パンオタクが選ぶ福岡パン

懐かしさとの再会。グレンドール プラス 六本松421店の「タマゴドーナツ」   

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせた「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンを、「ひとぱん入魂」の気持ちで1つずつご紹介いただく新連載。11回目の今回は、六本松421内にある「グレンドール プラス」さんのタマゴドーナツです。

タマゴドーナツをご存知か?

とてもショッキングなことがありました。
ただのジェネレーションギャップと言えばそれまでですが、、、

若者にとっての、ドーナツとは。

それはもはや、拙者にはパウンドケーキとの違いが『形状』しか認められない『揚げないドーナツ』であるヘルシー系『焼きドーナツ』か、
揚げてあるものとしては、キラキラ眩しいトッピングが施されたり、クリームがはみ出さんばかりに詰め込まれた『映える』系ドーナツのことを指すようでして。

もしくは、もう少しこっち寄りの若者(一体何歳なんだ)ならば、ドーナツ観もギリギリこっち寄りで。基本はミ◯ド。それでも、ミ◯ドのシュガーレイズドは、『懐かしい系』に入るのだと言う、、、。

では君たち、昔むかし、町のパン屋さんの隅っこの方にちんまりと、でも確実に存在していた『タマゴドーナツ』を知らぬと申すか?

もしかして、これをお読みの方々もすでに『何それー?』的にご覧になっているとか、、、(焦り)アレですよアレ!またもやミ◯ドに例えるなら『オールドファッション』のような食感と味わいで。

日曜のお昼に、お母さんがホットケーキミックスを、ドーナツ製造機のようなプラスチックの装置に入れて、輪っか状にひとつひとつ、ポテッポテッと油の中に入れて揚げてくれた、あの味と形状です!(あの味言われてもね、知らん人は知らんよねぇ)

そして、パン屋さんのタマゴドーナツは、円形でありつつ、不思議と表面に角が立ってるんですよね。それがカリリッとして小気味良く、香ばしさもあって美味しかったんだよなぁ、、、

で、
冒頭で申し上げた通り。
ショッキング、
ジェネレーションギャップ、、、

タマゴドーナツ、通じなかったんですよ、こっち寄りじゃない若者にはもちろん、ややこっち寄りの方々にも、、、(だから一体何歳やねーん)

もう、あのタマゴドーナツ、どこにも売って無いのかなぁ、、、

なんて独りごちておりましたらね、救いの天使が舞い降りましたよ。
『あのパン屋さんには、普通に売ってますよ♪』と。

喜び勇んで伺って、懐かしさとともに頂きました、タマゴドーナツ。

ああ、変わらないこの味。食感。

六本松のど真ん中、高級スーパーやTSUTAYAさんと同じ建物の中にある『トランドール グレンドールプラス』さん。

JR九州エリアの方にはお馴染みの『トランドール』さん系列のお店ですね。
筆者が、(ど田舎の)中学生くらいの頃、当時の街のパン屋さんとはひと味違う、都会的な感じとか、目移りしそうな圧巻の品揃えに、『パンのワンダーランドやー』と、ワクワクしながらトングを掴んでいたのを思い出します、、、

最近はトランドールさん自体、なかなかお伺い出来ていなかったのですが、
久しぶりに伺うと、お洒落なデニッシュや、塩パンにくるみを巻き込んだもの(これもめっちゃオススメ!)などなど、『最近の』パン達に紛れて、こういう『懐かしい』ドーナツもちゃんと置いてくださっている、、、



こちらもおすすめの「塩くるみパン」

スーパーでのお買い物ついでに、家族みんなで訪れて、みんながそれぞれ好きなパンを見つけることができる。
進化しつつも変わらぬトランドールさんらしさがありました。
こういうパン屋さん、ほんとうにありがたいですね、、、(^-^)

* * *

GRAIND'OR +(グレンドール プラス)六本松421店
住所:〒810-0044 福岡県福岡市中央区六本松4丁目2−1 1F [map]
営業時間:7:00-21:00
駐車場:施設駐車場あり
お問い合わせ:092-791-4088
公式サイト(トランドール):https://www.traindor.com

成長都市福岡

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

入居率99%

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

関連タグ:
#パンオタクが選ぶ福岡パン
#福岡グルメ
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
パンブロガー
pantiki
福岡在住。色々なパンを食べ歩き、「ひとパン入魂」を心に紹介するパンブログを10年以上運営。2020年には福岡市城南区別府に、ブログを三次元化させたパン喫茶「kissaten ぱんフレット。」をオープン。オリジナルのメニューの提供のほか、ロスになる前のパンにアレンジを加え、ストーリーと一緒に味わってもらう「パンのバトン活動」を続けている。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP