福岡のコーヒーと酒とジャズのはざま #04

第四幕 My Favorite Things 私のお気に入り、、、なんてもんじゃない 『古美術 支那海』

FBS「めんたいワイド」やTNC「CUBE」など、福岡ローカルでひっぱりだこのコメンテーター・林田暢明さんの新連載!テーマは「福岡のコーヒーと酒とジャズのはざま」。コロナの状況に左右されて、なかなか楽しめない喫茶ライフですが、生きる余白を求めてコーヒーにお酒にジャズにと、街へくりだしてみませんか?

この記事の目次

古美術 支那海


犬養毅、孫文と福岡がつながる、永田家のジャジーな物語


ドラ息子のその後。お布団敷きから唐十郎へ


唐十郎から、土方巽。広がりが規格外


「古美術商」との邂逅


表の顔は「古美術 支那海」、しかしてその実態は「上海素麺工場 支那海 東」


関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡のバー
この記事をシェア
LINE
  • \毎週火曜日配信!飛躍するまち福岡の情報をまとめてお届けするメールマガジン/

登録する

林田暢明
カフェ&バー TAO オーナー、総務省地域力創造アドバイザー
林田暢明
清川にあるカフェ&バー TAOオーナー。日本銀行、政策シンクタンクを経て総務省地域力創造アドバイザー。プロジェクトマネジメント、ファシリテーションを活用した地域活性化の活動に従事し、北九州市立大学ビジネススクールで特任教授として教鞭を執る。近年はFBS「めんたいワイド(木曜レギュラー)」、TNC「CUBE」でコメンテーターを務めている。12月14日に初の著書「ねころん語」を出版。

TOP