パンオタクが選ぶ福岡パン

特別な日に食べたい。バター風味溢れるパティスリー ル・ボータンの「クロワッサン」【福岡市早良区】

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせた「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンを、「ひとぱん入魂」の気持ちで1つずつご紹介いただくこちらの連載。55回目の今回は、福岡市早良区にある、パティスリー ル・ボータンです。

本場のフランス菓子を味わえる「パティスリー ル・ボータン」

『美味しいケーキ屋さんはパンも美味しい』

というのは自明の理でして。


何故ならば、ケーキが美味しい=シェフの腕が良い。ケーキが美味しい=材料も良いものを使っていらっしゃるということは、本番おフランスさながら、ヴィエノワズリーを置いてくださっているお店のクロワッサンが、最&高!なのは当然と言えば当然なわけで、、、
注※ヴィエノワズリーとは、バター・卵・牛乳・砂糖などの素材を使った、お菓子のようなリッチなパンの総称。フランスでは、パン屋さん(ブーランジェリー)でもお菓子屋さん(パティスリー)でも見かけます。


パティスリー ル・ボータンは、東京にある「日本におけるフランス菓子の元祖」とも言えるお店の系譜を引き継いでいらっしゃる、「本場のフランス菓子」を味わえる数少ないお店のひとつ。

 

 

そんな名店が福岡市にあることに、まず感謝、、、、早良区弥生にある瀟洒な建物の扉を開くと、目にも麗しい生ケーキはもちろん、名物ガトーピレネー(バームクーヘン)や、焼き菓子の類、そして今回ご紹介するクロワッサンを筆頭とするヴィエノワズリーたちが所狭しと並んでいます。

 

 

 

風味が「綺麗」なクロワッサン

まず、大前提としてパン屋さんのクロワッサンも勿論美味しいです。そして、クロワッサンと言えば、カリッサクッ!の後、ハラハラと儚く散りゆく層、が皆様の持たれるイメージではないかと思います。

 

ですが、パティスリーのクロワッサン、、、否、ル・ボータンさんのクロワッサン。この美味しさは、また少し違う感動を覚えると言いますか、、、

 

 

ル・ボータンさんのクロワッサンは、前述の、ハラハラとこぼれる感じ(散らかるヤツですね)が、あまり無いんですよ、カリサクッとしていて、軽やかでありつつ、しっかり巻いてると言うか、バターが一層一層にしっかり馴染んでいるのか?薄くて気づかないけど、一層一層が、しっとりしているんだと思います。

 

 

だからこそ、バターの風味、とても、非常に、すごく、感じます。そしてその風味が「綺麗」なんです。澄んでいる、とも言いたくなる。

 

しっかりバター味なら、コッテリしてそうじゃないですか?普通。ノンノン!軽いです、口の中が爽やかです。油脂が舌に絡みつく感じなんて皆無。ただただ、香ばしい粉の香りと、バターの余韻だけが綺麗に舌には残っている。きっとこれは材料が良いから、フレッシュだから。だと思われます。

 


そして、やはりここが、パン屋さんではなく、パティスリーだから、というのもあるのでしょう。
「日常食」として、次々といろいろな種類を焼き上げていくパン屋さんのそれではなく、あくまでも「ハレノヒノゴホウビ」的位置付け、少数精鋭。どこか「贈り物」的雰囲気を纏っているのです。それは自分へのご褒美だったり、誰かへのプレゼントだったり。

 

存在感も、食感も、食後感も、なんだか特別な気がしてくる。この「しっかりバター味ながらも軽やか」なところさえも。

 

 

そして、バターに話を戻すと、筆者は、こちらのお店の「バターを使用して焼き込んだモノ」にハマっています。バター使いが本当にお上手。


故に、生ケーキも良いけど、ついつい、クロワッサンとかクッキーに手が伸びるのです。クッキーの中では、「サブレナンテ」という、極々シンプルな、粉とお砂糖とアーモンド粉と、、、くらいの。ホロリとした食感のものが特に好きです。シンプルなものが美味しい=やはり素材と腕が良い、のだと思われます。

 

 

 

暑い日はジェラートと一緒に

そして、これから暑くなるとクロワッサンどころかパン自体、食べたくなくなるなぁ、という方もいらっしゃるかと思いますが(私はなりませんけども)そんな時にも、ル・ボータンさんに行けば食べたくなること請合い!ここには強い味方がいるのです!!

 

 

そう、それは、、、

自家製ジェラート、、、!


これをね、暑い日にクロワッサンと一緒に注文して、サンドしちゃったり、ディップしちゃったりしたら、、、素敵じゃないですか!?

※ちなみに、そんなメニューは無いので、あくまでも自分で、セルフで、お試し頂きたく、、、苦笑

 

ジェラートの種類もいろいろあるので、既に今から、暑い日にお伺いするのを楽しみにしているのです

 

 

 

番外編:とはいえケーキも見逃せない

 

もちろん、ついついケーキたちも買いたくなります。 この日はシューパリゴー、とプリンを購入。


贅沢なクレームパティシェールがたーっぷり詰められたシュークリーム。トロトロ滑らかで、リッチな味わいのプリン。どちらも美味しかったです!

 

 

 

店舗情報

パティスリー ル・ボータン

住所:〒814-0014 福岡県福岡市早良区弥生2丁目3−2 [map]

営業時間:10:0019:00

定休日:月曜日

駐車場:有

Facebook

 

 

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

 

さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

 

資料請求バナー

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

合わせて読みたい

「こんな食感と味は初めて」A.PUTEC FLEGO(アプテカ フレーゴ)でイタリアの粉の魅力に出会う。

 

1つのお店でクロワッサンを食べ比べできる。「パンとお菓子の店 Fille de ble'(フィーユドブレ)」【飯塚市】

関連タグ:
#パンオタクが選ぶ福岡パン
#福岡グルメ
この記事をシェア
LINE
パンブロガー
pantiki
福岡在住。色々なパンを食べ歩き、「ひとパン入魂」を心に紹介するパンブログを10年以上運営。2020年には福岡市城南区別府に、ブログを三次元化させたパン喫茶「kissaten ぱんフレット。」をオープン。オリジナルのメニューの提供のほか、ロスになる前のパンにアレンジを加え、ストーリーと一緒に味わってもらう「パンのバトン活動」を続けている。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP