糸島エリアの雑貨・文具店

廃材を次の使い手に繋ぐ。廃材のセレクトショップ「土曜日のMATERIAL MARKET」

福岡県の中でも特に他県からの移住先として注目されている「糸島市」エリア。海や山を目指して訪れる人も多いですが、実は素敵なお店もいっぱい。今回は、工場などから出る廃材を扱うセレクトショップ「土曜日のMATERIAL MARKET」をご紹介します。

漁港のすぐそば。廃材のセレクトショップ「土曜日のMATERIAL MARKET」


“映え写真”スポットとしても有名な「ジハングン」のすぐ近く、漁師町の中に「土曜日のMATERIAL MARKET」は在ります。
運営しているのは、プロダクト、グラフィックデザイナーとして活躍している久保夫妻を中心とした5名。2015年頃から、イベントに参加する形などで販売を行っていましたが、2019年より土曜日のみオープンするお店をオープン。


MATERIAL MARKETは、いわゆる「廃材」のセレクトショップ。本来ならば廃棄される運命の、工場などから出る廃材は端材の中から、素材として価値を見いだせるものを販売。現在は、約30の取引先の廃材が扱われていますが、久保夫妻が現地に出向き、素材として魅力のあるものをセレクトしているのだそう。

個性豊かな廃材たちがずらり


例えばこちらのアートなドット柄の封筒は、目が不自由な方に向けられた点字の新聞を活用しているもの。



そのほか、お箸の製造過程で出たヒノキの廃材や、手染めされたリネンの糸端など、使い手次第で様々なアイテムに変身しそうなアイテムが多数。


こちらは、伊万里焼の器を焼成する際に製品を置く土台として使うもの。使用後は廃棄されていたのだとか

MATERIAL MARKETが目指しているものは、「廃材が廃材でなくなる日」。そのために、情報をつなげられるようなプラットフォームを作りたいと考えているのだそう。
 

ここにくると、新たな価値観と出会えたり、唯一無二の素材との出会えること間違いなし。たびたび催事などにも参加しているそうなので、ぜひSNSなどをチェックしてみてくださいね。
 
【土曜日のMATERIAL MARKET】
住所:福岡県福岡市西区西浦1078-41
営業時間:10:00〜17:00
営業日:土曜
HP:https://www.material-market.com/
Instagram:@materialmarket

成長都市福岡不動産資料請求

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」

マンション投資に興味を持ち始めた方”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

マンガで分かるマンション投資

マンガで分かるマンション投資

将来の資産は年金に頼るのではなく、自力で蓄える時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡発ブランド
#福岡観光
#起業家
この記事をシェア
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

TOP