パンオタクが選ぶ福岡パン

ドラマのあの子も食べていそう。ソーセージが美味しい、Pan cosaoの「ビールのアテ」【福岡県春日市】

福岡で10年以上パンブログを続け、2020年には城南区別府にパン喫茶をオープンさせた「pantiki」さん。毎日をリープアップしてくれる福岡のパンを、「ひとぱん入魂」の気持ちで1つずつご紹介いただく新連載。17回目の今回は、福岡県春日市にあるPan cosaoさんの「ビールのアテ」です。

テレビで出てきたモノを食べたくなることが
ありますよね?

グルメ番組でも良いんですけど、好きなドラマで、食事のシーンが出てくると、それがただのインスタントラーメンであっても、美味しそ、、、。ゴクリ。
と、唾を飲んでしまいます。

もう、放映は終わったんですけど、『僕の姉ちゃん』っていう、益田ミリさんの漫画が原作のドラマがまさにそれで。

自炊しないのかい?と突っ込みたくなるほど、この姉弟の2人暮らしにはインスタント麺か、スーパーのお惣菜しか出てこない。出てきたとしても、珍しくクック◯ッド見たんだよ、とか、素直に『料理上手(もしくは料理好き)では無い』ことを認めている設定。

最近の『丁寧に暮らしましょう』的な傾向と逆行してるような感じ、それも良くて。
もともと、原作も好きだったんですが、役にどハマりな主演の2人も好きだし。見えないけど、きっとこのドラマのスタッフも好き。
構成というか、衣装から小物から、そのセンス、何から何まで好き。見ていてウキャ~って言いたくなる。実際は言わないですけどね、めっちゃ集中してみてますから。でも心では、ワンシーンごとに うきゃ~!言うてます。

あ、唯一違うのは、
姉ちゃんってホワイトロリータが好きなんですよ。(ブルボンの)私はホワイトチョコが苦手なので、懐かしい系のお菓子なら東鳩ハーベストが好きです。(知らんがな)

で。

僕の姉ちゃんにパンが出てきてたら良いんですけどね(出てこんのかーい)

でも、ふと考えてみると、『自分が好きな』日本のマンガやドラマで食べたくなったことがあるのは、ドラえもんのどら焼きとか、となりのトトロで、さつきちゃんが作ったお弁当とか、、、パンじゃないんですよ。

あんパンマンの頭はね、何か食べれないです。日本の、って書いたのは、海外のドラマや映画だと、必然的にパン食が多いので、食べたことがないパンや、パンを使ったメニューを食べたくなるのです。

そして前述通り、ドラマの僕の姉ちゃんにはパンが出てこないんだけど、ぜったい食べてるはずなんです。(どこからくる自信?)そのパンは何だろうって、勝手な妄想なんですけど、考えだすと楽しくて、ニヤニヤが止まらない。
絶対流行りのパンではないはず、そんな2人だもの。

そして、モノより人を見て買ってるはず。従業員いっぱいいる大きなお店じゃなくて、昔ながらのパンがあって、レジにはお母さん、作ってるのはお父さん、みたいな。

選ぶパンは何だろう、、、
姉ちゃんは、直感型の人だから、ちょっと想像がつかないなぁ、、、その時の気持ち次第だろう。

『僕』はひょろっとした細身のオトコノコで、椅子の上で体操座りするような子。そんな子には、なんか、ソーセージ食べて欲しい。ソーセージが挟まったパン。スーパーとかで売ってる、丸ごとソーセージ、似合いそうだな。悩みながらも、ついいつも、同じの買っちゃうんだよね、なんて言いながら。

ドラマの余韻に浸りたくて、同じようなパンが食べたくなる。でも、スーパーのパンじゃコラムになりませんので(笑)ソーセージ挟まってるパン、、、を考える。

あぁそうだ、コサオさんの、美味しい美味しい腸詰めパンがあったじゃないか。

これ食べたら、丸ごとソーセージを食べつけてる『僕』も、『丸ごとソーセージのA級版だー!』と嬉しそうに、体操座りしてるお尻を、ゆらゆらとゆりかごのようにしながら喜ぶに違いない。

かくいうわたしの夫も、丸ごとソーセージが好きで、普段、サラリーマンランチでパン買うときの『いつメン』らしいです。

そんな夫が、コサオさんのこのパンを食べて、『このソーセージうまい、、、』と驚いていたから。『僕』にも食べて欲しいんだー。

しかし夫よ、丸ごとソーセージを、『まるソー』と略すほどに愛していることは、あんまり外で言わないでおくれ。

* * *

Pan cosao
住所:〒816-0811 福岡県春日市春日公園7丁目74−102[map]
営業時間:8:30〜18:00
定休日:月・火曜日
駐車場:あり
電話:070-8414-2784
Instagram:@pancosao(https://www.instagram.com/pancosao/?utm_medium=copy_link)

いま狙い目!福岡のブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資に迷ったら資産価値の高い「ブランドマンション」が堅実

Sponsored

🥐合わせて読みたい

心と身体の栄養剤。ルヴァン・パストリーの「ピスタチオダマンドのブルーベリールヴァンデニッシュ」【福岡市東区】



サクサク感とバター感のドンピシャバランス。KEIZO bakeryの「クロワッサン」【福岡市西区】


関連タグ:
#パンオタクが選ぶ福岡パン
#福岡グルメ
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
パンブロガー
pantiki
福岡在住。色々なパンを食べ歩き、「ひとパン入魂」を心に紹介するパンブログを10年以上運営。2020年には福岡市城南区別府に、ブログを三次元化させたパン喫茶「kissaten ぱんフレット。」をオープン。オリジナルのメニューの提供のほか、ロスになる前のパンにアレンジを加え、ストーリーと一緒に味わってもらう「パンのバトン活動」を続けている。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP