パンオタクが選ぶ福岡パン

明太フランスが看板の「フルフル」さんは、パン好きさんのワンダーランド【福岡市東区ほか】

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせた「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンを、「ひとぱん入魂」の気持ちで1つずつご紹介いただくこちらの連載。29回目の今回は、福岡市東区や博多区にお店があるフルフルさんの「明太フランス」です。

 

 

メジャーどころに行きたがらない

 

ほんとにね、オタクって鬱陶しいイキモノですね、我ながらそう思います、、、

なんか天邪鬼というか、みんながイイね!と言ってるものに賛同するのに抵抗があるのか、そこに行くのも、食べるのも、なんか気恥ずかしくなると言うか、、、

 

というわけで、今まで行ったことがなかったんです、、フルフルさん

 

 

明太フランスの『ナンバーワン』

福岡の明太フランスといえばフルフルさんです。今も昔もずーっとです。なので、あまりにもメジャー過ぎて、私があえて行かずとも、他の皆さんが画像だったり感想だったりをSNSに上げていらっしゃるし、行かなくてイイんじゃね?くらいのテンションでおりました、、、(何様やねーん、すみません)

 

 

そんなある日。

私はどのパン屋さんに行っても、食パンかクリームパンを必ず購入するのですが、『必ず明太フランスを買う』と言う方にお会いする機会があり、その方曰く『やはり、ナンバーワンはフルフルさん』だと。

 

そんなこと聞いてしまっては、もう、いてもたってもいられない!食べなきゃ食べなきゃー!です。

 

失礼ながら、芸能人の方が褒めたからと言って、信憑性は無いと考えております。何故なら、その食(焼肉なら焼肉、カレーならカレー)を、突き詰めて食していらっしゃるわけではないから。つまりは、突き詰めた芸能人の方は別。

 

ですから、明太フランスを食べ続けている、突き詰めていらっしゃる方のひとことは、隕石よりも重い

 

 

 

いざ、フルフル松崎本店へ

早速伺ったフルフルさんの本店。まずはお店の素晴らしさにKOされました。

 

なんとおもてなしの心に溢れていることよ。ホスピタリティのカタマリ、そう申して過言ではないかと。ここは、そう、パン好きさんのワンダーランド。パン好きさんだけでなく、ご家族連れやカップルさんからお友達同士から、、、みんなを幸せにしてくれる楽園でした。

 

ああ、幸せ。そう独り言ちたくなる。

 

出来立てを食べられるように設けられたイートインスペース店内入口の看板や、パンにつけられたPOPの文言に、いちいち拘りと優しさを感じる。無料で付けて下さる袋やおしぼり。なんと、コーヒーさえもかつては無料サービスだったとか、、、(現在もお安く提供なさってます)

 

 

看板商品の明太フランスにもそのホスピタリティは溢れていて。

 

長いバゲットで出来たそれは、何も言わずとも、半分にカットされ、油脂が染み出さないように、二重の包装をしてくださっており、さらには食べやすいように切り込みが細かく入っております。

 

 

明太子バターは、端から端までびーっしり!ソース、というより、印象としてはホントに『明太子』なんですよ。

 

かと言って、辛すぎないこのマイルド感は、かなり拘り抜かれ、精査された配合とお見受けします。それをこの量を入れて下さるなんて、太っ腹~(感動)

 

 

辛すぎない明太子と相性抜群のバゲット。

 

小麦の甘みが、明太子の塩気と合いますし、バゲット自体も、ハード過ぎずソフト過ぎず。このくらい咀嚼できる生地の方が、具材に負けない。かつ、パンの甘みを堪能できます。

 

何より、食べ応えと食べやすさの両立。

 

美味しいものを作りたいという想いと、美味しく食べて欲しいという、食べる人への優しさ、を感じずにはいられない!

 

いやはや、久しぶりにこういう大きなお店で感動させて頂きました。普段は、マンツーマンでお話を伺える個人店にばかり惹かれがちなので、こういう大型店ならではの魅力を再認識させてくれた、フルフルさん。

 

ありがとう!と、そんな素晴らしさに浸る間も無く、踵を返し、やっぱりクリームパンも買って帰る私がいたのです。

 

 

 

 

店舗情報

国産小麦パン工房 フルフル松崎本店
住所:〒813-0035 福岡県福岡市東区松崎2丁目15−22[map]
営業時間:8:00~18:00
定休日:火曜日、火曜祝日(※お盆・お正月はお休み)
駐車場:あり
電話:092-671-9663
Instagram:@fullfullvillage
https://www.instagram.com/fullfullvillage/

 

パンはお取り寄せも可能だそう!詳しくはHPをご覧くださいね

HP:https://www.full-full.jp

 

 

今回ご紹介した明太フランスは、下記3店舗でも販売されています!

ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

■THE FULL FULL HAKATA(ザ フル フル ハカタ)
住所:〒812-0038 福岡県福岡市博多区祇園町9-3[map]
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日
駐車場:あり
電話:092-292-7838
Instagram:@the_fullfull_hakata
https://www.instagram.com/the_fullfull_hakata/

 

 

 

 

■食パンラボフルフル 福岡志免

住所:〒811-2204 福岡県糟屋郡志免町田富1丁目1−1 TSUTAYA BOOK GARAGE福岡志免内[map]
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日
駐車場:あり
電話:092-935-6776
Instagram:@fullfull.shime
https://www.instagram.com/fullfull.shime/?hl=ja

 

 

 

 

■フルフル風の森

住所:〒813-0003 福岡県福岡市東区香住ヶ丘7丁目4−2[map]
営業時間:8:00~18:00
定休日:火曜日
駐車場:あり
電話:092-410-0582
Instagram:@fullfullkazenomori
https://www.instagram.com/fullfullkazenomori/

 

ブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

エンクレスト天神南PURE

都心の利便性と穏やかな街の空気を味わえる「エンクレスト天神南PURE」

Sponsored

合わせて読みたい

明太フランス6選。火付け役「Full Full(フルフル)」に魅力を聞いてみた

 

懐かしさとの再会。グレンドール プラス 六本松421店の「タマゴドーナツ」 

関連タグ:
#パンオタクが選ぶ福岡パン
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
パンブロガー
pantiki
福岡在住。色々なパンを食べ歩き、「ひとパン入魂」を心に紹介するパンブログを10年以上運営。2020年には福岡市城南区別府に、ブログを三次元化させたパン喫茶「kissaten ぱんフレット。」をオープン。オリジナルのメニューの提供のほか、ロスになる前のパンにアレンジを加え、ストーリーと一緒に味わってもらう「パンのバトン活動」を続けている。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP