福岡市「夜の動植物園2023」毎週土曜開催中!9月9日まで

福岡市動植物園にて、夏の大人気イベント「夜の動植物園」が2023年も開催中(毎週土曜日9月9日まで)。今回は、2023年の楽しみポイントを紹介します。

福岡市「夜の動植物園」って?

福岡市夜の動植物園

 

福岡市動植物園が開園時間を延長して実施する、夏の大人気イベント「夜の動植物園」。1998年(平成10年)に開始して以来、子供はもちろん大人も楽しめるイベントとして、毎年多くの方が来園します。

 

最大の魅力は、ライオンやヒョウなど夜行性動物の生態や行動、夜にしか咲かない花などが観察でき、夜ならではの貴重な体験ができることです。

 

例年実施されているスポットガイドに加え、2023年は、GW中大好評だった「もぐもぐタイム」も夜実施されます!「ペンギンエリアのライトアップ」、新しくオープンした「ボタニカルライフスクエア」など見どころも満載!

 

今回は、2023年の楽しみポイントをご紹介します。

「夜の動植物園2023」開催概要・場所・アクセス

 

2023年も8月から9月の第2週まで毎週土曜日に開催!夜の動植物園開催時は、周辺道路が大変込み合います。公共交通機関での来園がおすすめです。

 

【夜の動植物園2023】
■開催日: 2023年8月から9月第2週目までの毎週土曜
(8月5日・12日・19日・26日・9月2日・9日 計6日)
■開催時間: 9:00~21:00 (入園は20:30まで)
■入園料: 大人600円、高校生300円、中学生以下無料
■場所: 福岡市中央区南公園1-1 [MAP]
■アクセス: 地下鉄「薬院大通駅(動植物園口)」下車2番出口より徒歩15分/西鉄バス博多方面から「博多駅前B」58番で約20分、天神方面から「天神協和ビル前(10)」56・57番で約20分
■公式サイト: https://zoo.city.fukuoka.lg.jp/information/detail/843

 

 

「夜の動植物園2023」楽しみポイント7選

2023年の楽しみポイントをご紹介。新企画も目白押し!週末は、夜の動植物園へGO!

 

 

1.【もぐもぐタイム】夜ならではのワクワクドキドキ体験!

福岡市夜の動植物園トラ

 

魅力はなんといっても、夜行性動物のいきいきとした姿や、ライトに照らし出される美しいフラミンゴなど、昼間とは違った動物園が楽しめること。

 

福岡市夜の動植物園フラミンゴ

 

飼育員によるスポットガイドや、今年のGWに開催しに大好評だった「もぐもぐタイム」を園内多くの箇所で実施。

 

食べるという動物らしさを最大限発揮する場面を通して動物本来の姿、能力を観察・発見することもできる絶好の機会です。

 

*スポットガイド・もぐもぐタイムの実施時間は、こちらより
*オランウータン、チンパンジーなど霊長類は夜は観ることができません。
*動物は2020分頃から順次寝室に移動します。

 

 

2.【ペンギンエリアライトアップ】幻想的な雰囲気にうっとり!

福岡市夜の動植物園ペンギンライトアップ

 

2022年1月にリニューアルした「ペンギンエリア」が、夜の動植物園限定でライトアップされまる。これまで体験したことがない幻想的なペンギン観賞をお楽しみください。

 

 

3.【ボタニカルライフスクエア】夜の植物園も見どころ満載!

福岡市夜の動植物園ボタニカルライフスクエア

 

芝生広場に20233月にオープンしたボタニカルライフスクエアを中心に、夜のイベントが楽しめます。2023年は、芝生広場の池が芝生ステージに大変身!

 

▼「ボタニカルライフスクエア」こちらの記事もご覧ください
https://fukuoka-leapup.jp/city/202303.1247

 

・「夏夜のグリーンパーク」光と音と遊び空間

池ステージでは、アジアンテイストのDJブースも登場。光る花冠のワークショップや光るブランコも!ケバブ・クレープなどが日替わりで登場するキッチンカーにマルシェのごはんまで。飲み物を片手に芝生の上でゆっくり夏夜を楽しめます。

 

・「展望台カフェ」の夏限定バーベキュー

毎年大好評の夜景を楽しみながらBBQ!佐賀牛とビールで最高のひと時を味わえます。

 

*BBQは事前予約が必要: 070-5594-6108
*営業時間: 15:00~21:00(L.O.20:30)

 

 

4.【温室ライトアップ】植物×光で究極のSNS映えスポット!

福岡市夜の動植物園温室ライトアップ

 

植物と光のコラボによるSNS映えのスポット!また、サガリバナやパラグアイオニバスなど、夜になると咲く花と共に温室ライトアップが楽しめます。

 

 

5.【開花ショー】オオマツヨイグサの花が目の前で開く!

福岡市夜の動植物園開花ショー

 

「目の前で花が開く」という、レアな体験を楽しむことができます。日の入りから30分程度が開花の瞬間のチャンスです。この機会お見逃しなく!

 

【開花予想時刻 (日の入り)】
85()19:15
812()19:08
819()19:01
826()18:52
92()18:43
99()18:34

 

 

6.【わくわくワークショップ】夜の動植物園がもっと楽しくなる!

 

動物情報館ZooLabでは、夜の動植物園がもっと楽しくなる「光る虫よけやキーホルダーづくり」など、動物に関連して楽しく学べるワークショップが開催されています。(819日以外は、当日12時から配布される整理券が必要)

 

*開催内容・時間などは、こちらより

 

 

7.【フード・ビール・かき氷】夜限定のメニューで開放的な夜を!

福岡市夜の動植物園フードビール

 

動物園正門のカフェラソンブレでは地産地消の食事やクラフトビールなどが堪能できます。ギフトショッププチモンドでは光るグッズを販売。

 

福岡市夜の動植物園ペンギンかき氷

 

こども動物園横食堂では、夜限定メニューの「ペンギンかき氷」と「フルーツパンチ」を販売するほか、近くの旧科学館横テントでは、光るヨーヨー釣りも開催されます。

2023年夏夜の週末は、大人も子供も「夜の動植物園」へGO

福岡市夜の動植物園観覧車

 

2023年は、2年ぶりの完全開催!感動体験を味わいに今度の週末、お出かけは「夜の動植物園」はいかがでしょうか。

 

【夜の動植物園2023】
■開催日: 2023年8月から9月第2週目までの毎週土曜
(8月5日・12日・19日・26日・9月2日・9日 計6日)
■開催時間: 9:00~21:00 (入園は20:30まで)
■入園料: 大人600円、高校生300円、中学生以下無料
■場所: 福岡市中央区南公園1-1 [MAP]
■アクセス: 地下鉄「薬院大通駅(動植物園口)」下車2番出口より徒歩15分/西鉄バス博多方面から「博多駅前B」58番で約20分、天神方面から「天神協和ビル前(10)」56・57番で約20分
■公式サイト: https://zoo.city.fukuoka.lg.jp/information/detail/843

 

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

ブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

成長都市福岡1-F

関連タグ:
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP