ありがとうの森プロジェクト

水と緑が調和する未来への一歩

水源の未来を担う若者たち:福岡地区水道企業団と高校生の「ありがとうの森プロジェクト」

福岡地区水道企業団は、福岡都市圏の6市7町1企業団1事務組合により構成され、福岡都市圏への水道用水供給事業を行っています。現在、福岡地区水道企業団は水道水の約1/3を賄ってくれている筑後川の水源に対し感謝の気持ちを伝える「ありがとうの森プロジェクト」を展開しています。本記事では、福岡地区水道企業団の歴史と「ありがとうの森プロジェクト」について紹介します。

福岡地区水道企業団は、福岡都市圏の671企業団1事務組合により構成され、福岡都市圏への水道用水供給事業を行っています。現在、福岡地区水道企業団は水道水の約1/3を賄ってくれている筑後川の水源に対し感謝の気持ちを伝える「ありがとうの森プロジェクト」を展開しています。本記事では、福岡地区水道企業団の歴史と「ありがとうの森プロジェクト」について紹介します。

 

 

 

福岡地区水道企業団の歴史

 福岡地区水道企業団は、1973年に設立。福岡都市圏の671企業団1事務組合により構成され、福岡都市圏への水道用水供給事業を行っています。

 

 

現在、筑後川水系からの導水、多々良川水系の鳴淵ダム、那珂川水系の五ケ山ダム、平成17年度から稼働を開始した海水淡水化施設により、1日最大約27万立方メートルの水道用水を供給しています。

 

また、1日平均供給水量は約24万立方メートルであり、これは福岡都市圏の水道使用量の約4割に当たります。

 

構成団体は以下の通りです。

●福岡市

●筑紫地区:大野城市、筑紫野市、太宰府市、春日那珂川水道企業団

●糟屋地区:古賀市、宇美町、志免町、須恵町、粕屋町、篠栗町、新宮町、久山町※

●宗像地区:宗像地区事務組合

●糸島市

※久山町は未給水団体です。(給水団体は661企業団1事務組合)

 

かつては度重なる渇水にも悩まされた福岡都市圏ですが、筑後川からの取水などの水源開発や海水淡水化センターの整備などにより、現在では私たちは水が足りなくなる不安から解放されています。しかし、だからこそ、この日常を当たり前とせず、改めて水源や取り組み、地球環境について考える必要があります。

 

そこで、今年企業団の設立50周年を迎えた記念事業として、「ありがとうの森プロジェクト」が実施されています。

 

 

 

「ありがとうの森プロジェクト」の概要

「ありがとうの森プロジェクト」は、福岡地区水道企業団設立50周年を記念して、福岡都市圏の皆さんから水源地域(筑後川流域等)への感謝の言葉を集め、 集まったたくさんの「ありがとう」を目に見えるかたちで水源地域にお届けするプロジェクトです。

インターネット等で「ありがとう」を集めており、9/1現在、3,000通以上のメッセージが寄せられています。

 

そして同時に、「ありがとう」を伝える活動そのものを、地元の高校生とともに進めています。

  

 

 

50周年記念事業「筑後川へのありがとうを集めよう!」

福岡地区水道企業団の50周年記念事業の一環として、城東高校と福岡女子商業高校の生徒たちが主体的に参加する「筑後川へのありがとうを集めよう!」プロジェクトを展開しています。このプロジェクトでは、筑後川への感謝の気持ちを言葉として集め、伝える取り組みが行われます。

 

プロジェクトのスケジュール

85日(土): 福岡市水道局と共催、トークイベント「筑後川にありがとうを届けたい」

8月~9: 活動期間(SNSによる情報発信等、メッセージ収集)

826日(土): 「筑後川へのありがとうを集めよう!街頭キャンペーン」参加

1014日(土): 企業団50周年記念式典内で活動紹介

 

高校生が参加する「街頭キャンペーン」の内容としては、福岡都市圏の特殊な水事情などを説明するパネル展示、来場者による「ありがとう」で緑をいっぱいにする募集活動(記念品あり)、高校生が関わってきたプロジェクトの紹介展示、などを展開しており、1014日の企業団50周年記念式典でも紹介される予定です。

 

両校顔合わせの様子

 

博多駅でのイベントの様子

 

天神地下街でのイベントの様子

 

城東高校文化祭の様子

 

両校の高校生が「都市圏の水事情」について学び、「筑後川への感謝」を「誰から」「どう集め」「どう届けるか」を主体的に企画立案し、実施しているという画期的な取り組みです。

 

また、集まった「ありがとう」は、苗木などの緑を添えて、1014日の記念式典において水源地域に贈呈されます。一人ひとりの「ありがとう」が、水を貯える森、美味しい水を作り出す森につながる、それが「ありがとうの森プロジェクト」なのです。

 

 

 * * *

 

 

高校生たちの取り組みを通じて、私たち大人が水資源について改めて考え、次世代の環境に想いを馳せるきっかけになると思います。

ぜひ、福岡都市圏の方は、下記プロジェクトにご参加ください。

 

 

 

「ありがとうの森プロジェクト」の詳細情報はこちら 

930日まで募集中

https://www.f-suiki.or.jp/thanksforest-contact/

 

 

 

 

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

成長都市福岡1-F

この記事をシェア
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP