「第364回 筑後川花火大会」が8月27日(日)に開催!西日本最大級の花火大会として4年ぶりに復活します!【福岡県久留米市】

福岡県久留米市で約350年間続く九州エリアの夏の風物詩「第364回筑後川花火大会」が、8月27日(日)に開催されます!打ち上げ数は約15,000発!西日本最大級の花火大会として4年ぶりに復活です!

筑後川花火大会について

 

筑後川花火大会は、1650年(慶安3年)の水天宮落成祝賀を始まりとし、350年以上の歴史を持つ西日本最大級の花火大会です。久留米はもとより、筑後地区一円の人々に古くから親しまれてきました。

 

第364回目を迎える今回は、昨年から7,000発増やした約15,000発の打ち上げ花火が70分間打ち上がります。

 

昨年までは、コロナ禍の影響で規模を縮小して実施されていましたが、今回4年ぶりに西日本最大級の花火大会として復活!8月27日(日)に開催されるんです!

 

観覧会場は京町会場、篠山会場、小森野会場、長門石会場、みやき会場の五か所。そして、河川敷には約350もの露店が軒を連ねます。

 

 

 

現在、相次ぐ物価高騰によって費用の確保が困難となり、有料席を設ける大会ややむなく中止の判断をする大会もある中で、筑後川花火大会は無料での開催を維持しています。

(※)一部、協賛企業向けの招待席エリアあり

 

さらに、昨年のライブ配信では視聴数約8万人と大好評を受けたことから、今年も引き続きYouTubeでのライブ配信が行われます。

 

遠方にお住まいの方もご自宅で筑後川花火大会をお楽しみいただけます!

 

 

開催地の久留米市について

 

福岡県南西部に位置する久留米市は、筑後川の恵みに育まれた自然豊かな街です。

 

江戸時代には久留米有馬藩の城下町、近代以降は久留米絣に代表される伝統工芸やゴム産業など「ものづくりのまち」として発展してきました。

 

ラーメンや焼きとり、日本酒、フルーツなどの多彩なグルメをはじめ、様々な魅力にあふれています。

 

人口10万人あたりの医師数は、全国の政令市、中核市トップクラスで、医療環境が充実しているのも特徴です。

 

 

「第364回 筑後川花火大会」開催概要

開催日時:2023年8月27日(日)  19:40~20:50(約70分間)

観覧会場:京町会場、篠山会場、小森野会場、長門石会場、みやき会場の計5会場

発揚場所:筑後川河川敷 久留米市長門石(ゴルフ場)河川敷、久留米市小森野町(久留米高専南)河川敷

打上発数規模:約15,000発

主催:筑後川花火大会実行委員会

交通アクセス:JR鹿児島本線久留米駅から徒歩約10分

会場周辺は交通規制もあり大変混雑いたしますので、公共機関のご利用がおすすめです。

配信YouTubeリンク:https://www.youtube.com/watch?v=EPwULPU85AI

 

 

 

花火大会と一緒に楽しみたい久留米市の夏の風物詩

なお、久留米市では、この時期「高良大社 献灯祭」や「第64回 篠山城跡鈴虫まつり」など、久留米の夏の風物詩とも言えるお祭りやイベントが開催されます!

 

 

漆黒の闇に浮かぶ灯籠の灯り「高良大社 献灯祭」

 

 

8月1日(火)から8月31日(木)まで、131段の石段の両側にある灯籠に灯りがともされます。漆黒の闇に浮かぶ灯籠の灯りは、久留米の夏の風物詩となっていて、展望所から望む夜景も楽しめます。

 

開催場所:福岡県久留米市御井町1番地 高良大社

開催期間:2023年8月1日(火)~2023年8月31日(木) 19:00~23:00

料金:参加無料 

駐車場:あり

 

 

ぼんぼりの明かりと鈴虫の音色がロマンチックなお祭り「第64回 篠山城跡鈴虫まつり」

 

昭和35年、市内で理髪業を営んでいた故・中島茂晴氏が、自ら飼育した鈴虫5,000匹を篠山神社に奉納したいと申し出たことから始まり、その後60年以上も続いている久留米のお祭り。

 

ぼんぼりの薄明りの中、鈴虫の音色を神様に奉納し、ひと夏を振り返ることのできる豊かなひと時を過ごせます。

 

 

開催場所:福岡県久留米市篠山町444 篠山神社

開催期間:2023年8月26日(土)

ぼんぼり展 展示開始:13:00~、点灯:18:30~20:30

鈴虫(有料)頒布 19:50~ ※予約優先。鈴虫の数には限りがあります。

神事 19:00~19:30(神職および来賓のみ)

料金:参加無料 ※鈴虫頒布: 1カゴ(5匹)400円

駐車場:城址駐車場または近隣の有料駐車場(路上駐車不可)

 

 

びしょ濡れでつくる久留米の夏の思い出「ウォーターフェスタ in 久留米市中央公園」

久留米市中央公園芝生広場で開催され、暑い夏におもいっきり水遊びできるイベント「ウォーターフェスタ in 久留米市中央公園」。

 

様々なプール・遊具があり小さいお子様におすすめの『プールエリア』や、水鉄砲を使った『ウォーターサバゲー』、雑貨やワークショップ、キッチンカーなど約20店が出店される『マルシェ&キッチンカー』が行われます。

 

 

開催場所:久留米市中央公園 芝生広場(福岡県久留米市東櫛原町1713)

開催日時:2023年8月27日(日)10時~16時

主催:KURUMERU

料金:参加無料 ※マルシェ・キッチンカー・サバゲーは有料コンテンツです。

 

 

久留米市では、西日本最大級の花火大会として復活する「筑後川花火大会」はもちろん、その他のイベントでも夏を満喫できそう。ご家族やご友人と一緒にぜひお楽しみください!

 

 

合わせて読みたい

福岡市「夜の動植物園2023」毎週土曜開催中!9月9日まで
https://fukuoka-leapup.jp/tour/202308.12539

 

「アジアンマーケットフェスタ2023」9月6日~10日まで開催
https://fukuoka-leapup.jp/tour/202308.13134

 

【2023年路線価】都道府県別での上昇率ベスト3は北海道、福岡県、宮城県。調査地点の上昇率で全国トップは久留米市東町の19.1%増
https://fukuoka-leapup.jp/biz/202308.10272



20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資に迷ったら資産価値の高い「ブランドマンション」が堅実

Sponsored

成長都市福岡1-F

関連タグ:
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
ライター
久原茂保
2001年より福岡発のカフェ情報サイト「CAFE@TRIBE(カフェ・トライブ)」を開設。以来、20年以上に渡り福岡県を中心に数多くのカフェを訪れ、日々取材活動に励んでいる。近年はカフェアドバイザー業やカフェのリブランディング、カフェプロモーションなどカフェ業界の知見とネットワークを活かしたオンリーワンな事業を展開中。グラフィックデザインやWEBデザイン、広告コンサルも。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP