福岡イチのプランナーが、あなたのお悩みをズバッと解決! #032

美味しいご飯が食べたいなら、私を外食に連れて行って。

福岡でいちばん企画書を書いてきたプランナー・中村修治さんが読者のお悩みにオモシロオカシク答えてくれます。「あー、あるある」「そっか、もうそんな感じでいっか」などなど、生きにくい日々をライトに潜り抜けるためのヒントになったりならなかったり!?ぜひ肩の力を抜いてお楽しみください!

相談者>>>>>>>>

旦那に美味しい晩御飯を作ってあげたいので、たまには外食に連れて行ってほしいなと思うのは嫁のわがままでしょうか?

自分のレパートリーにもアプリのレシピにも越えられない世界があるのではと思っているのですが…そんな理想郷なんて、もしかして、ない?

<<<<<<<<ワタシの回答

“カミさん”になってください。

あくまで持論なのですが・・・
カミさんの存在は“なんか別物!!”ですよ。
では!?どういう存在なのか!?
 
それは、もう天候”みたいなものじゃないか!?という結論に。笑
避けて通れない。
その元で暮らしている。
台風が来そうなら備えるしかない。
突然、雨が降り出すこともある。
時々、ちゃと晴れる。

朝起きたら、カミさんに挨拶をするのは天候”の確認のようなものです。曇りかな!?雨が降りそうかな!?快晴が続きそうかな!?その雲行きを確認するのが、朝の習慣になります。
“天気”は、その場所、その時刻の気象の状態。
“天候”は、天気よりももう少し長い期間の気象状態のこと。
カミさんは天候だ”説に、納得である。
まるで“天”がワタシを生かそうとしてる様だ!!!と思うわけですよ。
 
ちなみに、ワタシの結婚生活は、32年目を迎えます。
週イチで、一緒に外食もしています。
それは、もうカミさんが天候みたいなものだからです。
カミさんのカミは、上”であり神”なのですよ。
 
ちゅう意味においては、たまに外食にも連れて行ってもらえない貴方は、カミさんになれていません。理想郷ができるのを待っている神様なんて居ませんよ。
 
まずは、荒れてみることです。
家の中で嵐を吹かせてみてください。
大風吹かせて一網打尽にしてみてください。
カミさんなら、自分で理想郷を作り上げるのです。


理想郷は
スクラップ&ビルド
ですよ!?

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

▶修治さんへのお悩み相談はFacebookのメッセンジャーでどうぞ!


▼これまでの修治さんのお悩みまとめはこちら



https://fukuoka-leapup.jp/serial/202208.780


この記事をシェア
LINE
プランナー
中村修治
1986年に立命館大学を卒業。1989年にバブルの泡に乗って来福。1994年に㈲ペーパーカンパニーを設立し独立。福岡に企画会社など存在もしなかったころから30年も最前線で生きているプランナー。企画書を書いた量とプレゼン回数は、九州No.1だと言われている。JR博多シティのネーミングやテレQのCIなどが代表的なお仕事。コラムニストとしても多誌で執筆。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP