【画像】フクリパ短信

【経済・ビジネス短信@フクリパ】

九州がさらに盛り上がる!九州電力が都市開発を手掛けるアセットマネジメント会社を全額出資で設立

天神ビッグバンや博多コネクティッドなどの都心再開発に牽引されるカタチで新たな都市開発も動き始めています。今後、成長分野として期待される、都市開発分野において、九州電力株式会社は子会社を設立し、本格的に参入していきます。

都市開発事業の持続的拡大を目的にした九電子会社が誕生

【画像】フクリパ短信

画像提供:九州電力

 

九州電力株式会社は2024年7月1日、100%出資の子会社として『九電都市開発投資顧問株式会社』を設立する。
九州電力を中核とする九電グループでは、『九電グループ経営ビジョン2030』において、持続可能なコミュニティの共創の実現に向けて、成長分野である都市開発事業の持続的な拡大を掲げている。

 

 

今回、発足する九電都市開発投資顧問は、九電グループ経営ビジョンに基づいて、九州エリアを中心に長期安定運用を目指す私募リート事業に参入し、地域社会における投資機会の創出を図っていく。
九電都市開発投資顧問では設立後、金融商品取引業(投資運用業、投資助言・代理業)や宅地建物取引業などの免許登録を行う。
そして、来年度2025年度に私募リートを組成し、運用を開始する予定だ。

 

 

九電都市開発投資顧問の設立に際し、九州電力株式会社都市開発事業本部アセットマネジメント事業グループでは、次のようなコメントを発表している。
「九電グループは、長年培ってきたエネルギーサービス事業のノウハウに加え、都市開発事業における不動産アセットマネジメント事業の知見も活用することで、九州エリアのまちづくりを推進し、地域社会の発展・活性化に貢献してまいります」

 

 

再生可能エネルギーファンドの組成や運用も検討

【画像】フクリパ短信

画像提供:九州電力

 

九電都市開発投資顧問では、会社設立をステップ1とする。
その後、私募リートを組成し、運用の開始を予定している2025年度をステップ2に想定している。
その後2030年代に掛けてステップ3とする九電都市開発投資顧問では、私募リートの資産規模の拡大を図りながら、ポートフォリオを多様化させていく考えだ。
具体的には、私募リートを活用して、事務所をはじめ賃貸住宅、物流施設、ホテルなどの不動産物件を取得していく。そして、九電都市開発投資顧問はアセットマネジメント会社として、運用管理能力の強化や物件価値の向上を図っていく。

 

 

2040年をめどとするゴール時点では、九電グループで蓄積してきた再生可能エネルギーなどのエネルギーサービス事業のノウハウを活用して、九電グループならではのアセットマネジメント事業を確立させていきたいとする。
この間、再生可能エネルギーファンドの組成や運用についても検討していく。
九電都市開発投資顧問の設立に伴う人材募集として、九州電力株式会社都市開発事業本部アセットマネジメント事業グループでは、「当社の不動産アセットマネジメント事業に興味をお持ちの方はエントリーください」と、コメントしている。

 

 

会社の概要(予定)

会社名:九電都市開発投資顧問株式会社
所在地:福岡市中央区
代表者:未定
資本金:2億円
株 主:九州電力株式会社(100%子会社)
設 立2024年7月1日
事 業:金融商品取引業(投資運用業、投資助言・代理業)及び付帯関連する事業、宅地建物取引業

 

 

参照サイト

「九電都市開発投資顧問株式会社」を設立します ― 九電グループによる私募リート事業への参画
https://www.kyuden.co.jp/var/rev0/0505/0613/Yz5EWcBs.pdf

 

「九電都市開発投資顧問株式会社」を設立します ― 九電グループによる私募リート事業への参画【別紙】
https://www.kyuden.co.jp/var/rev0/0505/0614/Y4sZKStz.pdf

 

「九電都市開発投資顧問株式会社」採用に係るホームページ
https://www.kyuden.co.jp/company_recruitment_saiyou2_special.html

 

 

 

エンクレスト天神南PURE

都心の利便性と穏やかな街の空気を味わえる「エンクレスト天神南PURE」

Sponsored

会社員の不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

【PR】2040年まで人口増が予測される成長都市「福岡」!投資するならマンションがおすすめ。

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンしている昨今。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

 

さらに、人口増加率では東京23区を超え、2040年までの人口増が予測され、日本全体が人口減少となる中でも引き続き成長を続ける都市「福岡」。

その福岡における最新の投資用マンション情報や将来への対策として必要な投資の中でも特にサラリーマンの方におすすめの「不動産投資」が学べるマンガなどの特典を無料プレゼントしています。

 

資料請求バナー

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

▼以下に入力して「不動産投資」が学べるマンガと福岡における最新の投資用マンション情報をもらおう▼

関連タグ:
#不動産投資
#都市開発
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
編集者兼ライター
近藤 益弘
1966年、八女市生まれ。福大卒。地域経済誌『ふくおか経済』を経て、ビジネス情報誌『フォー・ネット』編集・発行のフォーネット社設立に参画。その後、ビジネス誌『東経ビジネス』、パブリック・アクセス誌『フォーラム福岡』の編集・制作に携わる。現在、『ふくおか人物図鑑』サイトを開設・運営する。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP