【経済・ビジネス短信@フクリパ】 

【福岡市で1年中いちご狩り】「清川テラス Cafe+」はカフェ併設の都心型農場

天神ビッグバンの基点である天神四つ角から南へ約1.5キロ地点にある清川。大通り沿いにオフィスビルやショッピング施設が軒を連ねる一方、一歩路地裏に入ると、マンションが立ち並ぶ閑静な住宅街です。このような清川の地に1年中イチゴ狩りを可能としたカフェ併設の都市型農場が10月16日、オープンしました。

いちごなどを無添加・無農薬で栽培、カフェでメニュー提供

水耕栽培や飲食事業などを手掛ける株式会社Food Craft Japan(福岡市中央区 森淳社長)は10 月16日、福岡市中央区清川1丁目に室内栽培とカフェを併設した新たな形態の都市型農場を開設した。
今回のカフェを併設した都市型農場の名称は、『清川テラス Cafe+』。
施設内では、イチゴやパクチー、ミントなどを安定的に無添加・無農薬で栽培しており、これらの採れたて野菜を使用したメニューを提供するカフェスペースも設けている。

カフェの営業時間は10:00~19:00 (月~土)、定休日は日曜日・祝日、席数は16 席。
場所は住吉通り南側エリア、焼肉店のスタミナ亭の斜め向かい。

都市での農業体験も可能な清川テラス Cafe+が入居する3階建ての建物には、株式会社 Food Craft Japanの親会社である、インターネット事業やシステム開発事業などを手掛ける株式会社ハコブネ(同 森淳社長)が本社事務所を構える。

「IoT技術により室内の温度・湿度や水分など作物の栽培状態を検証、管理。室内栽培ユニットを空きフロアを抱えるオフィスビルや遊休化した倉庫・工場などの再活用としての導入支援をしております」とするFood Craft Japanでは、スマートアグリサービスとして提供する清川テラス Cafe+の外観をイチゴ柄をデザインしており、「年間を通じてイチゴの水耕栽培をしており、都会なのに1年中イチゴ狩りが可能」という。

同施設に関しては、10月6日付で福岡県から「都心型農場の農作物直営店・併設カフェ運営による顧客開拓と売上向上」とする経営革新計画の承認を得ている。

 

IT企業が八女市や台湾でスマートアグリ事業を展開

画像提供:Food Craft Japan
スマートフォンやタブレット向けのアプリケーション開発やシステム開発、Webサイト制作を手掛けるハコブネは、プロダクト事業としてスマートアグリサービスにも取り組んでいる。
同社は現在、福岡県八女市の廃校になった小学校跡と台湾・桃園において、IT技術を用いて室内で温度や水分を管理する完全閉鎖型の水耕栽培を手掛ける。

ハコブネでは、「異常気象、後継者不足におけるノウハウの伝承、自然災害、流通、国内自給給率、価格競争、健康被害、安全安心などに直面する中、未来の農業のあり方を考えて、次世代が農業で活躍できる取り組みとして『未来農業ラボ』の農場を立ちい上げて、八女市と台湾に開設してます」としている。
なお、同社の社名であるハコブネは、ノアの箱舟に由来する。

 

施設概要

名 称/清川テラス Cafe+
開設日/2022年 10 月 16 日(日)
所在地/〒810-0005 福岡市中央区清川 1-12-4
営業時間/月~土 10:00~19:00 (最終受付 18:00)
定休日/日・祝 席数 : 16 席
運営会社/株式会社Food Craft Japan
代表者/代表取締役 森淳
事業内容/水耕栽培、カフェ事業
URL: https://food-craft.jp

 

参照サイト

室内栽培とカフェが融合した店舗「清川テラスCafe+」10月16日(日)オープン

マンガでわかる不動産投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
編集者兼ライター
近藤 益弘
1966年、八女市生まれ。福大卒。地域経済誌『ふくおか経済』を経て、ビジネス情報誌『フォー・ネット』編集・発行のフォーネット社設立に参画。その後、ビジネス誌『東経ビジネス』、パブリック・アクセス誌『フォーラム福岡』の編集・制作に携わる。現在、『ふくおか人物図鑑』サイトを開設・運営する。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP