福岡市のオフィス空室率は4%台後半で推移!【最新オフィスマーケットレポート発表】

企業のオフィス戦略を総合的にサポートする三幸エステート株式会社より、2023年12月度の福岡市主要エリア(天神・駅前・呉服町)のオフィス賃貸状況(空室率&現空面積:全規模、募集賃料&募集面積:全規模、規模別空室率、主要エリア空室率:全規模)および全国6大都市の大規模ビルのマーケットデータをまとめた 「オフィスマーケット2024年1月号 福岡」が公表されました。

福岡市の概要

■全規模ビル 空室率&潜在空室率

潜在空室率 6ヵ月連続で低下。前向きな需要が増加しています。


■全規模ビル 募集賃料&募集面積

募集賃料 15,000円/坪台目前で推移しています。

 

■規模別 空室率

「大型」8ヵ月ぶりに上昇。

 

■全規模ビル 主要エリア 空室率

「呉服町」は5ヵ月連続で低下し、6%台が視野に。

 

 

※大規模ビル:1フロア面積200坪以上、大型ビル:同100坪以上200坪未満、中型ビル:同50坪以上100坪未満

 

福岡支店長・中村竜治氏の視点

2024年は約2.7万坪の大量供給が予定されます。3棟の大規模ビルが竣工予定ですが、テナント誘致は概ね順調とみられます。

賃貸条件と立地等のバランスが良好な建築中ビルを中心に、市内での集約移転や立地改善等を検討するテナントの引き合いが集まっています。

1万坪超の大量供給が2020年から続いているものの、オフィス需要は活発で建築中・新築ビルへの注目度は引き続き高いという状況です。

 

福岡市 全規模ビル 空室率&潜在空室率

潜在空室率は6ヵ月連続で低下。前向きな需要が増加している。

空室率は前月比マイナス0.12ポイントの4.73%と、前月から小幅に低下しました。

拡張移転や主要エリア外からの立地改善を目的とした移転等で成約したことが主な低下要因となっているようです。

潜在空室率は前月比マイナス0.10ポイントの6.40%と、6ヵ月連続で低下。テナントの移転に向けた動きは活発な状況が続いています。

立地改善や拡張移転等の前向きな動きが多く、博多駅周辺を中心に建替えに伴う移転需要も底堅いという状況です。

<空室率&潜在空室率>

 

※空室率:貸付総面積に対する「現空面積」の割合
※潜在空室率:貸付総面積に対する「募集面積」の割合
既存ビルにおいて、テナント退去前を含む募集床が対象
※統計開始日: 1995年1月1日
※2023年12月末現在および各年12月31日時点

 

福岡市 全規模ビル 募集賃料&募集面積

募集賃料 15,000円/坪台目前で推移。

募集賃料は前月比マイナス49円/坪の14,866円/坪となりました。前月からはわずかな動きに止まり、募集賃料は15,000円/坪台目前で推移しています。

 


<募集賃料&募集面積>

 

※募集賃料: 共益費込
※募集面積: 各統計日において公開されているテナント募集中面積の合計
※統計開始日: 1995年1月1日
※2023年12月末現在および各年12月31日時点

 

福岡市 規模別 空室率

「大型」が8ヵ月ぶりに上昇しています。

<規模別 空室率>

 

※大規模ビル: 1フロア面積200坪以上の賃貸オフィスビル
※大型ビル: 同100坪以上200坪未満の賃貸オフィスビル
※中型ビル: 同50坪以上100坪未満の賃貸オフィスビル
※統計開始日: 1995年1月1日
※2023年12月末現在および各年12月31日時点

 

福岡市 全規模ビル 主要エリア 空室率

「呉服町」5ヵ月連続で低下し、6%台が視野に。


<主要エリア 空室率>

 

※統計開始日: 1995年1月1日
※2023年12月末現在および各年12月31日時点

 

次に6大都市(東京・札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡)でデータを比較してみましょう。

 

6大都市 空室率 募集賃料(大規模ビル)

<6大都市の空室率の推移(大規模ビル)>



<6大都市の主要駅前地区の募集賃料の推移(大規模ビル)>

 

※募集賃料 : 共益費込
※2023年12月末現在および各年12月31日時点

 

 

その他の全国6大都市の大規模ビル(東京・札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡)のマーケットデータをまとめた各都市のプレスリリースは、下記リンク先よりダウンロードできます。

https://prap.gigapod.jp/fda5c39139c4b9d62df810d7cd19a51fe48022cff

 

 

三幸エステート株式会社について

三幸エステート株式会社(1977年5月17日設立)は、企業のオフィス戦略を総合的にサポートしています。最適なワークプレイスの検証・提案から、賃貸オフィスビルの選定サポートと仲介、プロジェクト遂行に不可欠なマネジネント機能の提供まで、オフィスに関するあらゆるニーズに幅広くお応えしています。

公式サイト:https://www.sanko-e.co.jp/

 

参考サイト

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000213.000118399.html

 

合わせて読みたい

福岡市の物価は安い!? 消費者物価地域差指数で20政令市の第1位は福岡市97.8

https://fukuoka-leapup.jp/biz/202312.20835

 

『世界の都市総合力ランキング』にみる福岡の〝強み〟〝弱み〟。2023年版 は東京3位、大阪37位、福岡42位

https://fukuoka-leapup.jp/biz/202312.20494

 

不動産のプロに聞く、福岡市の不動産市場。投資先として今後注目のエリアはどこ?

https://fukuoka-leapup.jp/biz/202309.13912

 

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

成長都市福岡

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

最近、注目を集める福岡市のマンション投資の資料請求はこちら!

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンする福岡市。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

人口増加率で見ても、福岡市は東京23区を超えており、2035年まで増加が予想されています。

その福岡市内でも注目の新規マンションのパンフレットと、
不動産投資の魅力が満載のマンガ本をお届け中!

 

マンガで分かるマンション投資 ある黒田家の場合

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

 

 

 

 

関連タグ:
#まちと暮らし
#不動産
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
ライター
久原茂保
2001年より福岡発のカフェ情報サイト「CAFE@TRIBE(カフェ・トライブ)」を開設。以来、20年以上に渡り福岡県を中心に数多くのカフェを訪れ、日々取材活動に励んでいる。近年はカフェアドバイザー業やカフェのリブランディング、カフェプロモーションなどカフェ業界の知見とネットワークを活かしたオンリーワンな事業を展開中。グラフィックデザインやWEBデザイン、広告コンサルも。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP