ジミー大西さん【祝!画業30周年】個展「POP OUT」開催直前独占インタビュー

衝撃!ジミーちゃんは博多っ子だった!

1990年初頭から、「やってるやってるー!」などのフレーズでお茶の間の人気者となり、師匠・明石家さんまさんに絵の才能を見出され、画家に転身したジミー大西さんが、このたび画業30周年を迎えられました。この節目を記念し、全国を個展巡回しているジミーさん。開催直前の福岡を訪れたところを直撃取材したところ、びっくりする事実が発覚!なんと、ジミーさんは博多っ子だったことが判明しました。今回は、個展の魅力はもちろんのこと、「ジミーさんが博多っ子」という謎フレーズについてもしっかりご紹介して参ります!

1990年初頭から、「やってるやってるー!」などのフレーズでお茶の間の人気者となり、師匠・明石家さんまさんに絵の才能を見出され、画家に転身したジミー大西さんが、このたび画業30周年を迎えられました。この節目を記念し、全国を個展巡回しているジミーさん。


福岡は、4月1日から17日まで、福岡三越にて開催されます

開催直前の福岡を訪れたところを直撃取材したところ、びっくりする事実が発覚!


現在のジミーさん。変わってない!

なんと、ジミーさんは博多っ子だったことが判明しました。今回は、個展の魅力はもちろんのこと、「ジミーさんが博多っ子」という謎フレーズについてもしっかりご紹介して参ります!

●ジミー大西 画業30年記念作品展「POP OUT」とは?

 

1992年TV番組の企画をきっかけに本格的に絵を描き始めたジミーさんは、著名芸術家や専門家からも高い評価を得て、画家としての活動をスタートさせました。

自身の作品の可能性を追い求め、憧れの芸術家・ピカソが生まれた国スペインへ移住、その後、世界中を放浪しながらその土地から様々な影響を受け、多彩な作品が誕生します。

しかし、帰国してからも絵を描き続けていたジミーさんは、2015年に突如、絵を描くことをやめてしまいます。

休筆してから画家としての活動をやめていたジミーさんでしたが、人生の師と仰ぐ明石家さんまから「コロナで仕事のない人が大勢いる。絵でもお笑いでも人を楽しませるのに、お金なんか関係ない」という言葉を受け、2020年、本格的に創作活動を再開しました。

画業を再開してからのジミーさんは、色彩を幾重にも重ねて立体感を出す技法を新たに駆使し、これまでに無かった新しい表現にも意欲的に取り組むようになります。

本展は、それら未発表の新作シリーズに加えて、初期の頃から海外移住の頃の作品まで網羅するジミー大西さんの画業30年を振り返る全国巡回展です。
 
また今展では、ジミーさんにしかできない新しいアートの表現としてパフォーマンスアートにもチャレンジし、その制作過程の映像と完成作品を展示するなど、唯一無二の表現者として、これからのジミー大西の可能性を考える展覧会です。

「四角い枠を気にせず、キャンバスからハミ出しちゃえばいい」
ジミーさんが画家となるきっかけをくれた芸術家・岡本太郎氏からもらった言葉を今も大事に、さらにその先の表現へ『飛び出す』新しいステージのジミー大西さんにご期待ください。

◇「POP OUT」のコンセプト


キービジュアルは、
展覧会名の「POP OUT=飛び出す」を表現。
自身の作品の中から「飛び出してきた」
モチーフに囲まれ、自分を開放するジミー大西。
そのイメージは「POP OUT」の文字と
絡み合うことで、さらに躍動します。
さらに、このキービジュアル制作において使用した
ジミー大西の作品パネルセットは、
お客さまに楽しんでいただくフォトスポットとして
展覧会場に「飛び出して」いきます。

◇開催概要

日時:2023年4月1日(土) ~ 2023年4月17日(月) 最終日午後6時終了/ご入場は終了の1時間前まで
場所:福岡三越 9階「三越ギャラリー」

公式サイト:https://www.iwataya-mitsukoshi.mistore.jp/mitsukoshi/event_calendar/jimmyonishi.html

◇展示構成/制作年代ごとに展示区画を分け、5つの区画で展示空間が構成されます

ジミーさんの創作期ごとに展示を構成。各ブロックの作品は、会場でお楽しみください。

【Aブロック】1993-1995 デビュー~初期作品
【Bブロック】1996-1999 芸能活動を休業~スペイン移住期
【Cブロック】2000-2007 多様な創作活動の展開期
【Dブロック】2008-2015 世界中を放浪~マルタ島移住期
【Eブロック】2020-現在 創作活動の再開から現在まで
【さらに!】あの高須さんとのコラボも!放送作家・高須光聖氏監修による「ジミー大西の新たな表現」をテーマとしたライブパフォーマンス作品『JIMMY PERFORMANCE ART』

画家として活動してきたジミーさんが、画業30年を期にチャレンジする、全く新しいアート表現 。
緻密な絵柄を、様々な色を使い、とてつもない時間をかけて描いてきたジミーさんが、これまでの制作スタイルとは全く違う、即興でおこなうパフォーマンスアート企画。
自身のさらなる可能性を求めて、自身で様々な制作過程を試しながら、新しい手法で作品を作り上げていく。その記録映像と完成作品が展示されます。
【アーティスト】ジミー大西 【監修】高須光聖 【映像】COSMIC LAB 【制作】株式会社バックアップメディア

【もうひとつ!】開催地を想って作り上げた一点ものが登場!


祭「イヤッ ホイッサー」2022(福岡展新作)

●なぜ、福岡展の新作が山笠なのか? 「ジミーちゃんが博多っ子」ってどういうこと?

今回、創作期ごとの展示構成や高須さん監修によるライブパフォーマンスアートなど、目玉がもりだくさんですが、見逃せないのが福岡展のために描き下ろされた作品、祭「イヤッ ホイッサー」
なんと、持ってきてくださるとのことだったので、櫛田神社の境内で取材させていただきました。
大盛況を祈念して、作品を持って飾り山の前で記念ショットを撮らせていただきました!

さて。「もうそろそろ、引っ張らずに教えてくれよ」とお思いの皆様。お待たせしました!
「ジミーちゃんは博多っ子だった」について、早速ご紹介しましょう。

今回、「福岡といえば山笠」だからこの作品になったわけではなく、ジミーさんは本当に山笠に想い出があるのだそう。

ジミーさん

実は、母方の実家が福岡なんです、あ、博多って言わんといかん。意味違いますよね。すぐそこ(お櫛田さんのすぐ近く)の「萬行寺」がお寺さんで、お参りにくるたびに「よう帰ってきたね」と言ってもらってます。
おじいちゃんの家に遊びに行くときには新幹線に乗ってきてました。まだ今ほどたくさん新幹線の種類も本数もなかったですけどね。

毎年、山笠のときは朝早く、おじいちゃんと一緒に見ていました。そのときのことが今でも忘れらなくて、それを作品にしたんです。勢水(きおいみず:舁き山が走る時に盛んにかけられる水のことを、「勢水」と書いて「きおいみず」と読みます。)が自分にかかって、「わー!」ってなって。眠かったけど、それよりも、あの迫力が凄いなーと。

ちなみに、親戚が千早の機動隊前にいまもいるんですよ。
(萬行寺!勢水!千早!機動隊前!めっちゃ地元ーク!)
だから、半分というといいすぎですけど、僕の1/3は博多っ子の血なんです。

まさかの地元民かと思うようなワードのオンパレード!
しかも、この作品、よーく見ると、糸で縁取りがしてあり、立体的になっています。

祭「イヤッ ホイッサー」2022(福岡展新作)


ジミーさん

はい、そうなんです。僕はさんまさんに「絵を描いたら?」と言われて画家生活をスタートしましたが、実は小さい頃から絵が好きだったわけではなく、小学校のときにみんなが風景とかの絵を描いている中、なぜかゾウを描くような子だったんですね。

普通、見たものとか見えるものとかを描くものだと思うんですけど、そのときの先生が僕のゾウを否定しなかった。否定されなかったから、僕は絵が嫌いにならなかったんだなと感謝しているんですが、そんな僕が画家になって、生前大変お世話になったのが岡本太郎先生でした。先生が亡くなったあと、先生のあとを継いで色々な活動をさせてもらったりもして、「え、ほんまに僕でええんですか?」って思ってきたんですけど、そんな岡本先生が僕に言ってくれたのが「四角い枠を気にせず、キャンバスからハミ出しちゃえばいい」でした。

だから今回、文字通り、キャンバスから「飛び出す」作品を、ということで、糸を使ってみたりしています。
実は僕、野球をやっていたので、ミットやユニホームの繕い物もしてきたんです。だから、針も結構得意なんですよ。

福岡という地にも、作品の発想にも、ジミーさんならではの想い出やこだわりが詰まっているんですね。まもなく開催される個展に向けて、最後にフクリパ読者へメッセージをいただきました。


ジミーさん

僕、「時給に換算したら380円やん!やってられへん!」って、一時期活動を休止していた時期があります。
そのあとにコロナになって、さんまさんから
「ジミー最近絵ぇ描かへんけど、どうしたん?」
と言われて、「やってられん」という話をしたら
「いまコロナで、芸人はみんな仕事がなくて苦しい想いをしとるやろ。そんな中、ジミーは絵を描いたら仕事になる。コロナ関係なく仕事がある。
ありがたいことやないか。俺らの仕事はお客さんに見てもらってなんぼなんや。時給で考えたらあかん。
俺が一緒に社長のとこに行ったるさかい、作家また再開しーや」
と言ってもらって、そういえば画業30年やな、ということで今回の個展を開催させていただくことになりました。

そういう、色んな人に助けられて開催できるということに感謝してますので、ぜひ皆さんにも楽しんでもらえたらいいなと思っています

深い…深すぎます…実際ジミーさんにお逢いして感じたのは、とっても素直に、純粋に、思ったことを発言されるし表現される方だなという印象です。その素直な目で見た世界から、かくもポップな世界観が生み出されているのだと感動してしまいました。

取材終了後も、「世界各地、約30か所くらいまわってきたんですけど、ピカソのゲルニカはですね…」と、止まらないアートトークが続きました。

テレビでしか知らなかった「ジミーちゃん」を、もっと多層に知ることのできる本展、ぜひ足をお運びください!

●ジミー大西プロフィール


天然キャラクターから繰り出される衝撃的な笑いを武器に数多くの番組で活躍中。
数々の天然エピソードも有名で、一発ギャグも多くもつお笑い芸人。
読売テレビの企画「ジミー大西画壇にデビュー」で絵画を発表し、著名芸術家や専門家からも評価を得る。
1993年に初の個展を開き、本格的に画家としての活動を開始。

1964(昭和39)年 大阪に生まれる
1982(昭和57)年 吉本興業入社
1992(平成03)年 テレビ番組の企画で絵画発表、注目を浴びる。
1993(平成04)年 渋谷で初の個展を開催。
1996(平成08)年 芸能活動を休業し、絵画に専念。ピカソの国スペインへ移住。
1997(平成09)年 ジミー大西絵画展全国巡回。
1999(平成11)年 ブラジル・パラ州政府から文化功労賞を贈られる。
         「第23回世界新体操選手権大会」記念切手原画制作。
2000(平成12)年 ジミー大西原画展(東京)を開催。
2002(平成14)年 個展「ジミー大西のEnergy of Nature展」(東京・京都)を開催。
2003(平成15)年 ボジョレー・ヌーボーのラベルデザインに採用。
2008(平成20)年 スペイン移住後日本と往来しつつ世界各地を放浪の後、
          1月第二の故郷となる地中海・マルタ島に移住。
          「夢のかけら展」開催全国12会場を巡り圧倒的集客を記録。
2012(平成24)年 グッチ新宿店にて「ジミー大西“ドリームワークス”展」を開催。
          画家生活20周年を記念する個展「挑戦と革新」開催。
          銀座三越をスタート全国巡回展圧倒的な入場者数を記録。
2015(平成27)年 休筆
2020(令和02)年 画家として5年ぶりに創作活動再開。
2022(令和04)年 画業30年

取材協力/櫛田神社

 

エンクレスト天神南PURE

都心の利便性と穏やかな街の空気を味わえる「エンクレスト天神南PURE」

Sponsored

マンガでわかる不動産投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
デスク
フクリパ エンタメデスク
福岡のエンタメ情報をピックアップしてお届けします!「こんな情報が欲しい」というお便りも随時募集中!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP