【経済・ビジネス短信@フクリパ】

福岡市の家賃水準は類似の9国際都市中で最安。NY比で約1/8の水準

福岡市のシンクタンクである福岡アジア都市研究所は、福岡市における都市の成長や生活の質に関する指標について、定期的に国際比較を実施しています。今回、同研究所が発表した、類似した国際都市との比較において、どのようなことが明らかになったのでしょうか。

福岡市は9国際都市中で家賃の安さで第1位、外食でも第2位の安さ

出典)福岡アジア都市研究所『「第3極」の都市2023』

シアトル、バンクーバー、メルボルン、ミュンヘン、バルセロナ、ストックホルム、ヘルシンキ、釜山、福岡━━━━。
福岡アジア都市研究所は2年に1度、福岡市と類似性のある国際都市と比較したレポート『「第3極」の都市』を発表している(2021年はコロナ禍の統計異常値が生じる見込みがあるため休止)。

 

 

同研究所が20233月に発表した『「第3極」の都市2023』によると、9国際都市における生活コストの指標比較で福岡市は、家賃の安さで第1位、外食費の安さでも第2位だった。
家賃と外食の物価水準について、ニューヨークの価格を100とした数値によると、下記のような順位だった。

 

家賃の安さでは、第1位:福岡12.28、第2位:釜山12.75、第3位バルセロナ28.96の順位だった。

外食費の安さでは、第1位:釜山33.75第2位福岡35.84、第3位バルセロナ55.10となっている。

同研究所では、下記のように解説している。

 

福岡アジア都市研究所

福岡の家賃と外食価格の水準は、9都市のなかで低い水準です。
最も近い都市・釜山と福岡の物価は似たような水準になっています。

福岡市と類似性を持つ国際都市である『「第3極」の都市』とは何か

出典)福岡アジア都市研究所『「第3極」の都市2023』

 

福岡アジア都市研究所が、福岡市の国際比較の対象としているグローバル都市については、『「第3極」の都市』と定義している。
そして、同研究所では、「第3極」の都市について下記のように説明している。

 

福岡アジア都市研究所

「第3極」の都市』は、福岡と類似性を有している、首都・経済首都でなくメガ・シティでもない9つの国際都市(シアトル、バンクーバー、メルボルン、ミュンヘン、バルセロナ、ストックホルム、ヘルシンキ、釜山、福岡)を「第3極」の都市と名付け、「都市の成長」、「生活の質」に関する指標で比較した。

 

つまり、福岡市を含む9国際都市は、人口が過度に集中することなく、コンパクトな都市構造を維持しながら、生活の質において高い評価を受ける都市となっている。
今後、国際的な指標による都市経営の重要性は、さらに増していくものと考えられる。

 

参照サイト

福岡アジア都市研究所『「第3極」の都市2023
https://urc.or.jp/3rd-axis-2023

 

合わせて読みたい

『世界の都市総合力ランキング』2022年版を発表!国内ランクインは東京3位、大阪37位、福岡42位の3都市
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202301.1068

 

旅行ガイドブック「ロンリープラネット」にて「2023年に行くべき旅行先」 にて、日本から唯一「福岡市」が食部門で選出!!
https://fukuoka-leapup.jp/tour/202212.1012

 

 

 

 

会社員の不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

マンガでわかる不動産投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

最近、注目を集める福岡市のマンション投資の資料請求はこちら!

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンする福岡市。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

人口増加率で見ても、福岡市は東京23区を超えており、2035年まで増加が予想されています。

その福岡市内でも注目の新規マンションのパンフレットと、
不動産投資の魅力が満載のマンガ本をお届け中!

 

マンガで分かるマンション投資 ある黒田家の場合

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

 

 

 

 

関連タグ:
#データでみる福岡
#不動産投資
#地価上昇
#都市開発
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
編集者兼ライター
近藤 益弘
1966年、八女市生まれ。福大卒。地域経済誌『ふくおか経済』を経て、ビジネス情報誌『フォー・ネット』編集・発行のフォーネット社設立に参画。その後、ビジネス誌『東経ビジネス』、パブリック・アクセス誌『フォーラム福岡』の編集・制作に携わる。現在、『ふくおか人物図鑑』サイトを開設・運営する。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP