空き家ポリス Vol.6

本当は教えたくない福岡の空き家物件『「ダブル縁側」の家』

「空き家ポリスの本当は教えたくない福岡物件」。「住む予定もないのに、おもしろそうな物件を探して見に行く」ことを趣味とする空き家マニアが、福岡の空き家物件を紹介していきます。 第6回は、ダブル縁側の家です。


今回お縄になったのは、北九州の高台にある平家物件。
福岡県北九州市280万円/6K/土地600‪㎡‬‬ のこちら。

ご覧の通り、外観はごくシンプルで、低く構えた伸びやかな姿がなかなかに美しい。

雨戸が閉まってて分かりにくいんだけど、内部は…

こんな感じの気持ちのいい縁側が広がっている。
いやあ、いい!

建具こそアルミサッシに変わってるけど、使い込まれた床の質感とか、天井が斜めになった駆け込み天井とか、丸太を使った軒桁(のきげた)とか、縁側の魅力がこれでもかと詰め込まれていて、見てるだけで幸せ気分になれそう。

間取りはこんな感じ。
玄関横にある、ふた間続きの縁側に再度ニヤニヤしてしまう。

外から見るとちいさく感じたこの平家。
実は6部屋もあって大家族仕様なんだけど、それよりお気付きでしょうか。
上部に五角形のヘンテコな部屋があることを…。

その謎は上空から見ると分かる。


▲黄色矢印が五角形の部屋

屋根の色を見てもらえば分かるけど、白い屋根の「五角形部分」は後から増築されているのだ。
 
推測するに、

・家族が増えて、こども部屋を作りたくなった

・大きな部屋にしたかったけど、敷地の境界が斜めに走ってる

・やむなく途中で切り落として五角形の部屋が誕生
 
という流れだろうか。なんと涙ぐましい親心…。

さらに見ていくと、左上の「黒っぽい屋根」部分もおそらく後付け。

思った以上に家族が増えた家ということで、なんとなく縁起よさそうだけど、3世代同居の時代ならいざ知らず、このご時世、こんな大きな家があっても持てあますのでは…。

そう思うなかれ。
 
家が大きいなら小さくすれば良いじゃないか。
 
たとえば、こんな感じ。

増築された3部屋は全部とっぱらって庭に。
さらに庭を臨む縁側を増設すると…

みんな大好き「ダブル縁側の部屋」が爆誕するのだ!


▲黄色矢印が当物件

ちなみに眺望はこんな感じ。
高台にあるので、庭からの眺望はかなり期待できそう!
 
室内の様子も紹介しておくと、


▲壁は漆喰塗り。ガラスが入った明かり取りの欄間がとても良き。


▲建具には匠の技を感じる細かな細工が。


▲キッチンというより台所と呼びたくなるスペース。木枠の窓が良き。

こんな感じで、室内には和の趣が色濃く残り、ノスタルジーにひたれる空間となっております。
 
ということで、減築することでポテンシャルが発揮できそうなお手頃価格の平家物件。
 
敷地も180坪と広いので、ダブル縁側を手にしたい方、この機会にいかがでしょうか。

福岡県北九州市280万円/6K/土地600‪㎡

***

これまでの記事はこちら
▶︎空き家ポリス Vol.5 最果ての絶景キューブ 北九州
︎▶︎空き家ポリスVol.4 80万で買える和風邸宅 大牟田
▶︎空き家ポリス Vol.3 羊の皮をかぶる家 大牟田

★北九州の記事も合わせてお読みください♪

https://fukuoka-leapup.jp/common/202110.343


https://fukuoka-leapup.jp/entertainment/202202.439

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

成長都市福岡

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

関連タグ:
#まちと暮らし
#移住
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
空き家マニア
空き家ポリス
空き家が大好きな空き家マニア。「住む予定もないのに、おもしろそうな物件を探して見に行く」のが趣味。人に説明するのが面倒なので、この行為を「空き家ポリス」と名付けパトロールしてます。福岡のプロダクション、カラクリワークス(https://caracri-works.com)の中の人。 twitterはこちら→ https://twitter.com/_akiyapolice

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP