福岡民放局プロデューサーがこっそり教える、福岡非豚骨系ラーメン探訪

博多のラーメン文化は「豚骨」だけじゃない。料理人たちが手掛ける非豚骨系3選

福岡といえば豚骨、豚骨と言えば福岡と、必要十分条件のような知名度となっている「豚骨ラーメン」。しかし最近、福岡では「非豚骨系」なるジャンルがにぎわっている様子。今回は、現役の福岡民放局のプロデューサーが、こっそり収集してきた情報を紹介してくれます。

【麺屋割ぽう ツクリ茸】 お茶の旨味と濃厚なマッシュルームが織りなす新感覚のスープ

この連載のタイトル通り「探訪」の名に相応しい、簡単には見つからないお店が、福岡市南区清水にある「麺屋割ぽう ツクリ茸」。路地に面しておらず、私道を入り、長屋の端にある一軒の民家に店を構えています。路地からかろうじて見える「酒」と書かれた赤い提灯が目印です。
 

 
去年、2021年10月16日オープンしました。店主の吉原さんは、日本料理を中心に料理人を始めたそうです。ご本人のインスタグラムには、立派なフグをさばいている動画もあげられています。そこからラーメンに進んだのかと思いきや、フランス料理やイタリア料理も手がけてきたのだそう。
 


 
引き戸を開けて、スリッパに履き替え店内を進むと、眼前に広がるのは中洲を通って博多湾へと流れる那珂川。桜の季節にはきっと美しい風景が広がることでしょう。
 

 
ここでいただけるのは、天草大王の鶏がらスープをベースにした塩ラーメンと醤油ラーメン。どちらもかなりあっさりめに仕上げているので、好みで塩や醤油を追加できます。
 

 
塩ラーメンには、胸肉ともも肉の2種類の鶏チャーシューとレモン、ローズマリー、そして謎の繊維質の植物が浮かんで出てきます。これは「真菰茶」、お茶の旨味成分をスープに加えているのだそう。
 

 
そこへ、別皿に載せられた、天草大王のつくねと、店名にもなっているツクリ茸(マッシュルーム)を投入。まるでトリュフオイルのような濃厚なうま味が加わります。
 
別の野菜皿にはドライトマトなんかも載っていて、まるで洋食を食べているかのようでした。ちなみに麺は名店の証「製麺屋慶史」製でした。
 

 
 
サイドメニューの天草大王のかしわ飯、漬けの卵黄と鶏そぼろ、さらに卵焼きとたまり漬けのアボカド(漬物のような感じ)が付いて、こちらも優しい味。
 

 
天草大王の親子丼や、ミルクプリンがついた「真菰茶セット」といった気になるメニューがありますが、こちらはまたの機会にいただきます。
 


 
 
昼ラーメンは1日限定20杯となっているので、事前に予約して行くのがおすすめです。すぐ近くにコインパーキングがあります。
 
【麺屋割ぽう ツクリ茸】
■TEL:092-551-3833
■住:福岡市南区清水2丁目1-48
■営:昼 11:30〜15:00 夜 18:00〜
■休:月曜日
■店舗詳細はこちら https://www.instagram.com/tukuritake.1016/

エンクレスト天神南PURE

都心の利便性と穏やかな街の空気を味わえる「エンクレスト天神南PURE」

Sponsored

入居率99%

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡民放局プロデューサー
宮岡朋治
情報番組で数多くの飲食店取材をしていたのを契機に外食が趣味に。酒好きが高じて2022年1月「唎酒師」の資格を取得。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP