パンオタクが選ぶ福岡パン

ザクザク食感のデニッシュ生地と、たっぷりのカスタード。ベーカリータツヤの「クリームコルネ」【福岡市南区】

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせた「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンを、「ひとぱん入魂」の気持ちで1つずつご紹介いただくこちらの連載。46回目の今回は、福岡市南区にあるベーカリータツヤの「クリームコルネ」です。

今の時代、ケーキ屋さんも焼き菓子屋さんも大変だなぁと。

何故ならば、 パン屋さんのお菓子たち、とてもとても、美味しくなってます。元々、パン屋さんのメニュー自体に、カスタードクリームを使った「クリームパン」がありますし、ドーナツや、クッキーを置いてる所も昔からありましたよね。

 

それに加えて、最近はスコーンやプリンもお見かけするようになったし。パン屋さんと焼き菓子屋さんのラインナップが、さほど変わらなくなってきている印象です。いやはや、群雄割拠。スイーツ戦国時代とはまさにこのこと也。

 

しかし、 ここで敢えて厳しいことを言わせて頂くと、やはりそこは、餅は餅屋。パン屋さんのスコーンは、どこかパンっぽく、やはり「焼き菓子」の雰囲気とは違うかなー、とか。他のお菓子類にしても、どこか素朴というか、いや逆にそれがパン屋さんのお菓子の魅力なのですよね、パン屋さんのお菓子は「そういう」ものとして頂くのが常になっておりました。

 

 

 

パティスリー顔負けの「クリームコルネ」

がしかし、福岡市南区花畑にあるベーカリータツヤさんの、クリームコルネを頂いて、いやもうこれは、 パティスリー顔負けというか、パティスリーやろ!(パン屋さんです)と思わずにはいられませんでした。

 

 

ザクザクッと心地よい音を立てるデニッシュ生地。これはあえて、厚めに作っていらっしゃるのかと。他で見かけるこういうコルネより、重厚。そして、味が濃厚です。重厚な生地だからこそ、噛み締められる生地だからこそ、ガリッと弾ける時に漂う、バターの香り、風味。それらが鼻腔に残っているうちに、今度は口中にたっぷり、たーっぷりのカスタードクリームが満ち満ちる。

 

 

逆に、パティスリーのそれより好みだなーと思わせてくれるのは、この「生地も主役なんだぜ」感。そして、生地もクリームも、甘さ控えめということ。合わさって食べてこそ、ちょうど良く。食べ終わったときに、ああ、また食べたいと思える甘さなのです。

 

 

たぷたぷと、嬉しい濃度のカスタードは、ミルキーさも兼ね備えており。先程感じた、バターの芳しい風味とはまた違う、柔らかい乳製品の優しさが、口中に残っていたデニッシュの欠片たちと合わさって、、、ザク、とろ、ザクザク、とろとろ。 ああ、喉を降りていく時の「まだ行かないでー!!!」感が半端ないです。 無くなるのが悲しい。

 

 

ありがたいことに、これだけバターの風味が漂う生地ですが、手に持った時のベタつきゼロ!です。綺麗に焼き上げてくださっている証。バリンッと弾けるような生地なので、もちろん細かい欠片たちがお皿には残るわけですが。このね、欠片のひとつひとつも、指で拾って食べたくなるのですよ。一欠片たりとも残したくないのだ。

 

 

それは、同じ日に購入したスコーンも同じで。

 

 

これまた焼き菓子屋さんやろ!(パン屋さんです)な仕上がりの、カリッカリ、中はフワモフッなスコーンは、 めりめりと半分に割って食べているうちに、 美味しいカケラがお皿に散らばる。それをまた、愛おしむかのように、ひとつひとつ、指で拾って食べるのです。

 

これをお行儀悪いなんて言われるんだったら、甘んじてそれを受け入れようではないか。そうです!お行儀悪いのよワタクシ!でもそういうあなたもきっと、こっそり指で拾っちゃうからねー!その時にコソコソ周りを見渡しても遅いんだぞー!!と。

 

まだ出会ってもいない誰かとの小学生同士のような喧嘩シーンを想像しながら、 お皿を舐めることだけはやめよう、そこは、大人だし。と誓うのだった。

 

 

ちなみにお店は、南区花畑にあります。皆さんの中では『免許更新の時に行くところ』のイメージが強いかもしれませんね。いやぜひ、免許更新のたびにお立ち寄り頂きたい。ゴールド免許な貴方は、きっと更新まで待てなくなるかもですが、、、笑

 

 

 

店舗情報

ベーカリータツヤ

住所:〒811-1356 福岡県福岡市南区花畑2丁目45−29[map]

営業時間:10001700

定休日:日・月曜日(詳しくは店舗Instagramをご確認ください)

TEL:092-565-5200

駐車場:あり

Instagram:@ bakerytatsuya

https://www.instagram.com/bakerytatsuya/

オンラインショップ:https://tatsuyabread.base.shop

 

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

 

さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

 

資料請求バナー

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

合わせて読みたい

味も音も香りも、五感で楽しめるパン。BAKELUCKの「バケット」【福岡市早良区】

 

こんな「揚げないドーナツ」は初めて。自家製酵母パン のたりの「のたりのドーナツ」【福岡県糸島市】

関連タグ:
#パンオタクが選ぶ福岡パン
#福岡グルメ
この記事をシェア
LINE
パンブロガー
pantiki
福岡在住。色々なパンを食べ歩き、「ひとパン入魂」を心に紹介するパンブログを10年以上運営。2020年には福岡市城南区別府に、ブログを三次元化させたパン喫茶「kissaten ぱんフレット。」をオープン。オリジナルのメニューの提供のほか、ロスになる前のパンにアレンジを加え、ストーリーと一緒に味わってもらう「パンのバトン活動」を続けている。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP