フクリパbooks

フクリパbooks

“合わない人”から距離を取る前に|『ネット右翼になった父』鈴木大介

自分をリープアップしてくれる本を、ライター目線で1冊ずつ紹介する「フクリパbooks」。前回は『偽者論』を紹介してくれたプランナー・天野加奈さんの新たな一冊です。

 

今日紹介する本は『ネット右翼になった父』です。

 

インパクトのあるタイトルの通り、この本では、晩年の父がなぜ「ネット右翼」になってしまったのかを、息子でありルポライターの鈴木さんが突き詰めていきます。

 

 

 

 

『「実家に帰ったら親がネット右翼みたいになっていた」「気づかぬうちに陰謀論者みたいになっていた」というエピソードは、我々世代の共通体験として定着してきた感がある。

一方で、この「父親とフラットに軽口を交わせない」という緊張感を伴う硬い関係性も、父たち世代とその子世代に、ある程度共通するモヤモヤなのではないか。』(本書より)

 

 

 

「そもそもネット右翼とは?」というところも著者によって丁寧に定義づけがされていますが、本書をおすすめしたい理由はそこではありません。

何らかの思想について言及したり、否定や批判をしたいわけでもありません。

 

 

 

この本は、「人と人との思想による分断をどうときほぐせるのか」という命題を、父と息子の関係性において、苦しみながらも丁寧に著者が解いていった軌跡の本だと思うのです。

 

 

 

自分と異なる考えを持つ人を頭ごなしに否定せず、「この人はなぜそんなふうに言っているのか」「なにがこの人にこの意見を持たせているのか」という背景を考えるのは、とても大切なこと。

けれどものすごく手間がかかるし、つい自分の感情が先走ってしまうし、とても簡単なこととは言えません。

 

この本を読むと、その大変さをしみじみと感じながらも、私たちはきっとできるし、それができるようになるのに遅すぎることなんてないのだと、勇気さえもらえます。

 

 

「なんだかこの人とは合わないな」と思う人は必ずいて、それが家族の場合も少なくありません。

私も、「私と母は相性が悪いし理解してくれない。愛されていないんだ」と思い込んでいた時期があります。けれど幸い、そうではないことがわかりました。

 

 

意見が合わない人と距離を取ることは、こころの安全のためにも必要なときがあると思います。
でもそれだけではさみしいような気がするな…そう感じるときにきっと、背中を押してくれる本です。

 

 

 

* * *

 

 

ネット右翼になった父

鈴木大介(著/文)

発行:講談社

新書判 248ページ

定価 900円+税

書店発売日 2023年1月19日

本の購入はこちら:https://honto.jp/netstore/pd-book_32186728.html

 

 

 

合わせて読みたい

 

愛するものを、自分の言葉で語る力を取り戻せ|『推察』ナルミニウム・世菜(河鹿)

https://fukuoka-leapup.jp/city/202205.583

 

 

「個人の意向重視」は友人関係と社会に何を生んだか?|石田光規『友人の社会史』

https://fukuoka-leapup.jp/city/202206.672

 

 

これから必要になってくる投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

成長都市福岡1-F

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。マンション投資に興味を持ち始めた方”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

成長都市福岡1-F

関連タグ:
#オススメ書籍
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
プランナー
天野加奈
1993年大分県出身、福岡市在住。「消費されない観光をつくる」を志に、記事執筆から都市開発までさまざまな企画・編集に携わる。現在は多機能本屋 文喫福岡天神のディレクター。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP