電動キックボードの「LUUP」が3月27日より福岡市で提供開始!

電動キックボードや電動アシスト自転車のシェアリングサービス「LUUP」(ループ)を展開する「Luup」は、東京、大阪などに続き福岡市で3月27日からサービス提供を開始することを発表!全国では10都市目、九州では初めてとなる本サービスについてご紹介します。

3月27日(水)11時より、福岡市にて「LUUP(ループ)」の提供を開始!

 株式会社Luup(東京都千代田区)は、2024327日(水)11時より、福岡県福岡市にて電動キックボードや電動アシスト自転車などの「電動マイクロモビリティ」のシェアリングサービス「LUUP(ループ)」の提供を開始することを発表しました。

 

また、サービス開始初日には「福岡大名ガーデンシティ」にて安全講習会も開催されますよ。

※安全講習会の詳細については、こちらの記事の最後にご紹介いたします

 

 

福岡市で「LUUP」の提供を開始した理由

Luupは、“街じゅうを「駅前化」するインフラをつくる”をミッションに、電動マイクロモビリティのシェアリングサービスを展開している会社です。

 

電動アシスト自転車や電動キックボードのみならず、電動・小型・一人乗りの電動マイクロモビリティを包括的に取り扱い、ファースト・ラストワンマイルの移動手段を確立することで、全ての人が自由に移動できる未来を目指しています。

 

福岡市は、観光はもちろんビジネス用途でも訪れる方が多いエリア。

国内外の各地との結節点でもあり、市街地から福岡空港へのアクセスが良い点も特徴です。そのため、多くの人が様々なニーズで行き交っており、電車やバスなどの交通手段が発達しています。

 

その中で、東西・南北の移動をカバーする路線や便が少ないことから、柔軟なルートでの短距離・短時間移動に対応できるLUUPと親和性が高いと考え、福岡市にサービスを提供することに。

さらに、自動車を日常の移動手段とする方も多い一方で、中心部では駐車場が不足している問題もあり、エコで気軽に移動できるマイクロモビリティが提供できる価値は大きいと考えているのだそう。

 

 

2020年1月には、JR博多前駅広場にて電動キックボードの試乗会を実施

Luupは、20201月の電動キックボードがルール整備に向けた実証実験段階にあった時期に、福岡地域戦略推進協議会の後援を受け、福岡市内にて電動キックボードの試乗会を実施()。

 

当時の試乗会から4年の期間を経て、電動キックボードは実証実験のフェーズを終え、道路交通法で「特定小型原動機付自転車」と定義されました。

 

これにより、サービス提供エリアを拡大することができるようになったことから、今回、福岡市でのLUUPの本格提供に至ったのだそう。

 

※…Luupプレスリリース「JR博多前駅広場にてLUUPが電動キックボードの試乗会を実施」(https://luup.sc/news/jrhakata/)

 

短距離移動に便利な乗り物なので、観光客はもちろん、福岡市で暮らす人たちのインフラになる日も近そうですね!

 

 

「LUUP」の特徴

 LUUPのポートは、東京や大阪、名古屋をはじめ、神戸、仙台、広島などの地方都市にも高密度に設置されており、その数は6,300ポートを超えています。

車両の小型化に成功したことで、小さなスペースでもポート設置を可能にしています。

 

福岡市においても、将来的に「1〜2分歩けばLUUPのポートがある」という密度を目指しています

 

短距離移動に特化したLUUPでは、ライドを開始する時にアプリ上で車両を返却する目的地ポートを事前に予約することを必須としているため、特定のポートに返却が集中して車両があふれることがありません。

 

さらに、返却時には必ずポート内に停車した様子の写真を撮影し、送信する仕様になっていることから、ポートが常に溢れることなくきれいな状態をキープ

景観を守り、その地域に住んでいる方にも迷惑がかからないようなサービス設計になっています。

 

 

「LUUP」サービス概要

・内容

電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアリングサービス

 

・詳細

スマートフォンアプリ「LUUP」を用いて、電動キックボードや電動アシスト自転車に乗車し、街じゅうにあるポートからポートへ移動することができます。

 

・利用料金

ライド基本料金50円(税込)+時間料金1分あたり15円(税込)

 

・利用可能エリア

福岡市街地 

詳細は福岡でのサービス提供開始以降、LUUPアプリからご確認ください

 

・電動キックボードのご利用条件

アプリから①年齢確認書類の提出と②交通ルールテストの連続満点合格が電動キックボードのご利用条件となります。

電動アシスト自転車のみのご利用の場合、これらの対応は不要です。

 

・保険

対物賠償、対人賠償、ご自身の怪我が保険の対象です。

https://support.luup.sc/hc/ja/sections/360010715154-LUUP%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB

 

 

LUUPのご利用方法

【アプリの利用方法】 

 LUUP」をダウンロードし、会員登録を行ってください。

ダウンロードリンク:https://ride-your-city.luup.sc/Myjb/cfcdb04a

     

    ②電動キックボードの利用をご希望の方は、アカウント設定画面から年齢確認書類の提出と、交通ルールテストの受験を行ってください。

     

    マップ画面から、ライドを開始したいポートを探してください。ポートの詳細画面からポートに車両があることを確認できます。

     

    ライドを予約するか、ポートに到着したら「QRコードをスキャン」ボタンを押してカメラを起動し、乗りたい車両のQRコードを読み取ってください。

     

    目的地ポートを選択し、返却する場所を予約してください。なお、目的地ポートは後から変更することができます。

     

    スマートロックが解錠されたら、車両から音が出て速度表示の液晶がつきます。安全にライドをお楽しみください。

     

    目的地ポートに到着したら、枠線内に返却してください。

     

    返却時の写真を送信したら決済が完了し、ライドが終了します。

     

     

    【電動アシスト自転車の乗り方】

    サドルの高さは、サドル下にあるレバーで固定されています。調整するときには、このレバーを上げてください。
    走行する際には、安全のため地面に足がつく高さに固定をし、必ずレバーを下げてからご利用ください。

     

    自転車の下部にあるセンタースタンドを上げてライドを開始します。 スタンドを地面に押し付けながら、自転車を前方に押してください。

     

    停車する際は、センタースタンドを足で踏み込み、地面に固定しながらハンドルを上に引き上げ、 自転車を手前に引いて立ち上がらせます。

     

    危険を知らせるため、ハンドルの左側にベルを取り付けています。ベルを鳴らすには、ベルの左側にあるグリップを前後に回転させてください。

     

    その他 電動アシスト自転車に関するご利用ガイド

     

     

    【電動キックボードの乗り方】

    最高速度表示灯が搭載された車両は、「20km/hモード(点滅ではなく点灯の状態)」になっていることを確認します。地面を蹴って初速をつけ、両足を置きます。

     

    ゆっくりとアクセルを押すと加速します。車道の一番左側、また普通自転車専用通行帯がある場合は必ずそこを走るようにしましょう。

     

    足で地面を蹴りながらゆるやかに曲がることができます。走行量の多い道路などを右折する場合には、交差点で電動キックボードを一度降り、横断歩道を押し歩いて渡ってください。

     

    手元に自転車と同様の形のブレーキがあります。止まる時はゆっくりとブレーキをかけましょう。足をついて止まることも可能です。

     

    その他 電動キックボードに関するご利用ガイド

     

    ※ライド中のトラブルなどのお問い合わせは、アプリ内のお問い合わせフォームから連絡してください

     

    【LUUPポートの導入にご興味のある方へ

    LUUPでは、福岡市内で、ポートを導入いただけるオーナー様を募集中だそう!

    活用したいデッドスペースがある方や、空いている駐車場スペースがある方は相談してみてくださいね。

    ▶詳細はこちら

     

     

    電動キックボードの安全講習会を福岡大名ガーデンシティで3月27日(水)に開催

    安全講習会への参加をご希望の方は、当日、開催時間内に会場までお越しください。事前の申し込みは不要です。

     

    【開催概要】

    ・日時:2024年3月27日(水)13時〜15時

    ・場所:福岡大名ガーデンシティ(福岡県福岡市中央区大名2丁目6−50)

    ・URL:https://fukuoka-dgc.jp/

    ・アクセス:地下鉄空港線「天神」駅 徒歩3分

    ・内容:

    – 電動キックボードの安全講習会走行ルールのレクチャー

    – 電動キックボード ご利用ガイドブックの配布

    – 電動キックボードの試乗体験

    ・料金:無料

    ・参加特典:LUUPのアプリで使用できる初回ライド無料クーポンを配布

     

    【参加に向けてのご確認事項】

    ・参加条件:16歳以上

    ・服装:スニーカーなど、足がカバーされていて平らな靴を着用ください。

     

    【備考】

    ・下記に該当する方は来場することができませんのでご注意ください。

    – 発熱や体調不良のある方

    – 新型コロナウイルス感染症陽性者及び濃厚接触者

    – スタッフの指示に従っていただけない方

     

    ・荒天などにより中止の場合は、当日10時までにLuupのSNSとコーポレートサイトにてお知らせされます。

     

     

    合わせて読みたい

    外国人宿泊者数でのトップ5は東京都、大阪府、京都府、北海道、福岡県【観光庁調べ2023年】

    https://fukuoka-leapup.jp/biz/202403.26468

     

    糸島の海を一望できるホテル「seven x seven 糸島」OPEN!ペットと泊まれる部屋など、11タイプの客室を展開!【福岡市西区】

    https://fukuoka-leapup.jp/tour/202403.26157

     

    まだ知らない福岡へ!福岡県内を手軽に周遊できるバスツアー「よかバス」4月1日より運行開始!

    https://fukuoka-leapup.jp/tour/202403.25843

     

     

    会社員の不動産投資

    会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

    Sponsored

    入居率99%

    入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

    Sponsored

    【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

    次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
    福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

     

    さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

    その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

     

    資料請求バナー

     

    資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
    えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

     

    ▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

    関連タグ:
    #まちと暮らし
    #福岡観光
    #観光ビジネス
    この記事をシェア
    facebook
    twitter
    LINE
    福岡を今よりもっと良い街に!
    フクリパ編集部
    フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

    フクリパデザイン1

    フクリパデザイン2

    フクリパデザイン3

    フクリパデザイン4

    TOP