1バス停単位で福岡を切り取る「バス停から愛」

バス路線マニアにロータリーはこう見えている。「室住団地(むろずみだんち)」バス停

一見なんてことないバス停とそのまわりも、視点を変えれば観光資源。そんな思いで福岡市のバス停を取り上げ、ご紹介する本企画。連載35回目は、福岡市早良区にある「室住団地(むろずみだんち)」バス停をご紹介します。

団地のロータリーに注目

本日は、福岡市早良区にある「室住団地」からお届けします。


左から2本目の木のあたりにバス停があります

主役の「室住団地」バス停は、団地の内部にある、ロータリー型のバス停で、


乗降用のバス停の手前には、降車場バス停も設置されています。

ロータリーに進入してきたバスは、

停車して、

左に向かうものも、

右に向かうものもあります。
上から見るとこんな感じです。

室住団地バス停の行き先表示を見ると、両方向に「井開・有田一丁目・小田部四丁目」という3つのバス停が、同じ配置で記載されています。基本的に、井開が郊外で、小田部四丁目と有田一丁目が都心方向だと考えてください。
バスはどこから来て、どこへ行くのか?こまかく経路を確認してみましょう。

ロータリーを出て左に向かうのは、井開→小田部四丁目と移動するバス。


井開→小田部四丁目 の経路

ロータリーを出て右に向かうのは、井開→有田一丁目と移動するバスです。


井開→有田一丁目 の経路

そこで私が考えるのは、全ての区間に乗りたいな、という「完乗(かんじょう)」に関すること。
※「完乗」についてはこちら>>『バスマニアの夢「完乗」とその難しさ。「博多駅筑紫口(はかたえきちくしぐち)」バス停』

例えば、都心方面行きである井開→小田部四丁目の経路について。
これではロータリーを回らないので、図の赤い点線部分が残るなあとか。


ロータリーを半周しかしないため、赤の点線部分は通れていないことになる

一方、小田部四丁目側から来て、ロータリーを一周するバスなら大丈夫、とか考えています。


まるっと一周し、井開方面・有田一丁目方面へ

しかし、同じ小田部四丁目側から来るバスの中でも、「503」番はここ室住団地が終点の系統もあるので、乗り換えた場合は図の赤い点線部分が未乗になるよなとも。


乗り換えが発生する場合の動き。「降車場」ー「室住団地」の間の部分は未乗になってしまう

さあ、あなたもこの日常風景に、仮想のバス路線が見えてきませんか。

こんなふうに(笑)。

基本情報

バス停名:室住団地(むろずみだんち
・住所:〒814-0035 福岡県福岡市早良区室住団地90[map]
・天神からの行き方一例:
「天神警固神社・三越前 (六本松方面)」から普通203番 六本松 原経由 室住団地ゆき に乗車。約29分、370円。

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

🚌 合わせて読みたい

見どころあるバス停は他にも...!早良区のバス停にフォーカスした記事はこちら


"前"の難しさ。「早良営業所前(さわらえいぎょうしょまえ)」バス停



オタクの朝は早い。「麦野三丁目(むぎのさんちょうめ)」バス停へ急げ

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡観光
この記事をシェア
LINE
バス路線探検家
沖浜貴彦
1972年生まれ・福岡在住。路線図に描かれた終点を想い、途中の狭い区間を苦心して走るバスに愛を注ぐ変態。ブログ「ほぼ西鉄バスの旅」を2008年に開設、日々愛を持ってバスを追いかけ続ける。毎月第二金曜・第四土曜日はバス趣味の現況を共有するサロン「バス路線探検家の会」を運営。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP