【画像】国際金融都市

【経済・ビジネス短信@フクリパ】

福岡の〝国際金融都市〟としての実力は。『世界の都市総合力ランキング 金融センター』のランキングで東京3位、大阪45位、福岡46位

グローバルな視点に基づく〝都市戦略研究〟に取り組む森記念財団都市戦略研究所。同研究所では今回初めて、6分野70指標で構成される『世界の都市総合力ランキング』に新たに「金融」分野を加え、国際金融センターとしての競争力を複眼的に評価しました。福岡に対する国際的な金融都市としての評価は、どうだったのでしょうか。

新たな金融分野における〝世界の都市〟の順位

1位:ニューヨーク(スコア211.6)、第2位:ロンドン(同203.0)、第3位:東京(同116.2)、第4位:北京(同96.3)、第5位:上海(同96.3)…、第45位:大阪(同22.6)、第46位:福岡(同21.5)……。
森記念財団都市戦略研究所(竹中平蔵所長)は2023119日、『世界の都市総合力ランキング – 金融センター』(GPCI-Financial Centers)を初めて発表した。

 

 

金融業界の急速な拡大と国際化によって、世界の各都市においては、国際的な金融センター機能を担っていく上でのポテンシャル確保の重要性が高まっている。
このような背景のもと、『世界の都市総合力ランキング 金融センター』では、グローバルな金融システムにおける各都市の持つ〝国際金融センター〟としての特徴や強み・弱みを明らかにしていくことを目的にランキングを発表した。

 

 

『世界の都市総合力ランキング 金融センター』(GPCI-Financial Centers)では、従来の『世界の都市総合力ランキング(GPCI)』の6分野(経済、研究・開発、文化・交流、居住、環境、交通・アクセス)26指標グループ・70指標に〝金融〟分野の4指標グループ・14指標を加え、合計7分野・30指標グループ・84指標で分析・評価をおこなっている。
このように『世界の都市総合力ランキング 金融センター』(GPCI-Financial Centers)では、各世界都市の〝国際金融センター〟としての機能や競争力を複眼的に評価し、ランキング化を実現した。

 

 

森記念財団都市戦略研究所では、次のようにコメントしている。

 森記念財団都市戦略研究所

GPCI-Financial Centersが、金融業界のプロフェッショナルや政策立案者、投資家にとって重要なツールとして活用されることを期待したい。

 

 

【画像】『世界の都市総合力ランキング』金融センター編(GPCI-Financial Centers)画像提供:森記念財団都市戦略研究所

『世界の都市総合力ランキング』金融センター編(GPCI-Financial Centers)画像提供:森記念財団都市戦略研究所

 

 

日本国内での『資産運用特区』創設に東京、大阪、福岡、札幌が呼応

金融分野におけるランキングで首位となったニューヨークは、4つの指標グループのうち金融商品市場で第1位だった。
そして、他の指標グループである金融仲介機能、外国為替・金利市場、高度専門人材において共に第2位となっている。

 

 

第2位だったロンドンは、外国為替・金利市場、高度専門人材においてトップを占めた。
続く第3位の東京は、金融仲介機能で首位だった。

 

 

一方、福岡は、『世界の都市総合力ランキング 金融センター』において東京、大阪と共に日本の都市としてランクインしている。
金融分野で第46位だった福岡は、4つの指標グループのうち金融商品市場において第38位、金融仲介機能で第40位、外国為替・金利市場で第32位、高度専門人材で第43位となっている。

 

 

日本国内では、資産運用立国に向けた施策の一つとして『資産運用特区』の創設に向けた検討が、政府によって進めている。
そして、東京、大阪、福岡、札幌の4都市圏が候補として名前が挙がっており、今後の動向が注目される。

 

【画像】『世界の都市総合力ランキング』金融センター編(GPCI-Financial Centers)金融指標グループ(画像提供:森記念財団都市戦略研究所)

『世界の都市総合力ランキング』金融センター編(GPCI-Financial Centers)金融指標グループ(画像提供:森記念財団都市戦略研究所)

 

 

参照サイト

世界の都市総合力ランキング – 金融センター(GPCI-Financial Centers)
https://mori-m-foundation.or.jp/ius/gpci-fc/index.shtml

 

投資家へのネクストステップ

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資に迷ったら資産価値の高い「ブランドマンション」が堅実

Sponsored

関連タグ:
#経済
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
編集者兼ライター
近藤 益弘
1966年、八女市生まれ。福大卒。地域経済誌『ふくおか経済』を経て、ビジネス情報誌『フォー・ネット』編集・発行のフォーネット社設立に参画。その後、ビジネス誌『東経ビジネス』、パブリック・アクセス誌『フォーラム福岡』の編集・制作に携わる。現在、『ふくおか人物図鑑』サイトを開設・運営する。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP