00~15:00限定)

 

もちろん餃子とアルコールでもいいですね。

 

【テムジン】
・TEL: 092-260-6488
・営業時間: 11:00~24:00 (フードL.O.23:00/ドリンクL.O.23:30)

 

このフロアだけで2時間あれば3軒ははしごできますね。ここがいいのは、朝7時からあいているカフェなどもあり、モーニングから楽しめること。博多駅に来たならぜひ立ち寄ってみてください。

 

【KITTE博多B1F レストラン&カフェうまいと】
■住所: 福岡市博多区博多駅中央街9-1 [MAP]
■TEL: 092-292-1263
■営業時間は店舗により異なる
>>https://hakata.jp-kitte.jp/shop/gourmet/

 

福岡の名物である海鮮も刺し身や丼など数々の名店で提供されています。私が最近はまっているのが、JR博多シティ9F シティダイニング「くうてん」にある「めんたい料理 博多 椒房庵」の「博多めん鯛まぶし」です。2つの博多名物、明太子と鯛茶漬けを一緒に楽しめます。

 

 

めんたい料理 博多 椒房庵/JR博多シティ9F シティダイニング「くうてん」

博多めん鯛まぶし 2,800円

 

「福岡で鯛?」と思うかもしれませんが、福岡市の隣の糸島では、天然真鯛の漁獲量が日本一なんです。

 

その鯛と椒房庵のあごだし (あごはトビウオのことです)めんたいこと羽釜で炊いたご飯を、一度目はレモンを搾って、二度目は卵黄だしとろろをかけて、そして最後はだし茶漬けと三つの味で楽しめます。

 

いつも混んでいるので、時間があまりない人にはおすすめできないのですが、時間に余裕がある方はぜひ。

 

【めんたい料理 博多 椒房庵】
■住所: 福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ9F シティダイニング「くうてん」内 [MAP]
■TEL: 092-409-6611
■営業時間: ランチ11:00~16:00 (L.O.15:30)、ディナー17:00~22:00 (L.O.21:00)
>>https://www.kayanoya.com/shop/gohanya-syoubouan/

 

 

2.【所要時間1〜2時間】散策が大好きという方に!博多旧市街のまち歩き

せっかく福岡に来たなら、まち歩きをして、街の空気を楽しみたい」という旅慣れた方向け。福岡市地下鉄で博多駅から一駅の祇園のあたりまでに広がる「博多旧市街」の散策がおすすめです。

 

博多駅博多口から一歩出るとビルの谷間に本当に多くの寺社仏閣が立ち並び、駅近くと思えない静寂を感じることができます。

 

中世のころに日本最大の貿易港湾都市として栄えていた博多の歴史や伝統文化を体感できるのが「博多旧市街」なのです。空き時間が1時間あれば、博多千年門から承天寺あたりまで散策しましょう。

 

承天寺の庭には「饂飩蕎麦発祥之地の碑 (うどんそばはっしょうのちのいしぶみ)」があり、この庭の静寂、そして垣間見える石庭が素晴らしいのです。

 

博多千年門

 

饂飩蕎麦発祥之地の碑 (うどんそばはっしょうのちのいしぶみ)/承天寺内

 

1時間以上時間がある人は、木造座仏や地獄極楽めぐりができる東長寺、博多の総鎮守で、博多祇園山笠の飾り山が一年を通してみることができる「櫛田神社」、「博多町家ふるさと館」そして川端通商店街に足をのばしていきましょう。

 

【博多旧市街】
>>https://yokanavi.com/hakataoldtown/

 

 

3.【30分あれば】とにかくリラックスしたい方向け!博多駅で眺めのいい休憩スポット

「予定の電車まであと少し。もう何もせずに眺めがいいところでのんびりしたい」という時ありますよね? そんな時に足を運んでほしいのが、「つばめの杜ひろば」。

 

JR博多シティの屋上にある庭園で、展望テラスからは地上60mの高さから博多のまちや海を見渡すことができます。のんびりリラックスできます。

 

気持ちのいいスポットです

 

夜もすてきな雰囲気

 

鉄道神社や博多駅に出入りする列車の様子が観られるトレインビュースポットがあったりと、鉄道好きな方にもおすすめのスポットです。

 

 

小さなお子さんも楽しめるので、ファミリーにもおすすめです。

 

【つばめの杜ひろば】
■JR博多シティ屋上
■入場時間: 10:00〜22:00 (1月4日〜2月末日までは21:00)
>>https://www.jrhakatacity.com/tsubame/

 

参考までに、アミュプラザ博多9F「T・ジョイ博多」のロビーから入っていく「トレインビュースポット」があります。クラシカルな通路の雰囲気もよく、静かに列車の動きを眺めることができますよ。

 

博多駅を往来する列車の眺めはもちろん、鉄道に関する写真や絵が飾られていて、ゆったりできます

 

 

4.【30分あれば大満足】お土産選びへ!博多駅はどこも充実

「お土産をなにか買わないと!」と焦る方も多いと思います。博多駅なら乗り場近くにたくさん売り場があるので、定番のお菓子から最近話題の新顔まで、あっという間にお土産を揃えることができます。

 

マイング

 

「時間があるからゆっくり見比べながら買いたい」という方は、北改札口横からアクセスできる「マイング」へ。とにかくショップが多いので目移りしてしまいますが、特にお菓子類が充実。季節限定モノも多く登場しています。

 

【マイング】
■住所: 福岡市博多区博多駅中央街1-1 [MAP]
■営業時間: 9:00~21:00
>>https://www.ming.or.jp/

 

 

博多デイトスみやげもん市場

 

明太子の品ぞろえが充実していて、名店が揃い、ディスプレイもすっきりしているので、急いでいるときに買いやすいなと私が思うのは「博多デイトスみやげもん市場」。新幹線の乗り場近くなので、パッとお土産を買いたい方にもおすすめです。

 

【博多デイトスみやげもん市場】
■住所: 福岡市博多区博多駅中央街1-1 [MAP]
■営業時間: 8:00〜21:00
>>https://www.jrhakatacity.com/floor/df1.php

 

 

5.【番外編】どうしても仕事をしないといけないときにカフェとコワーキングスペース

私自身も出張先で列車の出発前に仕事ができるところを探すことが多いです。特に博多駅は、土日はカフェ難民になるほど混んでいることが多々ありますが、駅構内のカフェは、入れ替わりが早く、一人なら座席を確保できることが多いです。

 

コワーキングスペースQ

 

「もう少しまとまって仕事しなきゃ」という時に、私が利用しているのは博多駅地下1Fの「コワーキングスペースQ」。1時間660円〜ドロップインできます。博多駅直結で、地下鉄にも近く、オープンな雰囲気もいい感じです。

 

【コワーキングスペースQ】
■住所: 福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ アミュプラザ博多 地下1F [MAP]
■TEL: 070-4491-3250
■スタッフ対応時間: 平日9:00~20:00
>>https://q.jrkyushu.co.jp/

 

 

■コンパクトシティ福岡で、コンパクトに楽しめる博多駅

大都市圏の駅は、それはそれはいろんなところがあって楽しいけれど、どんな風にアクセスできるのか、あるいはたどり着けずに迷ってしまうこともあります。

 

博多駅の場合は、駅構内から直接か地下か、博多口、筑紫口のどちらよりにあるかを確認すれば、すぐにアクセスできます。

 

今回は時間と目的によって、おすすめの過ごし方を提案しましたが、特に目的がなくてもウィンドーショッピングしたり、博多口を出たところにある「駅前広場」でさまざまなイベントも開催しているので、ゆったりと楽しめます。

 

コインロッカーもたくさんあるのですが、最近は外国人旅行者も多く埋まりがち。駅に近い宿泊施設であれば、宿に預けておくのもおすすめです。

 

出発のギリギリまで、「福岡ならでは」を楽しんでくださいね。

 

 

■あわせて読みたい「福岡観光」記事

●【2023最新】福岡クリスマスマーケット開催情報「クリスマスアドベント」に進化!
>>https://fukuoka-leapup.jp/tour/202310.16291
福岡クリスマスマーケット2023
●【福岡観光2時間モデルコース】福岡のベイエリアを歩こう!博多ふ頭〜中央ふ頭編
>>https://fukuoka-leapup.jp/tour/202306.8498

●【福岡観光モデルコース半日・1日】散策からグルメまで博多旧市街を楽しむ完全ガイド
>>https://fukuoka-leapup.jp/tour/202305.5100

●【福岡空港完全ガイド】旅も遊びも!最新施設から周辺スポットまで!福岡空港の楽しみ方
>>https://fukuoka-leapup.jp/tour/202203.494

●【福岡空港国際線ガイド】韓国・タイなどおすすめ路線と注目の楽しみ方
>>https://fukuoka-leapup.jp/tour/202211.960

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

不動産投資が学べる漫画など特典プレゼント中

漫画だから分かりやすい。
不動産投資が学べる特典を無料プレゼント。

お申込みは下記から。

マンガで分かるマンション投資 ある黒田家の場合

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

関連タグ:
#福岡グルメ
#福岡ソウルフード
#福岡観光
この記事をシェア
LINE
編集者
帆足 千恵
福岡のタウン情報誌の編集者として1990年代から海外30カ国、60エリアを取材し、世界の旅行情報を発信。2001年より外国人旅行者向けの編集制作や企画、調査、マーケティング、プロモーションを行い、九州インバウンドのパイオニア的な存在。2020年4月 海外旅行情報サイトを公開予定。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP