おもたせスイーツ

本格派の和菓子から昔懐かしいお菓子までが並ぶお店『和菓子×駄菓子 ひつじや』

南区大橋にある、和菓子と駄菓子のお店ひつじやには、かわいい商品がたくさん並んでいます。

宇美町「季のせ」からつなぐ、職人の本格派和菓子

今回ご紹介する『和菓子×駄菓子 ひつじや』は、宇美町の宇美八幡宮の中にある和菓子店「季のせ(ときのせ)」の新店舗として、福岡市南区大橋に誕生しました。
お店の入り口のひつじのマークと、ひつじに見立てたのれんが目印です。

和菓子と駄菓子のお店ひつじやには、インパクトのある商品がたくさん並んでいます。本格的な和菓子から懐かしい駄菓子まで、『これかわいい』と惹かれるものばかり。

シンプルなお店に並ぶ宝物のような駄菓子と和菓子は、目移りしそうな種類の豊富さです。

カウンターに並ぶラインナップの中から、気になるお菓子をみつけてみましょう。

和菓子でおすすめしたい2つの商品

シンボルのひつじが可愛い羊かん

和菓子でおすすめしたい羊羹は、丸い筒の形。表には、かわいいひつじのマークがプリントされています。

味ごとにパッケージの色を変えて販売されており、小豆と抹茶・ソーダ味の3種類です。(価格:450円)

私はソーダ味の羊かんを口にしてみました。「ソーダ味の羊かんってどんな感じ?」と気になると思うのですが、例えるなら・・・スッキリとした軽い甘さのあるサイダー味の飴のような感じ。炭酸のしゅわしゅわ感こそありませんが、香りはまさにソーダを飲んでいる時と同じです。

食べ方は、外容器の底をぎゅっと押してリップのように出し、付属の糸を使って切るスタイル。つるんと出てくる羊かんがかわいいです。

丁寧に手作りされている季節の大福『ブルーベリー大福』

見た目が綺麗なブルーベリー大福は、夏の期間限定商品。お店では、季節の和菓子を楽しみに来られる方も多いそうです。
キラキラの刻んだ錦玉羹とフレッシュなブルーベリーののった大福は、口に入れると溶けてしまいそうなくらいやわらかい食感。パッションフルーツヨーグルト餡が入っていて、口の中で餅と交わり、食感も味も優しい大福です。

カウンターには、1つずつ和菓子職人が丁寧に作った和菓子が他にも販売されていますので、お気に入りを店頭で探してみてください。

駄菓子のおすすめ商品

おもちゃのような飴「おはじき」

和菓子に続いてご紹介するのは、"おはじき"と書かれたこちらの商品。職人技を思わせる手作りの飴細工は、透かしてみたくなる繊細さと透明感があります。

色も綺麗で、ちょっとしたお礼などにこのまま一言添えて渡すだけで喜ばれそうですね!
味は素朴な甘さで、飽きがきません。1個・・・またもう1個と口に入れたくなる優しい甘さです。

ふわふわのひつじのような綿菓子「WOOL」

最後にご紹介したいのは、店の中で特に目を引く綿菓子「WOOLです。正面カウンターの左側に並んでいます。
ふわふわの綿菓子が、ウールのようでしょう?お店で直接手にして、かわいさと味を楽しんでみてください。(価格:税込173円)

心惹かれる、贈り物にぴったりのラッピング

和菓子を買うと箱に詰めてくださり、ロゴが可愛いラッピングをしてもらえます!
紙袋もとってもキュートなので、お店を出る時にはとてもワクワクしています。

商品を選んで、箱詰めもできます。予算を伝えて店員さんにお願いすることもできるので、相談しながらかわいい駄菓子ギフトを作ってみましょう。おもたせにはもちろん、自分や子どものおやつとしてもお勧めです。

期間限定の商品や注目の商品などのお店の情報は、インスタグラムからチェックをしてみてください。

和菓子×駄菓子 ひつじや
■住:福岡市南区大橋3-26-8
■TEL:092-408-6010
■営:10:00〜18:00
■休:不定休
■駐:店舗裏手に契約駐車場あり
■Instagram:​​https://www.instagram.com/hitsujiya

会社員の不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

関連タグ:
#福岡グルメ
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP