1バス停単位で福岡を切り取る「バス停から愛」

111分の遠回りの美学を。残された時間はあとわずか「池の下(いけのした)」バス停

一見なんてことないバス停とそのまわりも、視点を変えれば観光資源。そんな思いで福岡市のバス停を取り上げ、ご紹介する本企画。連載24回目は、「池の下(いけのした)」バス停をご紹介します。

今回紹介するのは、春日市にある「池の下」バス停です。

行先番号「2」番の博多南駅ゆきが、毎時1本以上あります。そのほかに、ほんの少しだけ「630」の天神方面ゆき

博多南駅までは近くて、2バス停だけです。ちょっと頑張れば歩ける距離。

運賃表を見ても、

2番は、博多南駅まで170円です。しかし、その下にも博多南駅の運賃が表示されており、630番だと850円!


にしてつバスナビで池の下→博多南駅を検索してみても、「2」と「630」が並びますので、注意が必要です。

「2」は所要時間3〜4分なのに対して、「630」は111分(笑)。さきほど時刻表で見たとおり630番は本数が少なく、平日の最終便は午前9時台なので、お昼から検索すると見られない現象です。

用事があって使うには現実的ではありませんが、なかなか珍しい大回り路線、いちど体験してみませんか。

というところで、今回の記事は終わりません。

ここで、過去の「天神山」を思い出してください。
福岡市中央区天神に”ない”天神。「天神山」(てんじんやま)バス停

実は「池の下」バス停は、以前掲載した「天神山」のお隣なんです。

天神山の記事では、大橋から天神を経由して天神山にゆく系統(地図上の緑:W4)をご紹介しました。

池の下を経由する「630」は、始発地の天神山を出発し、この逆方向で地図の緑線に沿って、

天神山(池の下)→都市高速→天神→大橋→博多南駅と循環します。これなら100分以上かかるのも納得の長さです。

この路線、9月末をもって廃止が予定されています。

始発地の天神山バス停に630と書かれているのが、専用の駐車スペースです。こういうのも撮っておくと、ここに「630」番というバスが来ていた、貴重な記録になります。

特徴的な味のある路線、ぜひいちど体験して、思い出に残してください。

【基本情報】
バス停名:池の下(いけのした)
・住所:〒816-0844 福岡県春日市上白水3丁目[map]
・天神からの行き方一例:
「天神大和証券前(14) (大和証券前14 県庁方面)」から都市高630番 都市高 野多目RP警弥郷 弥永団地 経由 天神山ゆき に乗車。約49分、420円

マンガでわかる不動産投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

入居率99%

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

🚌 合わせて読みたい

こちらも9月末で路線廃止になります。曲淵は近くに渓谷もあり、ハイキング等にもぴったりの場所ですので、週末のお出かけにぜひ。


廃止路線の最期に注目してみませんか 「曲渕(まがりぶち)」バス停


関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
バス路線探検家
沖浜貴彦
1972年生まれ・福岡在住。路線図に描かれた終点を想い、途中の狭い区間を苦心して走るバスに愛を注ぐ変態。ブログ「ほぼ西鉄バスの旅」を2008年に開設、日々愛を持ってバスを追いかけ続ける。毎月第二金曜・第四土曜日はバス趣味の現況を共有するサロン「バス路線探検家の会」を運営。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP