いちごのAI自動収穫ロボット「ロボつみ(R)」

【日本初の技術】福岡県久留米市発のいちごのAI自動収穫ロボット「ロボつみ(R)」。クラウドファンディングで3,160万円資金調達成功!

日本初の技術を導入した、いちごのAI自動収穫ロボット「ロボつみ(R)」が株式投資型クラウドファンディングで3,160万円(※募集締切時点)の資金調達に成功しました!開発したのは、福岡県久留米市に拠点を置く、株式会社アイナックシステム。ロボつみ(R)の詳細や、開発に至った動機などについて解説します。

農業の中でも重労働といわれる作業の多い「いちご農家」。

特に体に負担がかかり、長い時間を要するのが「収穫作業」なんだそうです。そんな収穫作業を少しでも楽にできないか、と考えたのは、各種工場の自動化設備などを手掛けるアイナックシステム(福岡県久留米市)の社長・稲員さんです。

このたび、いちごのAI自動収穫ロボット『ロボつみ®』を開発し、農家を重労働から解放しつつ収穫量をあげ、「儲かる農業」の実現に貢献したいと考えています。

 

いちごのAI自動収穫ロボット『ロボつみ®』とは?

いちごのAI自動収穫ロボット『ロボつみ®』は、自動で工場内を走り、AI で色判定をし、収穫に適したいちごを自動で収穫するロボットです。

 

「ロボつみ®」は特許を2件取得しており、収穫労働時間を約60%削減し、いちごに触れずに収穫することで、いちごは従来より約4日長持ちするようになったのだそうです(株式会社アイナックシステム調べ)。

 

 

摘果・収穫の負担が大きいいちご農家の効率化が急務!

2020年の日本の農業人口は約136万人となっており、2010年と比べて約6割に減少しています。また、65歳以上が占める割合は全体の約7割と、後継者不足や高齢化による人手不足が深刻となっています。

 

これらの課題はいちご農家では特に顕著で、摘果や収穫、パック詰めなどの手作業は高齢者にとってかなり重労働です。

 

人手不足により、本来5月末まで収穫可能であるにも関わらず、4月末で収穫をストップしてしまう農家も珍しくありません。

 

 

既存の工場用ロボットの応用では、農業用として高額で導入が進まない

 

いちご農家が抱えるこうした現状に対し、複数の事業者が収穫ロボットを開発していますが、価格や性能面に課題が残っています。

既存の工場用ロボットを応用した製品は、1台当たり1,000万円を超えるものも存在し、原材料や燃料価格の高騰で経営が厳しい農家が簡単に手を出せる価格帯ではないのだそう(株式会社アイナックシステム調べ)。

 

また、性能面に関しても、「果実の熟成具合を正確に判断する」かつ「茎を短く切る」ことは難しく、完全にクリアしている製品はほとんどありません。

 

特にいちごは、茎を長く切ってしまうと、収穫ボックスの中で茎が他の果実を傷付けてしまうため、「いちごの実に触れずに茎を短く切る」技術は必要不可欠なのです。

 

アイナックシステムは、自動収穫ロボットを開発し、農家を重労働から解放しつつ収穫量をあげ、「儲かる農業」の実現に貢献したいと考えています。

 

 

創業・開発の背景「農家を過酷な重労働から解放したい」

代表の稲員(いなかず)重典さんは、いちご農家に生まれました。

両親が働きながら常々口にしていた「自動化できたらいいな」という言葉をずっと気にかけていました。

そして、中学3年の進路決定時に「将来は事業を興し、農業の自動化を実現する」と決意。

 

これまで4社に勤務し、それぞれの会社では起業するために必要なことを学んだ上で、30万円の元手で3坪ほどの事務所を借り、経理ができる奥様と二人で20085月に起業しました。

 

そして、起業から3年後に株式会社化、6年後に事業所移転、9年後には生産センターを開設し、社員も10名を超えるところまで順調に会社として成長してきました。

 

 

展望・今後の動き

2025年にかけて、九州内の「ロボつみ®」の購入希望者への販売を行い、実稼働実績を得る予定なのだそう。

また、植物工場専用の「ロボかり」の基礎開発を行う計画です。

 

農作業補助機器開発については、不慣れな人でもいちごの収穫時期判断を可能にする「ロボつみ®の目」や、いちごに手を触れずに収穫する「ロボつみ®ハンド」の開発、販売も予定。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

株式投資型クラウドファンディングで3160万円の調達に成功

今後、より開発を加速させるために、IPO前の急成長ベンチャーに投資できる「FUNDDINO」にて、株式投資型クラウドファンディングを実施しました。

目標額1,000万円に対して、3160万円(募集締切時点)の調達に成功。

 

プロジェクトの詳細はこちら:https://fundinno.com/projects/532

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

株式会社アイナックシステム

【経営理念】

  常に未来の5W1Hを語る集団であろう 

 

【行動指針】

  一、すぐ、必ず、出来るまでやる

  一、興味、熱意、誇りを持つ

  一、創造、継続、発展する

 

【事業内容】

*産業用電気ハードウェア設計、ソフトウェア設計、試運転請負

*産業制御盤製作・設置、配線工事請負

*省力化機器製造・販売

*農業用自動化機器製造・販売

*協働ロボットシステム設計・設置・販売

*AI教育先進大学 久留米工業大学との共同プロジェクト実施

 

【基本概要】

会社名:株式会社アイナックシステム

代表取締役:稲員 重典

所在地:〒839-0809 福岡県久留米市東合川4丁目1-1-101

創業:2008年5月

設立:2011年5月

URL:https://www.inaksystem.co.jp/

 

 

合わせて読みたい

すし職人を3カ月の短期で養成する『飲食人大学』が福岡校を開校【福岡市早良区】

https://fukuoka-leapup.jp/biz/202405.30384

 

9回の転職を経て福岡で起業した幸田さん(株式会社コウダプロ)に聞く、福岡で事業を営む積極的理由

https://fukuoka-leapup.jp/biz/202404.29031 

 

高校生が建設現場の魅力をレポート!福岡県が発信する「ドドドガガガ ゲンバをフカボリ」プロジェクト始動

https://fukuoka-leapup.jp/biz/202403.25715

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

 

さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

 

資料請求バナー

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

関連タグ:
#ビジネス
#新事業
#起業家
この記事をシェア
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP