「日本茶の日(10月31日)」に、タバコ風の箱に入ったお茶商品『ちゃばこ』の自動販売機が『ららぽーと福岡』登場!

タバコのようなパッケージに包まれたお茶商品「ちゃばこ」。10月31日(月)から、『ららぽーと磐田』『ららぽーと沼津』『ららぽーと福岡』の3施設に専用自動販売機が設置されています。販売商品は静岡県掛川市産の茶葉を使った全6種類と九州全県の茶葉を使った全 17種類の計23種類なのだそうです。思わず全部試してみたくなってしまいそう!

見た目はまるでタバコ?!『ちゃばこ』の自販機が『ららぽーと福岡』に!


「世の中を、茶化そう。」をコンセプトに、タバコ風の見た目をした粉末スティック茶商品『ちゃばこ』の企画・販売を行う株式会社ショータイムは、「日本茶の日」の10月31日(月)より、『ららぽーと磐田』『ららぽーと沼津』『ららぽーと福岡』の3施設に専用自動販売機を設置。日本の茶祖・栄西禅師にちなんだ記念日「日本茶の日」に、栄西禅師にゆかりの深い静岡県と九州の双方で、双方の茶葉を使った『ちゃばこ』を販売することで、茶産地の垣根を超えたコラボレーションが実現!
 
『ちゃばこ』は静岡が発祥。以前、静岡では静岡茶の『ちゃばこ』のみを販売する専用自販機を設置したことがあるそうですが、今回は、九州全県の『ちゃばこ』が“初お披露目”となります。
また、九州には、『ちゃばこ』の自動販売機が“初上陸”。九州では1台目となる同自動販売機が『ららぽーと福岡』に設置されました。

手軽に本格的なお茶が楽しめる


箱の中身はスティック状の粉末茶が入っているので、お湯か水さえあれば急須なしで手軽に本格的なお茶が味わえるのがうれしいポイント。持ち歩くのにもぴったりなサイズ感です。

自動販売機設置場所について

 
【ららぽーと福岡】
福岡県福岡市博多区那珂6-23-1 バスターミナルエントランス
※自動販売機の稼働時間は、各施設の営業時間に準じます。

 
ぜひちゃばこの自動販売機に出会ったら、産地ごとの味の違いや、日本茶の奥深さに触れてみてくださいね。パッケージ自体もとても魅力的なので「日本茶がよくわからない…」という方はジャケ買いもオススメですよ。


台湾茶・日本茶を未来へつなぐ「心福茶実験室(XINFUCHA LAB)」(福岡市中央区)

入居率99%

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

会社員の不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

関連タグ:
#福岡観光
#観光ビジネス
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP