1バス停単位で福岡を切り取る「バス停から愛」

「井開」って読めますか?福岡の難読地名をバス停で見る①

一見なんてことないバス停とそのまわりも、視点を変えれば観光資源。そんな思いで福岡市のバス停を取り上げ、ご紹介する本企画。連載37回目は、福岡市早良区にある「井開」バス停をご紹介します。

連載を始めた当初から、難読バス停を話題にしたいと考えることはたびたびあれど、これまで形にできていませんでした。

考えすぎなのかも知れませんが、「難読」という単語を消化できていないところがありまして。

例えばこれ、何と読みますか?

1:大分坑

正解は「だいぶこう」なのですが、難読問題として提示する場合は、「おおいたじゃないんだ」と思ってもらう想定なんです。

けれども大分を「おおいた」って読むほうが、本当は難読な気がするのですよ。ただ日本に47しかない都道府県のひとつに採用されている名前なので、そちらが標準化しているだけで。

大分坑の近くには、JR九州篠栗線の「筑前大分(ちくぜんだいぶ)」駅がありますので、鉄道が好きな人にとっては、「だいぶ」と読むのも普通でしょうし。

話が大分(だいぶ)長くなってきましたが、、、、、この場合は、おおいたって読みませんよね。日本人の脳内漢字変換って、どうなっているのでしょう。

2:大谷口

ここは普通に「おおたにぐち」と読みます。
そもそも、大を「おお」と読むのであれば、大分の場合「おおわけ」とか「おおわかれ」のように、分のほうも自動詞や他動詞の名詞形とするのが「読み方」としては一般的傾向だと思います。しかしそんな地名は一般的に耳にしません。大分の「いた」って何なんですか

3:大名

こちら「大名(おおな)」バス停です。

しかし大名は「だいみょう」と読みたいです。これまで生きてきて多数の文字に触れた「経験則」が、時として正解を導く邪魔をします。大きいを「おおきい」、名前を「なまえ」と読むことに抵抗はないのに、大名を「おおな」だと認めることは拒む私がいます。

むしろ小学1年生に、「大名」これなーんだと提示した方が、すなおに「おおなー!」って読んでくれそうな気がしています。大人になるというのはそういうことです(たぶん違う)。

あと、西鉄のバス停は星の数ほどあるとは言え、その数は有限ですので、数寄者の間で「難読」として話題にできるものには限りがあります。そうすると、一般的な知識の中では読み方が特殊であっても、マニアの間では「今さらそれを話題にする?」という扱いにもなりかねません。

さらには、バスナビやグーグルなど、ネット検索がこれだけ普及した今、ここで勿体ぶって読み方を隠したとて、すぐに正解は見つけられてしまうではないですか。

4:上八

上八は西鉄バスの公式によると「こうじょう」だそうです。

かみ」が音便化?して「こう」になるのは他にも多数の例がありますし、八日を「ようか」と読むように、八の「や」が「よう」に訛るのも想定されるとすれば、あとは"koujou"または"koudyou"の"j"なり"d"なりの音がどこからやってきたかを考えればよいので、言われてみれば読めそうな気もします。読めませんけど。

5:井開

ということで、なかなか難読を話題とすることは、「いがい」に難しいのだ、というダジャレで2年目の連載を始めます。これも私の価値観では、「いかい」だと想定内なのですが、「いがい」と濁音化するのは意外です。

次回も難読について語らせてください。

基本情報

大分坑(だいぶこう)
※現在は廃止

大谷口(おおたにぐち)
・住所:〒821-0014 福岡県嘉麻市猪国 [map]

大名(おおな)
・住所:〒813-0001 福岡県福岡市東区唐原3丁目16[map]

上八(こうじょう)
・住所:〒811-3513 福岡県宗像市上八 [map]

井開(いがい)
・住所:〒814-0033 福岡県福岡市早良区有田7丁目19[map]
・天神からの行き方一例:
天神三丁目(15:西向き) (大濠公園・西新方面)」から普通2-3番 西新 室住団地 橋本経由 野方ゆき に乗車。約39分、370円

🚌 合わせて読みたい

▼「原」と書いて「はる」と読む。こちらのバス停記事も合わせてどうぞ!

反対側のバス停が見つからない選手権第1位。「笹原(ささばる)」バス停

▼県民でも読めない?福岡の「地名」あるある

「雑餉隈」が読めない。県民でも読めない難読地名がある!福岡の「地名」あるある3選

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡観光
この記事をシェア
LINE
バス路線探検家
沖浜貴彦
1972年生まれ・福岡在住。路線図に描かれた終点を想い、途中の狭い区間を苦心して走るバスに愛を注ぐ変態。ブログ「ほぼ西鉄バスの旅」を2008年に開設、日々愛を持ってバスを追いかけ続ける。毎月第二金曜・第四土曜日はバス趣味の現況を共有するサロン「バス路線探検家の会」を運営。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP