フクリパbooks

自分らしく生きるには想像以上に体力がいる世の中で|『偽者論』尾久守侑

自分をリープアップしてくれる本を、ライター目線で1冊ずつ紹介する「フクリパbooks」。前回は『福岡バス停図録』を紹介してくれたプランナー・天野加奈さんの新たな一冊です。

 

「誰にどう思われても私はこうありたい」と、自分らしく生きるには想像以上に体力がいる世の中なのかもなと、最近考えています。

 

奔放に生きているように見える人にも固有の脆さやしんどさがあって、それは他者にはわからない。

 

あるいは奔放に生きたくても、「きっとこんなことを言ってくる人がいるだろう」という仮想敵を恐れてできない、という人もいると思います。
世間に過敏になってしまい、相手に合わせたキャラクターを持って、少なくとも外面は健常に見せて生きる。

 

 

 

 

『偽者論』は、表面上はうまくやっているけれど「自分は本物ではなく、偽者である」という虚無感に悩まされる現代人のパーソナリティを解き明かした本です。

 

著者は、精神科医であり詩人、そして自身も「偽者」の当事者であるという尾久さん。

 

 

「健康だけど病んでいる」という状態には私もすごく身に覚えがあります。

面白かったのは、オタク活動や飲酒、筋トレなどある種依存症とも捉えられる行動はしばしば、自分の健常を守り擬態するための代償行動だというところ。

 

辛いことを忘れる1番の方法はきっと没頭であるし、推し活にいそしんでしまうのは、どこか自分自身へ虚無やしんどさを感じているからなのかもしれません。

 

推し」「マッチングアプリ」「パパ活」など現代の文化や現象に対する考察ももちろん面白いのですが、

小説のようなエッセイのようなものを読んでいたらいつの間にか症状の話になっていて、ずっと狐につままれているような読書体験でした。

 

 

きっとどんな人も生きづらさやしんどさを抱えているし、それを公表することが自身を救い、また別の人もしんどさを吐き出せるきっかけになればいいな、と思える一冊です。

 

 

 

* * *

 

 

偽者論

尾久守侑(著/文)

発行:金原出版

四六判 244ページ

定価 2,200円+税

書店発売日 2022年9月2日

本の購入はこちら:https://honto.jp/netstore/pd-book_31879526.html

 

 

 

合わせて読みたい

 

愛するものを、自分の言葉で語る力を取り戻せ|『推察』ナルミニウム・世菜(河鹿)

https://fukuoka-leapup.jp/city/202205.583

 

 

「個人の意向重視」は友人関係と社会に何を生んだか?|石田光規『友人の社会史』

https://fukuoka-leapup.jp/city/202206.672

 

 

投資家へのネクストステップ

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資に迷ったら資産価値の高い「ブランドマンション」が堅実

Sponsored

成長都市福岡1-F

関連タグ:
#オススメ書籍
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
プランナー
天野加奈
1993年大分県出身、福岡市在住。「消費されない観光をつくる」を志に、記事執筆から都市開発までさまざまな企画・編集に携わる。現在は多機能本屋 文喫福岡天神のディレクター。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP