1バス停単位で福岡を切り取る「バス停から愛」

なぜそうなった?バス停名と位置の不思議な関係。「下野」バス停【佐賀県鳥栖市】

一見なんてことないバス停とそのまわりも、視点を変えれば観光資源。そんな思いで福岡市のバス停を取り上げ、ご紹介する本企画。連載76回目は、福岡県のおとなり、佐賀県鳥栖市にある「下野(しもの)」バス停をご紹介します。

今回は福岡県のおとなり、佐賀県鳥栖市からお届け

 

鳥栖駅前から出発する、5番の下野ゆきです。

 

 

各地に路線が伸びている中、下野ゆきは朝と夕方に1本ずつだけです。小中学生の通学ダイヤ設定のように見えるのですが、私が体験するときはいつも日曜日だからか、児童生徒さんに出会ったことはありません。

 

 

今回も、運転士さん以外の誰とも出会うことなく、終点に到着しました。

 

 

バス通りは、路線バスを除いて通行止めになるような道幅です。狭い道が好きなマニアとして、この路線バスだけの特別扱いはそそられます。

 

 

どうやったら野の字だけが消えるのやら、「下」になっています。

 

 

バスは、少し南にある筑後川の堤防脇で待機し、

 

 

鳥栖駅から来たバスが折り返すだけなので、下野発も土日祝は2本です。

 

 

このバスが本日2本目のバスでありながら、最終便なのです。

 

 

誰も乗客を乗せることなく、走り去っていきます。隣のバス停は近いので、下野からも見えています。

 

 

と、最終バスを見送ってしまうと、時として大きな悲劇が起こるのですが、

 

 

下野では、久留米と佐賀を結ぶ別の路線が近くを通っており、最寄りの「総合福祉会館前」バス停まで徒歩10分あまりで到達できます。

 

 

 

 

バス停名と位置の不思議な関係

なので安心して、あたらめて下野を見てみると、次のバス停は下野南です。

 

 

下野から路線は北に向かっているので、下野→下野南→下野中→下野北と続きます。下野南よりも南に、下野がありますね。位置で考えれば、下野のバス停は「下野南さらに南」といった場所です。

 

こういう例はほかにもあって、福岡市内でも小笹バス停よりも北側に、小笹南口があります。

>>なぜそうなった?経緯を紹介した記事はこちら「【小笹】「小笹南口」のバス停が「小笹」より北にある理由」

 

下野も、もともと下野北→下野中→下野南と続いたあとに下野バス停はなく、すぐ近くの久留米市側にバス路線が続いていました。

 

 

その後、鳥栖市内で路線が完結することになった際、堤防のそばに折り返し場が設定され、

 

 

下野南よりもさらに南側までバスが来るのであれば、近くにバス停をと要望されたのか、バス停が設置されたのですが、代表地名である下野という名前が採用されたため、ややこしいことになっています。いやややこしいと思っているのは、私だけなのかもしれませんが。

 

 

夕陽に照らされる電車が映えるのか、近くの鉄橋に向かって撮影をしている若い女性がいました。ぜひこちらのバス停にも目を向けていただきたいです。

 

 

 

基本情報

バス停名:下野(しもの)

・住所:〒841-0063 佐賀県鳥栖市下野町[map]

・天神からの行き方例:

【STEP1】「西鉄福岡(天神)駅」から大牟田線に乗車、「西鉄久留米駅」で下車。

【STEP2】「西鉄久留米」バス停から普通40番 佐賀第二合同庁舎ゆきに乗車し、「総合福祉会館前」バス停で下車後、徒歩約13分。

全体所要時間約1時間30分、910円。

 

成長都市福岡

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

 

さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

 

資料請求バナー

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

 

 

合わせて読みたい

通るたびつい反応してしまう名前。「御手洗」バス停【福岡県糟屋郡】

 

懐かしの「香椎花園前」は今【福岡市東区】

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
バス路線探検家
沖浜貴彦
1972年生まれ・福岡在住。路線図に描かれた終点を想い、途中の狭い区間を苦心して走るバスに愛を注ぐ変態。ブログ「ほぼ西鉄バスの旅」を2008年に開設、日々愛を持ってバスを追いかけ続ける。毎月第二金曜・第四土曜日はバス趣味の現況を共有するサロン「バス路線探検家の会」を運営。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP