九州初出店!Z世代向けの「キラキラドンキ」が博多マルイ3階にオープン!【福岡市博多区】

6月28日、福岡市博多区博多駅前の「博多マルイ」3階に「キラキラドンキ博多マルイ店」がオープンしました。「キラキラドンキ」はドン・キホーテの中でも主にα~Z世代向けのアイテムを取り扱う店舗形態。今回の「キラキラドンキ博多マルイ店」は全国で6店舗目、九州では初めての出店となります。

キラキラドンキとは?

キラキラドンキ ダイバーシティ東京 プラザ店

画像出典:https://www.watch.impress.co.jp/docs/topic/1474160.html

 

「キラキラドンキ」は、2022年5月に東京・台場エリアの「ダイバーシティ東京 プラザ」内にドン・キホーテの新業態店舗としてオープンしました。

 

取り扱う商品は、お菓子などの食品や化粧品、雑貨がメイン。通常のドン・キホーテは日用品から家電まで多彩なジャンルの商品構成ですが、キラキラドンキは1つのカテゴリに特化した「カテゴリ特化」を特徴としています。

 

「カテゴリ特化店舗」として最初に展開したのは、2021年5月に東京駅八重洲地下街(ヤエチカ)にオープンした「お菓子ドンキ・お酒ドンキ」。その後、特化型業態に手応えを感じ、化粧品専門店の「コスメドンキ」、さまざまな種類の辛さを集めた「驚辛(きょうから)ドンキ」といった様々な「○○ドンキ」を展開するようになります。

 

その一環として、ダイバーシティ東京への出店を機に、若年層との親和性が高いカテゴリの「お菓子やコスメ」を中心に取り扱う「キラキラドンキ」が誕生しました。

 

ちなみに「キラキラドンキ」という店名は、現場のZ世代の社員からの提案が採用されたんだそうですよ。

 

出典:https://www.watch.impress.co.jp/docs/topic/1474160.html

 

 

博多弁ステッカーも登場!Z世代向けのアイテムを豊富に品揃え

キラキラドンキ博多マルイ店では、Z世代のトレンドでもある韓国関連の商品を多数ラインナップしています。

 

人気商品の韓国コスメや健康食品を筆頭に、現在韓国で流行している、針や糸を使わずモールだけで作るハンドメイドドール「モールドール」のコーナーや、韓国発の個性派雑貨ブランド「168㎝」のアイテム、さらに日本国内では販売していないK-POPアイドルのグッズも販売されます。

 

韓国関連商品以外には、全国のドン・キホーテで人気となっているカラーコンタクトレンズやインバウンド客から人気があるグミや駄菓子、立体型のマシュマロなどの菓子類も充実しています。

 

画像出典:https://www.ryutsuu.biz/store/q060716.html

 

さらに、ドン・キホーテ店内で見かけるフォント「ドンキ文字」で描かれた「博多弁ステッカー」も販売されるんです!これは博多土産としてもおすすめです。

 

コンサートやイベントの必需品!推し活グッズも充実!

博多には演劇場・ドーム型野球場・音楽ライブ会場といった「推し活」に参戦できるスポットが多いことから、推し活応援グッズが強化されているのも特徴。

 

推しの名前を組み合わせて作るキーホルダー「推し活スティック」、メタリックな手持ち型バルーンに推しの名前を付けられる「推しバルーン」、スマートフォンでは映しきれない、エモーショナルな雰囲気が醸し出されることで人気の「レンズ付きフィルム」「インスタントカメラ」なども取り扱っています。

 

 

オリジナルブランド「me&do(ミーアンドドゥ)」も展開!

女性主体の商品企画チーム「me&do」

画像出典:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2406/11/news158.html

 

さらに、オリジナルブランド「me&do(ミーアンドドゥ)」コーナーを、キラキラドンキでは初めて本格展開されます。

 

同ブランドは、ドン・キホーテ運営会社であるパン・パシフィックインターナショナルホールディングスの女性社員による、女性のための商品開発プロジェクトから誕生したブランド。

 

学校や職場などで水分補給に使えるモチベーションボトルやスマートフォンポーチ、体に対する悩みを解決する加圧式インナーといった、働くZ世代向けの商品が販売されます。

 

 

「キラキラドンキ博多マルイ店」のある「博多マルイ」は、福岡の交通網の中でも中心的な役割を果たす博多駅に直結している上、21:00まで営業しているので、学校や仕事帰りに気軽に立ち寄れるのもうれしいところ。

 

博多駅横にZ世代向けの新スポット誕生ですね!

 

 

キラキラドンキ博多マルイ店

住所:福岡市博多区博多駅中央街9-1 博多マルイ3階

営業時間:10:00~21:00

定休日:なし

アクセス:JR各線・福岡市営空港線「博多駅」博多口から徒歩約3分

売場面積:260.7平方メートル

商品構成:食品、日用消耗品、家庭雑貨品、化粧品、カラコン、玩具・バラエティ、家電製品、衣料品、スマホパーツなど

駐車台数:約200台(施設共有)/駐輪台数:約800台(施設共有)

公式サイト:https://www.donki.com/store/shop_detail.php?shop_id=690

 

 

 

参考サイト

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2406/11/news158.html

https://www.ryutsuu.biz/store/q060716.html

https://news.mynavi.jp/article/20240611-2963535/

https://www.watch.impress.co.jp/docs/topic/1474160.html

 

合わせて読みたい

もっと旅が便利になる!九州初の手荷物サービス「Crosta博多」がJR博多駅構内に7月1日(月)開業!【福岡市博多区】

https://fukuoka-leapup.jp/city/202406.33633

 

 

幻の手羽先が看板商品の「世界の山ちゃん」がついに福岡上陸!博多バスターミナル店オープン!

https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202406.33299

 

 

【2024年7月版】福岡のエンタメ情報:コンサート・舞台・映画・展覧会

https://fukuoka-leapup.jp/entertainment/202406.32568

 

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

 

さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

 

資料請求バナー

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

関連タグ:
#ニューオープン
#まちと暮らし
#商業施設
この記事をシェア
LINE
ライター
久原茂保
2001年より福岡発のカフェ情報サイト「CAFE@TRIBE(カフェ・トライブ)」を開設。以来、20年以上に渡り福岡県を中心に数多くのカフェを訪れ、日々取材活動に励んでいる。近年はカフェアドバイザー業やカフェのリブランディング、カフェプロモーションなどカフェ業界の知見とネットワークを活かしたオンリーワンな事業を展開中。グラフィックデザインやWEBデザイン、広告コンサルも。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP