パンオタクが選ぶ福岡パン

ずっしりした重みと、むっちり食感の本格派。Gal Bagelの「枝豆チーズ」【福岡市博多区】

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせた「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンを、「ひとぱん入魂」の気持ちで1つずつご紹介いただくこちらの連載。27回目の今回は、福岡市博多区にあるGal Bagelさんの「枝豆チーズ」です。

ベーグラーさんが殺到しそうなお店が出来てますよー

そう、以前lomaさんのベーグルをご紹介した時にも申しましたが、(ベーグル好きさんのことを、ベーグラーっていうんだぜ!的な記事)若い娘が殺到するパンの筆頭とも言える、ベーグル。その専門店が出来ております♪

>lomaさんの記事はこちら:生地そのものの旨味を味わう。lomaの「天然酵母 蒸焼きベーグル」

そもそも、他のパンと違って『一度茹でる』という工程が入るベーグルは、専門店の方が本格的な食感になり易いと言われておりますので、ベーグラーさんたちも、パン屋さんのそれではなく、専門店に足を運ぶことの方が多いようです。

ベーグルの『本格的な食感』

はて?『本格的な食感』とはなんぞや?そう思われた方もいらっしゃるかと思います。

NY生まれといわれるベーグルは、本場さながらのレシピで提供してくれるお店のものであればあるほど、ずっしりと重く、生地はみっちりと詰まっております。ですので、慣れた方は、トングで商品を掴んだ瞬間に『あ、これはきっと好みだわ』と判断する基準にするくらい、まずは『重い』ということが重視されているように思います。

各店で個性は様々ですが、外皮(クラスト)がバリバリっ!としたハード系ベーグルも有れば、柔らかくムニュムニュとしたソフト系もあります。いずれの場合も内生地は、むっちりと歯が沈むような弾力があり、咀嚼し甲斐のあるものが好まれているように思います。

あくまでも、筆者的考察ですが、世のベーグル好きさんたちが求めているのは、ムギュうううっー!としたこの『食感』。これに尽きます。

粉の甘味とか風味を求めるならば、バゲットやカンパーニュなどの方が、酵母の風味や酸味も手伝って、濃い味わいを追求できますが、ベーグルに粉の風味が残っているのはレアケースですし、ベーグラーさんたちが重視し、求めているのも、どちらかと言うと『食感』の方です。

粉の味がいくら感じられても、食感が普通のパンであればそれは『丸いパン』であり、ベーグルという認識にはならない。そう、ベーグルを愛すればこそ、ベーグラーさんたちの目(舌)は厳しいのだー!笑

ベーグラーも好きになること間違いなしのベーグル

そんなベーグル愛に溢れる方々も、きっと納得&愛してしまうであろう、Gal Bagelさんのベーグル。

開店間もないと言うのに、既にテレビ取材が来ていたりと人気のようで、私が伺った日もプレーンは売り切れ。唯一購入できた『枝豆チーズ』というフレーバーを頂いたのですが、まずはその『重み』ににっこり♪

ずっしり生地に、たっぷりの枝豆。チーズ入りなので、焼き戻すと表面はカリッパリッとなり、ローズマリーの香りが立ち上ります。噛み応えもじゅうぶん!ムッチリ!

テイクアウト時の袋(と言っていいのか、この蛇腹状のオシャンな入れ物)も、きっとギャルたちの心を掴んで離さないでしょう、、、

って、『ギャルベーグル』って最初読んじゃったから、あえて自虐的に死後を使ってみた次第(苦笑)正しくは『ガルベーグル』さんですわよ~

筆者と同じ昭和世代の皆様、気をつけてお読みくださいませ!

※ベーグルのラインナップは日に寄って異なります(^^) 。店内もとっても可愛らしいので、イートインメニューのベーグルで作るホットサンド(珍しいー!)もたべてみたいですね♪

店舗情報

Gal Bagel
住所:〒812-0020 福岡県福岡市博多区対馬小路1−3[map]
営業時間:11:00 ~19:00(※ベーグルがなくなったら18:00で閉店)
定休日:模索中
駐車場:なし
Instagram:@galbagel
https://www.instagram.com/galbagel/

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資に迷ったら資産価値の高い「ブランドマンション」が堅実

Sponsored

🥐 合わせて読みたい

食感を楽しむこちらパンの記事も合わせてどうぞ!


生地そのものの旨味を味わう。lomaの「天然酵母 蒸焼きベーグル」



キレイな切り込みが生み出す絶妙な食感。iruaruの「パンブリエ」【久留米市】

関連タグ:
#パンオタクが選ぶ福岡パン
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
パンブロガー
pantiki
福岡在住。色々なパンを食べ歩き、「ひとパン入魂」を心に紹介するパンブログを10年以上運営。2020年には福岡市城南区別府に、ブログを三次元化させたパン喫茶「kissaten ぱんフレット。」をオープン。オリジナルのメニューの提供のほか、ロスになる前のパンにアレンジを加え、ストーリーと一緒に味わってもらう「パンのバトン活動」を続けている。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP