千年夜市が3年ぶりに年末開催!「新年夜市〜NEW YEAR NIGHT MARKET 2022 to 2023〜 」12/31(土)まで

旅とローカルの交差点をテーマに、福岡市民はもとより福岡を訪れる観光客を楽しませてきた「千年夜市」。今年8月に3年ぶりに開催した際も大盛況でした。そして、冬の番外編『新年夜市』も3年ぶりに開催されています

千年夜市とは

博多の夏の風物詩「千年夜市」は、誰もが楽しめる「新しい夜の遊び場」を創るため、アジアのナイトマーケットをモチーフに2013年からスタートした取り組みです。

“旅とローカルの交差点”をコンセプトに、地元の人たちと旅行者をつなぐ新たな風物詩として開かれているナイトマーケット。新型コロナウイルスの影響で2年間のイベント自粛を余儀なくされましたが、今年8月には3年ぶりに福岡の夜に復活!
そしてこの年末には、「千年夜市」冬の番外編『新年夜市』も帰ってきました!

「新年夜市」開催!

地元グルメが集結するおなじみの「年の瀬横丁」や物販ブースなど1日約30店舗が出店。キャナルシティ博多と清流公園を結ぶクリスマスイルミネーションと700個の提灯が織りなす日本初の夜景が登場!?ダンスやシンガーのライブなどのステージや、12月31日にはVJによる映像でカウントダウン、鏡開きで振る舞い酒も予定しています。

新年夜市は、福岡を訪れた観光客も地元の人も、老若男女国籍問わず楽しめる不思議な空間です。
福岡に帰省された方も観光で訪れた方も、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


年の瀬横丁(グルメブース)一覧 総勢41店舗(12月中旬現在)

ごはん

●TRESOL(全6日間) 「ガパオライス」
●咖喱屋納曽利(全6日間)「あいがけカレー」
●麻陽キッチンカー(12/26~12/27) 「麻の実&糸島野菜を使ったベジタコライス」
●ケータリング・ケータロ(12/28~12/29)「タイ式グリーンカレー」
●Base Bomb(12/29~12/31) 「スパイスカレー」
●万歳食堂(12/31) 「タイローカル料理」
●ステーキハウス食房 小川(12/26〜12/27)「ステーキ丼」

おつまみ

●満月堂(全6日間)「おでん」
●博多屋台KENZOCafe(全6日間)「博多とり皮」
●本格炭火焼鳥 炭家108(全6日間) 「ガーリックバターステーキ串」
●雲鶏(全6日間) 「名物 極みの唐揚げ」
●Kaori’s Grill(全6日間) 「シュラスコミックス」
●LOCO(全6日間) 「ガーリックシュリンプ」
●村崎焼鳥研究所(全6日間) 「なにが出るかは当日のお楽しみ」
●大分からあげ どっち(12/28) 「宇佐と中津の食べ比べ唐揚げ」


雲鶏さんの「唐揚げ」

めん

●音℃(全6日間) 「糸島雷山豚の塩焼きそば」
●串とジビエ 五十五右衛門(全6日間) 「名物ホルモン焼きそば」
●ベトナム料理シンチャオ(全6日間) 「鶏フォー」
●イグニッションスイッチ(全6日間) 「旨辛温麺」
●肉のうめぜん(12/26~12/27) 「焼肉そば」
●炭火焼 吉兆(12/26~12/28) 「手作りソースの焼きそば」


ベトナム料理シンチャオさんの「鶏フォー」

たこやき

●たこひら(全6日間) 「たこ焼き」
●塩たこやき専門店 元祖博多ソルたこ(全6日間) 「塩たこ焼き」
●くりーむみっくす本舗(全6日間) 「元祖博多たこ焼き」


たこひらさんの「たこ焼き」

おてもち

●BÁNH MÌ 10(全6日間) 「バインミー」
●モンスターキッチン(全6日間) 「オリジナルタコス」
●ケバブBOX Laba-Laba(全6日間) 「ケバブサンド」
●四季彩 糸島バーガー(12/26~12/28) 「糸島バーガー」
●SUWAVE(12/30) 「炭BEEF TACOS」


BÁNH MÌ 10さんの「バインミー」

なべ

●もつ鍋 海(全6日間) 「もつ鍋」
●酒場わがもん(全6日間) 「チゲ鍋」

おやつ

●筑前きむら屋(全6日間) 「お団子」
●食農雑技集団(12/26~12/28) 「元祖とり唐せんべい」
●iyu crepe(12/29~12/31) 「クレープたくさん」
●TOM TOM(12/30~12/31) 「ポップコーン(塩・キャラメル)」
●seaside bulls cafe(12/28〜12/29)「うめちゃん焼き(犬型回転焼き)」
●糸島入江農園焼き芋(12/28〜12/29)「焼き芋」


筑前きむら屋さんの「お団子」

のみものや

●桃源郷2.0(全6日間) 「熱燗、日本酒カクテル」
●ながさきクラフトレモネード(12/29〜12/31) 「ながさきクラフトレモネード」
●prime coffee(12/29) 「ホットコーヒー」
※上記以外にもそれぞれのお店が料理に合うドリンクを用意しています。

開催概要

飲食店が並ぶ横丁のほか、ナイトマーケットやステージ、金魚すくいやボールすくいなどの縁日コーナーもありますよ。
会場はキャナルシティそばの清流公園です。


新年夜市〜NEW YEAR NIGHT MARKET 2022 TO 2023〜
期間/12/26(月)〜12/31(土)
時間 /16:00〜23:00 ※12/31(土)は翌1時まで
場所/清流公園(福岡市博多区中洲1-7)キャナルシティ博多そば
料金/入場無料
問合/千年夜市実行委員会 090-5489-5747(松岡)
公式WEBサイト https://nightmarket.jp/ 
公式instagram/ @sennenyoichi_nightmarket 

投資家へのネクストステップ

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

合わせて読みたい

コロナに伴うイベント等の活動自粛期間中に、これからのイベントはどう変わっていくのかを「千年夜市」主催の松岡さんに伺った記事はこちら◎

>>集客人数よりローカルの本質を!福岡の “千年夜市”仕掛け人 松岡さんが考えるコロナ後のイベントのカタチ


新年夜市でのカウンドダウンの後はこちらへ◎

【決定版!】十日恵比須、初庚申…年末年始を神社で過ごす、「ご来福」のすすめ

この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP