パンオタクが選ぶ福岡パン

ほっこり、ぽってりする、昔ながらのクリームパン。Blue Leの「うさぎのクリームパン」【福岡市早良区】

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせた「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンを、「ひとぱん入魂」の気持ちで1つずつご紹介いただくこちらの連載。48回目の今回は、福岡市早良区にあるBLue Le(ぶるーる)の「うさぎのクリームパン」です。

前回も申し上げましたが、 軽いカスタード中毒の筆者。

大げさでなく、 ほんとうに、 毎日クリームパンかシュークリームを食べています。 (生クリームたっぷりのロールケーキが食べたい日もあるので、クリーム中毒の方が正解か?)

 

クリームパンも、シュークリームも、今は個性花盛りの時代ですね。群雄割拠とも言えるでしょうか。昔ながらの柔らかいシュー生地に、ぽってりしたカスタードのお店を探す方が困難です。バニラ芳しい、白っぽいディプロマットクリーム(カスタードと生クリームを和えたもの)だったり、カリッとしたクッキー生地をのせたシュー生地だったりの方が、主流になりつつあるような印象さえ受けていますし。

 

個性派組としては、中のクリームがもはやカスタードでは無い!?抹茶やチョコ味は昔からチラホラ見かけていましたが、今はシュー生地の中は「ひとつの宇宙」。チーズケーキだったり、苺とあんこで「苺大福」的なものだったり。 そうそう、煮卵とかね!おかず系もお見かけするようになりましたよ。そして、クリームパンも、シュークリームほどではないにしろ、各お店のこだわりや個性を感じられるようになりました。

 

昔は、グローブ型の茶色いフカッとした生地に、ぽってりしたクリームのものがほとんどだったように思いますが、今は、口溶けの良いバターリッチな生地で作られるお店が多いように感じています。実は個人的にもその方が、そのまま食べるのはもちろん、焼き戻すと生地からバターの芳しい香りが立ち上り、口中でクリームと共に生地もトロける感じで、好きだったりします。

 

あとは白い生地ですね。ミルキーな柔らかい食パンの、耳をとったような白い生地で、カスタードと生クリームをパンッパンに包み込んだような、クリーム大福のようなタイプも少しずつ増えてきていて。このタイプもまた、口中で生地とクリームが一体化! そしてクリームはシュークリームを思わせるレベルの滑らかさとミルキーさです。

 

 

 

昔ながらのクリームパンが食べたい

そう、こういう最近のシュークリームやクリームパン、だーい好き!なのですが。ふと、 あの「昔ながらのクシュッとしたシュー生地」や「ぽってりしたカスタード」が食べたい時があります。まぁ、それは往々にして日々の何かに追われ、疲れている時なのですが 苦笑 . .

 

この日も私は疲れていた。(のだと思う) だから、普段は絶対に手を出さない、可愛い、この癒し系のお顔のクリームパンを手にとってしまいました。

 

 

だって見るからにお子様向けでしょう? それは悪い意味でなく、お子さんが喜ぶ可愛らしいお顔付きだし。それがこのアラフォーというかアラフィフというか(言葉を濁す)のパンオタには、とても甘いんじゃないか?という危惧をもたらすわけですが。とにかく、疲れた私には、この日のカスタード補給と共に、このお顔が必要だったのです。

 

 

Blue Le(ぶるーる)さんの「うさぎのクリームパン」。お店は次郎丸のバス停の目の前にあります。地下鉄七隈線の次郎丸駅からも近い。七隈線が博多まで開通したこともあり、更にアクセスしやすくなりましたね♪

 

 

このうさぎちゃん。生地はたまごと牛乳だけを使ったという、優しくも、口溶けの良い生地。昔ながらのクリームパンも良いけど、端っこのクリーム入って無いとこが、パサッとしていることも多かったので、生地に関しては、この優しい生地か、更にバターが入ったものが好きなのです。

 

 

そしてクリーム。 そうそう、 これがザ・クリームパンのクリームだよなぁ。と、 ぼーっと空を見上げて食べたくなるような(疲れてますね)そんなぽってりした、黄色いカスタード。甘さが控えめなのも、生地の優しさに合っていて、良きかな良きかな。

 

 

そんなね、大騒ぎして、インスタでバズって!みたいなのじゃないんですよ。この言い方失礼でしょうか? いや、 めっちゃ褒めてるつもりなんですけど(汗)いやいや、だって、パンってつまりはそんな存在ですよね。普段の生活に欠かせないもので、寄り添ってくれるもの。だからこそ、ただただ、ぼんやりと空を見上げて食べたくなる時がある。そんな時に、ほっこりと、ぽってりと、そしてニッコリとさせてくれるうさぎのお顔のクリームパン。

 

 

それとは反対に、この「サクサク外皮、内層ジューシーさはもっとバズって良いのでは!?」と驚いたクロワッサンとともに、 (言ってること矛盾しとるがなー) 明日への活力を頂きました。

 

癒されたと言いつつ、残酷にもカットしてすみません

 

 

筆者と同じく、こういうお顔付きのパンはお子様のもの!と思い込んでいる方も、 怯むことなく手にとってみてください。

 

 

店舗情報

Blue Le(ぶるーる)

住所:〒814-0165 福岡市早良区次郎丸3-1-7サンハイム101[map]

営業時間:9001700

定休日:毎週 月・火曜日(定休日が祭日の場合は、翌平日がお休み)

電話:092‐407‐9810

駐車場:あり(店舗横1台)

HP:https://bluele.net/

Instagram:@ bluele_fukuoka

https://www.instagram.com/bluele_fukuoka

 

 

 

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

 

さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

 

資料請求バナー

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

合わせて読みたい

人もパンも見た目じゃない、とは言いつつも。 PAiN KOTiの「デニッシュ洋梨」【福岡県福津市】

 

ザクザク食感のデニッシュ生地と、たっぷりのカスタード。ベーカリータツヤの「クリームコルネ」【福岡市南区】

 

関連タグ:
#パンオタクが選ぶ福岡パン
#福岡グルメ
この記事をシェア
LINE
パンブロガー
pantiki
福岡在住。色々なパンを食べ歩き、「ひとパン入魂」を心に紹介するパンブログを10年以上運営。2020年には福岡市城南区別府に、ブログを三次元化させたパン喫茶「kissaten ぱんフレット。」をオープン。オリジナルのメニューの提供のほか、ロスになる前のパンにアレンジを加え、ストーリーと一緒に味わってもらう「パンのバトン活動」を続けている。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP