PR

生命保険の支払と同じくらいの金額で保険にマンションがついてくる!?20代から考える将来のための不動産投資

あなたが「人生設計」を考えたのはどんなタイミングでしたか? 社会人デビュー後、仕事にようやく慣れてきた頃?結婚を考える人に出会った時?それとも、子どもが生まれた日? 人によってその時期はさまざまですが、「保険商品を勧められた時」というシチュエーションも少なくないのではないでしょうか。確かに、若いうちに生命保険に加入すれば、月々の掛金はグッと安くすみます。では、その掛金と同じくらいの額で、生命保険と同等の保障が得られて、しかも不動産物件が手に入るとしたら…。 今回は、若い世代にこそおすすめしたい「不動産投資」についてご紹介します。

あなたが「人生設計」を考えたのはどんなタイミングでしたか?

社会人デビュー後、仕事にようやく慣れてきた頃?
結婚を考える人に出会った時?
それとも、子どもが生まれた日?

人によってその時期はさまざまですが、「保険商品を勧められた時」というシチュエーションも少なくないのではないでしょうか。
確かに、若いうちに生命保険に加入すれば、月々の掛金はグッと安くすみます。

では、その掛金と同じくらいの額で、生命保険と同等の保障が得られて、しかも不動産物件が手に入るとしたら…
今回は、若い世代にこそおすすめしたい「不動産投資」についてご紹介します。

令和元年の調査によると、20代は平均して月に1万円前後の保険料を支払っているという数値も…
思ったよりも高い印象を受けますよね。

 
参考:公益財団法人「生命保険文化センター」ウェブサイト
令和元年度「生活保障に関する調査」(令和元年12月発行)より
https://www.jili.or.jp/files/research/chousa/pdf/r1/p182-188.pdf

 

 

生命保険の機能を備えた「団体信用生命保険」に注目

 

 

不動産投資が生命保険の代わりに?

「不動産投資」のメリットといえば、家賃収入や売却による利益が思い浮かびますよね。
実は、それに加えて「団体信用生命保険」があるのです。これが、生命保険の代わりになるんですって。

そもそも、この「団体信用生命保険」は、不動産物件をローンで購入する時に必ず加入が義務付けられています購入者が病気や事故で亡くなられた場合、この保険から残りのローンが一括で支払われるのです
完済した後もその物件は所有できるので、引き続き家賃収入を得ることができるんです残された家族の生活費になりますし、いざとなったら売却も可能です。

詳しい資料はこちらから▶https://www.enweb.jp/request/

 

 

不動産のローンと保険料を比べると

次に不動産購入にかかる費用に注目しましょう。えんホールディングスのマンションの場合、一室の相場は大体1,800万円前後です。

35年ほどで完済すると想定すると、
毎月ローン6万円程度+管理費等の諸経費―家賃収入=“月々約1万円”

この額なら通常の保険商品と比べてもそれほど差はないですよね。
しかも、マンション所有後1〜2年間は所得税の還付や住民税の軽減も受けられます。

20代で始めると、定年前にローンが完済できる計算になります。さらに、リタイア後は家賃収入をそのまま受け取ることができるので、年金にプラスすれば老後の生活を支える収入源になってくれます。

 

 

とはいえ、気になる不動産投資のデメリット

そこで気になるのが、不動産投資のデメリットです。
よく言われているのが、「空室になってしまわないか」「資産価値が減ってしまうのでは?」「人に貸すのは手間がかかる」ということ。

でも、この問題は、きちんとした実績を持つ不動産会社を選ぶことである程度は回避できるのです。例えば、えんグループのマンションブランド「エンクレスト」の入居率は99%以上。

しかも、賃貸の管理やリフォームを請け負う「えん賃貸管理」、建物設備維持に携わる「えん建物管理」で物件を管理します。不動産管理のプロが入るのでオーナー側の負担はほとんど無く、マンションの資産価値も保つことができます


参考:えんホールディングスグループ会社概要
詳しくはこちら▶https://www.enweb.jp/riyu/brand.html

こうして考えると、「不動産投資」のハードルはグッと下がり、人生設計においても有効な手段の一つであると言えるのではないでしょうか。
実際に、20代で不動産投資を活用しているマンションオーナーの話を聞いてみましょう。

 

 

投資信託や街づくりへの興味も…不動産投資で広がる新しい世界


24歳でエンクレストマンションを購入したNさんご夫妻

マンションオーナーのNさんが不動産投資を始めたのは、今から2年前の24歳の時です。購入したのは、福岡市東区千早にある「エンクレスト」の一室。千早といえば、現在も再開発中の人気エリアです。とはいえ、この物件を決めるまで不動産や投資についての知識はほぼ無かったとか。

 

―どんなきっかけで不動産投資をスタートされたのですか?

Nさん

ちょうど結婚したタイミングですね。今後のことを考えている時に会社で不動産投資のことを教えてもらって。実は、独身の時には生命保険に入っていたんですよ。社会人になって何もわからないうちに加入したもので、月1万円くらい支払っていました」。

 

 

―それは結構な出費になりますね。

Nさん

しかも掛け捨てだったんです。比べてみると不動産投資に付いてくる団体信用生命保険もほぼ同じ内容で、月々の支払額も変わらないんですよ。それでこちらはマンションが付いてくるわけでしょう。一度詳しく話を聞いてみるかと、妻と“えんのオフィスに行きました。

 

 


その時は不動産投資をやってみたいと考えていらっしゃったんですか?

Nさん

いえ、まだ半信半疑でした。まずは仕組みをいちから聞いてみようと。

奥さん

私も全く知識が無くて、ビル(えんのオフィスが入っている『えん博多ビル』)がきれいだな、なんてことを考えていました(笑)。

 

 

―最初の提案はどんな感じでしたか?

Nさん

最初は年金収入の話を聞きましたね。実は、行く前に自分でもネットで調べてみたんですよ。空室のリスクや築年数が経った時の対策など、いろんなデメリット情報もあるわけじゃないですか。
担当の方にこうした点をぶつけたら、納得いくまで説明いただいて。マイナス面よりプラス面の方が断然多いので、これなら大丈夫かなと。

奥さん

私も疑問に思っていたことは全部聞けました。
打ち合わせを何回か行ったのですが、その度に丁寧に対応してくださったんです。そういう姿勢も信頼できるなと思って

 

 

―不動産投資の一番の決め手はどんな点でしたか?

Nさん

やはり月々の金額ですね。
いくつかプランをご提案いただいて、結果的に生命保険で支払っていた額よりも安くなったんです。
固定資産税などを考えると一概に安いとは言えないのですが、それでもさほど違わないでしょう。

 

 

―えんからの提案を受けた後、ご夫婦でどんな話をされたんですか?

Nさん

正直、2年前のことなのであまり覚えていないです。ただ、やってみたいとは話したよね

奥さん

そうだね。夫はいつも自分の考えをしっかり固めてから相談してくれるので、これは決心したんだなと。私は少しでも嫌だと感じたら反対しようと考えていましたが、この内容ならやってみてもいいかなと

 

 

Nさん

30年後なんてどうなっているかわからないですけど、リターンばかりなのもあり得ないですし。長く福岡で不動産物件を見てきた“えん”だからこそ、リスクもしっかりカバーしてくれると信頼しています

 

 

 

―不動産投資を続けるうえで、今後はどんな点に期待していますか?

奥さん

私たちが購入したのは、アイランドシティなどの開発が進んでいる場所です。JRも西鉄も停まるから交通の便もいい。今後も人気が続きそうだなと

 

Nさん

長期でローンを組んでいるのですが、途中でガンなどの病気になっても一時金がもらえる保障プランを組んだので本当に生命保険と同じなんですよ。
将来的には年金にプラスして家賃収入もあるし。加えて、“将来のために動く”という習慣が身に付きましたね。

奥さん

マンションを購入してから、つみたてNISAもはじめたものね

 

Nさん

そうそう。まだ個別銘柄を購入するまではないけど、投資を勉強するようになりましたお金のことを考える良いきっかけになったね

 

奥さん

夫は将来についてすごく考えてくれるんですよ。何気ない時に『60歳になった時の話をしよう』って言うから、還暦記念に旅行とかお祝いの話かなと思ったら、老後をどう生きていくか熱く語ってくれたり(笑)。
家を建てたいと話しても、庭があって、バルコニーがあって…とか建てたい家の内容じゃないんです。夫にとっては“いつ建てるか”が重要なんです。でも、そういうところが頼もしいと思っています。

 

 

Nさん

自分の中で将来設計を立てておきたいんですよ。妻は、旅行や住みたい家など楽しいことを考えてくれる担当です

 

奥さん

でも、私もマンションの空室をチェックするようになりましたよ。購入した場所だけではなくて、普通に道を歩いている時にもつい見ちゃう。
そうしたら、意外とエンクレストが身近に建っていることに気づいて、勝手に親近感を持っています(笑)

 

 

堅実で慎重派のNさんを動かしたのは、遠い先の未来だけではなく、20代の今の暮らしにもフィットする不動産投資だったから

さらに、不動産オーナーとしての新しい視点を得ることで、二人の将来への選択肢はグッと広がります。

 
不動産投資は大きな決断を伴いますが、同時に長い人生における安心も手に入ります。

そして、これからさまざまな経験が待っている若い世代にとっては飛躍するための確固たる足場にもなってくれるはず。
最適な投資は十人十色。まずは自分の人生設計にぴったりのプランを探してみてはいかがでしょう。

株式会社えんでは、みなさまのお金や将来などのお悩みを解決するオンラインセミナーを実施中です。
お金や老後対策、生命保険、不動産、福岡市の再開発のことなど…6つのセミナーを定期開催しております。
参加費は無料、お好きな場所からスマートフォンやパソコンなどで参加できます。 さらに、初回参加者にはうれしい参加特典も!みなさまどうぞお気軽にご参加ください。

■株式会社えん
「エンクレスト」をはじめとした投資型マンションの提案・販売を行う。2021年の販売戸数は625戸と、販売実績は福岡TOPクラス。 現在ではマンション販売だけでなく生命保険の代理店業務も手がけており、「投資型マンション×生命保険」の提案で、お客さまの人生設計を総合的にプロデュースしている。
https://www.enweb.jp/

成長都市福岡1-F

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。マンション投資に興味を持ち始めた方”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

いま狙い目!福岡のブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

最近、注目を集める福岡市のマンション投資の資料請求はこちら!

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンする福岡市。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

人口増加率で見ても、福岡市は東京23区を超えており、2035年まで増加が予想されています。

その福岡市内でも注目の新規マンションのパンフレットと、
不動産投資の魅力が満載のマンガ本をお届け中!

 

マンガで分かるマンション投資 ある黒田家の場合

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

 

 

 

 

関連タグ:
#PR
#エンクレスト
#これからの暮らしとお金のはなし
#不動産
#不動産クラウドファンディング
#不動産投資
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
ライター
大内 理加
壱岐出身。福岡市内の編集制作会社を経てライターとして独立。現在は、福岡のweb、紙媒体を中心に食、カルチャー、地域活性など、ジャンルを問わずに執筆しています。趣味は、街ぶらと1人旅。妖怪と忍者、サメ・ワニ映画などのワードに飛びつく癖がありますが、話し出すと大体苦笑いに終わります。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP