パンオタクが選ぶ福岡パン

バターがジュンワリ染み込んでゆく。Bakery SANAの「山食パン」【福岡県糸島市】

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせた「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンを、「ひとぱん入魂」の気持ちで1つずつご紹介いただくこちらの連載。51回目の今回は、福岡県糸島市にある、Bakery SANAの「山食パン」です。

作り手さんの雰囲気が、パンにもそのまま現れているなぁというハナシ。

桜を待っていたのは、つい最近のことのような気もするけれど、すでに初夏のような気候になり、心も身体も戸惑い気味。

 

ですが、これからの季節、福岡の人気ドライブコースである糸島を訪れる方も、ますます増えていくことでしょう。涼を求めて山&川コースも良し、キラキラ打ち寄せる波を見ながら沿岸コースも良し、ですよね(^^)

 

今回のお店は、山コース?海コース?どちらの時も寄れるような立地。佐賀方面に行く前に立ち寄って、道中のお供を買うのにも良いかもしれません。糸島市二丈深江のパン屋さん、Bakery SANAさんです。

 

 

SANAさんも、糸島の空や海と同様、爽やかなコバルトブルーのイメージ。

 

 

小さな可愛らしいお店の前には、パラソルとテーブルもあるので、購入したパンをそこで食べることも出来ます。熱々のパニーニが評判のお店なので、出来立てをその場で頂けるのも嬉しいですね♪

 

そして、パニーニと同じくらい、有名なのがベーグルです。

 

 

元々は関東にお店を構えていらした同店は、福岡にまだベーグル屋さん(もしくはベーグルを置いているパン屋さん)がほとんど無い時代から、本場さながらのベーグルを出して下さっており、まだ若かりしパンオタク(筆者のこと也)も、いそいそと伺った日のことを、懐かしく思い出しております。

 

あれから早、20年、、、!?(汗)

 

SANAさんも、福岡の老舗と言われる領域に達せられました。そして、私も歳を取ったのだなぁ、、、(遠い目)

 

そして最近、温故知新で数度伺ってみましたところ、20年前とは店内の様子やパンの並べ方も、やはり少し変わってはおりましたが、何より印象的だったのは、店員さんから醸し出される雰囲気。より、ほんわかと、柔らかく。威圧感のない「熟成感」と言いますか、若い子のオシャレとはまた違う、大人のゆったりとした『こなれ感』があるようにさえ感じたのです。

 

そういう伏線もあったからでしょうか、あの頃とは違うチョイス。ベーグルやパニーニ以外のものを買ってみよう。

 

 

そして選んだのは、なんだかとても良いオーラを発していたこの山食※。見るからにフワフワでは無く。絹か木綿かで言うと、圧倒的に木綿。滋味漂うそれを頂くことにした。

 

 

 

あえて洗練させない潔さを感じる「山食パン」

 

小ぶりな食パン型のそれは、バゲットの類と同じくらい、シンプルな印象を受ける素材感。粉と水と塩と、、、故に、カリザクッとした頭頂部は弾けるような香ばしさを持ち。

 

 

 

前述の木綿感満載の断面は、トースターで焼き戻すと、これまたカリザクッとした断面になる。故にその、絹とは違う「いい意味で粗めの繊維」の隙間に、バターがジュンワリ染み込んでゆく。理想的なバタートーストの完成也。

 

対して、カリザクッとした表面に守られた内生地は、ムッチリと歯が沈んでいくような心地よい密度と柔らかさ。木綿、と言っても、荒々しい生地は想像されていませんよね?そうです。決して荒々しいのではなく、あえて洗練させない潔さ。手が、口中が感じる、柔らかい温み(ぬくみ)は、対応してくださった店員さんたちの、清いとさえ感じる優しい笑顔にも似て。

 

 

お店も、わたしも、お互い歳をとりましたね、と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、SANAさんに初めて伺ったときの、カジュアルダイナーのようなオシャレ感にワクワクした気持ち。そして今回の、熟成され、こなれた空気が、とても心地よかった感じ。共に歳を重ねているような、勝手な同志感ですが、それがあまりにも嬉しく、誇らしく。

 

そういうことを思い浮かべながら頂くこの山食は、さらに滋味深さが増すのだよなぁと、ひとくち、さらにもうひとくち。ザクザク故に、パラリパラリと皿に落ちゆく欠片さえも、愛おしく指で拾いながら。そう、まさに思い出を噛み締め、拾い集めるかのように頂いたのでした。

 

食パン以外で頂いたのはラムレーズン。小ぶりのおやつサイズですが、レーズンたっぷりで食べ応えありました

 

 

 

店舗情報

Bakery SANA

住所:〒819-1601 福岡県糸島市二丈深江555−2[map]

営業時間:10:00〜18:00

定休日: 水・木曜日

駐車場:あり

Facebook:https://www.facebook.com/p/SANA-100054373006915/

 

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

 

さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

 

資料請求バナー

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

合わせて読みたい


こんな「揚げないドーナツ」は初めて。自家製酵母パン のたりの「のたりのドーナツ」【福岡県糸島市】

 

糸島・二丈深江にある「cafe食堂nord(ノール)」は昭和レトロ好きな夫婦が営むカレーとパン詰めグラタンの人気店【福岡県糸島市】

関連タグ:
#パンオタクが選ぶ福岡パン
#福岡グルメ
この記事をシェア
LINE
パンブロガー
pantiki
福岡在住。色々なパンを食べ歩き、「ひとパン入魂」を心に紹介するパンブログを10年以上運営。2020年には福岡市城南区別府に、ブログを三次元化させたパン喫茶「kissaten ぱんフレット。」をオープン。オリジナルのメニューの提供のほか、ロスになる前のパンにアレンジを加え、ストーリーと一緒に味わってもらう「パンのバトン活動」を続けている。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP