【画像】フクリパ短信

【経済・ビジネス短信@フクリパ】

福岡市は「移住したい」と思う政令指定都市で第1位。仙台市、横浜市が続く

昨今、本格的な人口減時代を迎えた日本では、ヒト・カネ・ビジネスを呼び込んでいく都市間競争が激しさを増しています。ヒトを呼び込んでいく上において、移住という選択肢の存在感も高まる中、Webメディア『ねとらぼ調査隊』は、『「政令指定都市」で移住したいと思う場所ランキングTOP20!』【2024年最新投票結果】を発表しました。

「福岡市は年々人口が増加している人気のエリア」

第1位福岡市、第2位仙台市、第3位横浜市、第4位名古屋市、第5位札幌市━━━。
東京証券取引所プライム市場上場のアイティメディア株式会社が運営するWebニュースサイト『ねとらぼ調査隊』は2024422日、『「政令指定都市」で移住したいと思う場所ランキングTOP20!』【2024年最新投票結果】を発表した。
同ランキングにおけるトップは福岡市であり、仙台市、横浜市が追う展開となった。

 

 

『ねとらぼ調査隊』では、202443日から1週間、全国20の政令指定都市を対象にした「『政令指定都市』で移住したいと思うのは?」という質問によるインターネット調査を実施した。
インターネットでの投票における有効回答数は490票だった。
今回のランキング調査において、第1位に輝いた福岡市への投票数は70票であり、総投票数におけるシェアは14.3%だった。

 

 

今回、『「政令指定都市」で移住したいと思う場所ランキングTOP20!』で第1位だった福岡市について、『ねとらぼ調査隊』編集部では、下記のように紹介している。

『ねとらぼ調査隊』編集部

1位は「福岡市」でした。
福岡県福岡市は年々人口が増加している人気のエリアです。
福岡空港から博多駅まで地下鉄で約5分とアクセスも良く、市全体はコンパクトながら、地下鉄・電車・バスが豊富であり、通勤・通学がしやすいというところも人気の理由でしょう。
博多駅、天神を中心に商業施設も多く、買い物にも困りません。
物件や食べ物など、物価が安いのも嬉しいポイント。ラーメン、もつ鍋、水炊きなどご当地グルメも多く、存分に食を楽しめます。

 

「政令指定都市」で移住したいと思う場所ランキング

出所:ねとらぼ調査隊『「政令指定都市」で移住したいと思う場所ランキングTOP20!』【2024年最新投票結果】

 

 

昨年の「住んでみたい」「住みやすい」政令市でも福岡市が首位

Webメディア『ねとらぼ調査隊』では昨年、『「政令指定都市」で住んでみたいと思う都市ランキングTOP20!【2023年最新投票結果】』(調査期間:2023729日 ~ 85日)、『住みやすいと思う「政令指定都市」ランキングTOP20!【2023年最新投票結果】』(調査期間:2023910日 ~ 917日)というインターネット調査も実施している。
両ランキングにおいて共にトップだったのは、福岡市だった。
「移住したい」をはじめ、「住んでみたい」や「住みやすい」などの調査ランキングにおいて、福岡市が首位を占める要因としては、下記のような点が考えられる。

 

 

◎都心部からも海や山に近いという〝自然の豊かさ〟
◎コンパクトシティーとしての利便性の高さによる〝住みやすさ〟
◎豚骨ラーメンや焼とり、明太子、モツ鍋などに代表される〝食のおいしさ〟
◎空港や港湾、主要駅が都心2.5km圏内にあり、国内外への〝交通アクセスの良さ〟
◎再開発やスタートアップも盛んで第三次産業も発達した〝雇用機会の多さ〟
◎充実した医療環境に加え、大学・短大・専門学校も集積しての〝若者の多さ〟
◎九州最大の都市であるにも関わらず、日本の他都市と比較される中での〝物価の安さ〟

 

 

人口は、主に『自然増減』と『社会増減』という2つの要素によって変動していく。
出生数と死亡数の差である『自然増減』について、日本の大半の都市が『自然減』になっており、福岡市においても2021年以降は自然減に転じている。
そうした中、転入数と転出数の差である『社会増減』が、日本の各都市において人口動態のカギを握っている。
今後、進学や就職を契機とした若者世代の転入も含めた『社会増減』の動向が注目される。

 

住んでみたいと思う都市ランキングTOP20

出所:ねとらぼ調査隊『「政令指定都市」で住んでみたいと思う都市ランキングTOP20! 第1位は「福岡市」【2023年最新投票結果】』、ねとらぼ調査隊『住みやすいと思う「政令指定都市」ランキングTOP20! 第1位は「福岡市」【2023年最新投票結果】』

 

 

参照サイト

「政令指定都市」で移住したいと思う場所ランキングTOP20! 1位は「福岡市」【2024年最新投票結果】
 https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/2488848/

 

住みやすいと思う「政令指定都市」ランキングTOP20! 第1位は「福岡市」【2023年最新投票結果】
 https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/1868349/

 

「政令指定都市」で住んでみたいと思う都市ランキングTOP20! 第1位は「福岡市」【2023年最新投票結果】
https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/1740151/

 

 

あわせて読みたい

福岡市の人口が2040年に170万人を突破と推計!福岡市が人口を伸ばし続ける都市なのはなぜ?
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202401.22096

 

2023年人口移動の上位5都市は東京特別区、大阪市、横浜市、札幌市、福岡市
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202402.24414

 

【人口動態調査2023】福岡市は全国市区の人口増加数で第1位の1万3,133人増
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202308.11513

画像提供:福岡市

 

政令指定都市の人口増加数・率で連続トップ!福岡市人口増加の要因と戦略とは。
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202109.317

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

 

さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

 

資料請求バナー

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

関連タグ:
#データでみる福岡
#人口増加
この記事をシェア
LINE
編集者兼ライター
近藤 益弘
1966年、八女市生まれ。福大卒。地域経済誌『ふくおか経済』を経て、ビジネス情報誌『フォー・ネット』編集・発行のフォーネット社設立に参画。その後、ビジネス誌『東経ビジネス』、パブリック・アクセス誌『フォーラム福岡』の編集・制作に携わる。現在、『ふくおか人物図鑑』サイトを開設・運営する。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP