【福岡発ビジネスモデルで成長する個性派企業】

「売れるネット広告社」が描く将来像とは?ネット通販会社を100%成功に導く広告会社

今や、すっかり私たちの生活の一部になっているインターネット通販サービスですが、水面下では多くの企業が激しい競争を繰り広げています。そのネット通販の業界で、関わるクライアント「すべて」の売り上げを上げてきたという、驚きの実績を残している広告会社が福岡にあります。その名もズバリ、「売れるネット広告社」。加藤公一レオ社長にその秘訣を聞きました。

この記事の目次

ネット通販の広告支援が専門、化粧品や健康食品で圧倒的な実績


苦い経験から生まれた「売れる広告」へのこだわり


蓄積したノウハウのパッケージ化で100%の成果を出す


福岡に本社機能を置く、3つの理由


社員たちと世界中でドラマをつくっていく


関連タグ:
#福岡発ブランド
#起業家
#企業家
この記事をシェア
LINE
  • \毎週火曜日配信!飛躍するまち福岡の情報をまとめてお届けするメールマガジン/

登録する

光本 宜史
編集者・ライター
光本 宜史
1972年、北九州市生まれ。西南大卒。地域経済誌『ふくおか経済』で経営者への取材、特集記事を担当。「宣伝会議」ではマーケティング・コミュニケーションに関する取材、教育講座の企画に携わる。2014年にフリーの編集者・ライターとして独立。著書に『幸せを届けに~五輪ランナー小鴨由水 もう一つのゴール』(海鳥社・2019年)

TOP