pan_41

パンオタクが選ぶ福岡パン

噛めば噛むほど小麦の甘さが増す。RIOT BAKERYの「カンパーニュ」【福岡市西区】

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせた「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンを、「ひとぱん入魂」の気持ちで1つずつご紹介いただくこちらの連載。41回目の今回は、福岡市西区にあるRIOT BAKERY(ライオットベーカリー)さんの「カンパーニュ」です。

この辺パン屋さんがないんですよ。

そういうお声をよく聞くエリア、だったんです。この福岡市西区小戸、というところは。そこに、皆様待望のパン屋さんが出来ております。しかも、とっても美味しいパン屋さんが、、、。これはもう、喜びしかない、祝うしかない。

 

RIOT BAKERY(ライオットベーカリー)さんは、2023年の8月に出来たばかりのお店です。以前は何のお店だったのでしょう? その少しレトロな佇まいを活かしたつくりは、どことなく懐かしく、どことなくお洒落で、並んでいるパンたちのお顔とも、馴染んでいる、しっくりくる、そんな雰囲気です。

 

店主さんおひとりで切り盛りなさっているので、パンたちの数や種類は少数精鋭。ぜんぶ買いしめたくなってしまうラインナップ。中でもやはり、目を引くのはカンパーニュ。こういう、滋味深い空気を纏ったパンたちが並ぶお店では、個人的に必ず買いたいパンだったりします。そして、このカンパーニュが、 超絶好みでした。

 

 

 

なかなか出会えないタイプの「カンパーニュ」

※写真は店舗インスタグラムより

 

是非是非皆様、このカンパーニュは「まずは焼かずに、そのまま、生食」して頂きたいのです。世の中、生食パンや生ドーナツが流行っておりますが、なかなか、こういった「生カンパーニュ」を食す機会も無いかと思います。そんな流行りとは、全く無関係で、 逆に今この「生」というワードを使ってごめんなさい、と言いたくなる勢いで(なら言うな)(いや、でも、そう言いたくなる食感なのです)、この生食を心から推奨致します。

 

みっちり。歯が沈んでいく感覚。歯医者さんで型を取るときの感覚、というと例え方下手か。でも、柔らかい低反発のような生地に、ゆっくりと歯が入り、むっちん、と噛み切る幸せな感覚。クラスト(外皮)は、厚みがあり、好みのガッツリハードな雰囲気。これは、焼きもどすとガリガリっと、より香ばしくなるのでしょう。そこへの興味に後ろ髪をひかれながらも、あえてここは焼かずに食べます。すると、ムチーッとした引きを感じ、咀嚼し甲斐のある、ミチミチとした小麦のチューイーな感じを楽しめるのです。 この『チューイー』さが肝要で、 噛めば噛むほど、小麦の甘さがジュワジュワ出てくる、増してくる。それこそスルメのように。ほんとうに例え方下手か。

 

 

いやはや、何でこんなに感動しているかと言いますと、これだけゴリゴリハードなクラストのカンパーニュで、クラムがむっちりブリンブリン!というのは、なかなか出会えないシロモノなのでございます(自分統計)

 

一般的には、ゴリゴリ、の中は、みっしり。ブリンブリン! の外皮は薄めのカリッ! くらいが、出会う率高し(自分比)。それらが悪いとかそういう意味では、勿論ござらん。それはそれで、凄く好きです。パッサパサになった生地に死ぬほどバター塗ったくって、ぬるいビールで流し込む幸せもあります。ただ、RIOT BAKERYさんのカンパーニュが、レアなシロモノ過ぎる、ありがた過ぎる出会いなのです。ありがとう。

 

 

今回は、カンパーニュに特化して書かせて頂いておりますが、クロワッサンも「もはやチーズ!?」と紛うほどの発酵バターの香りと風味がする、初めての出会い。これまたありがとうな逸品でしたし、フォカッチャピザ、という、見た目フォカッチャなの?な品もあり。いや、美味しそうですけども。これまた食すとびっくり、カリッとクリスピーなファーストバイトからの、その薄さの中にもっちり感を出してきたかー! と嬉しくなってしまう想定外の連続でした。

 

 

ワクワクをありがとう。美味しさをありがとう。次回訪問時は、ブリオッシュとスコーン。そう、狙いは既に定めております。

 

 

 

店舗情報

RIOT BAKERY(ライオットベーカリー)

住所:〒819-0001 福岡県福岡市西区小戸4丁目17−29[map]

営業時間:11:00〜16:00

定休日:日、月、火曜日、祝日

Instagram:@riotbakery

https://www.instagram.com/riotbakery/

 

 

マンガでわかる不動産投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

成長都市福岡1-F

合わせて読みたい


福岡の”ハード系パン”の先駆け。THE ROOTS neighborhood bakeryの「パン・ド・カンパーニュ」【福岡市中央区】

 

想像力を掻き立てる、優しくも力強いパンたち。カモミロベーカリーの「カンパーニュ」と「パンドミ」【福岡県大牟田市】

関連タグ:
#パンオタクが選ぶ福岡パン
#福岡グルメ
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
パンブロガー
pantiki
福岡在住。色々なパンを食べ歩き、「ひとパン入魂」を心に紹介するパンブログを10年以上運営。2020年には福岡市城南区別府に、ブログを三次元化させたパン喫茶「kissaten ぱんフレット。」をオープン。オリジナルのメニューの提供のほか、ロスになる前のパンにアレンジを加え、ストーリーと一緒に味わってもらう「パンのバトン活動」を続けている。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP