1バス停単位で福岡を切り取る「バス停から愛」

推しを見つけよう!今日から西鉄バスの車番に注目です

一見なんてことないバス停とそのまわりも、視点を変えれば観光資源。そんな思いで福岡市のバス停を取り上げ、ご紹介する本企画。連載3回目はちょっぴりバス停から寄り道して、福岡バスライフを楽しむための見どころをお伝えします。

今回は、推しを見つける話です。
前回ご説明した「バスに記載されている営業所略称」に注目すると、その横に4ケタの番号があることに気付かれたことでしょう。


愛宕浜「5867」 

アイランド「9117」

>>前回記事『営業所を目的地にしてもいいじゃない。「香椎照葉五丁目」バス停』
>>前々回記事『バス停のすぐそばに愛がある「能古渡船場(のことせんば)」』

これは車番(しゃばん)とか車号(しゃごう)とか呼ばれていまして、西鉄グループの車両の通し番号です。
上の2ケタが「メーカーと年代」を表しています。法則を理解すると、58●●であれば日産の2003年、91●●だと同じく日産の2004年に運行を開始した車両なのだと分かります。
 
どんな車両がいるのかは、一覧として記録されている素敵なサイトがありますので、下記リンクをご参照ください。
『西鉄グループのバス車輌一覧』:https://www14.big.or.jp/~zondag/index.html


 こちらの車番は9843

こちらは9844です

下2桁は、各営業所に登録された順番なので、同じ営業所で続き番号は双子のようなものです。
もともとは同じ仕様で誕生する車ですが、シールを貼られる位置が違ったり、修理で部品が交換されたりして、個体差がでてきます。


こちらは9843

こちらは9844の後ろ姿。広告が貼られていたり、窓のところの「運転手募集」の案内も違いますね。どちらも金武営業所所属の双子です

別の営業所に配属されると、さらに違いが大きくなる気がします。別の場所で生きていく兄弟姉妹ですね。


 続く9845は土井営業所所属で頑張っています。3きょうだいのナンバープレートもぜひ比較を。

今日も元気に行ってらっしゃい

まずは皆さん、それぞれの地元でバスに目を向けてみて、「あれ?この車、かわいいかも?」と思えるものが見つかったら(笑)、その車番をメモしてください。広告ラッピングをしている車両も見分けやすいのでおすすめです。
 
営業所略称と車番を見なくても、ほかと区別できる車両が見つかったら、さらに楽しいバスライフの始まりです。人に伝える時も、「あの車両」ではなく「あの子」と呼びたくなるはずです。

>>新連載「バス停から愛」とライター沖浜さんの紹介記事はこちら
>>合わせて読みたい「移動手段は電車よりもバス!福岡の交通あるある3選」

【基本情報】
・バス停名:あなたの気になるバス停ならどこでも

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

関連タグ:
#まちと暮らし
#福岡観光
この記事をシェア
LINE
バス路線探検家
沖浜貴彦
1972年生まれ・福岡在住。路線図に描かれた終点を想い、途中の狭い区間を苦心して走るバスに愛を注ぐ変態。ブログ「ほぼ西鉄バスの旅」を2008年に開設、日々愛を持ってバスを追いかけ続ける。毎月第二金曜・第四土曜日はバス趣味の現況を共有するサロン「バス路線探検家の会」を運営。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP