ビジネスのDX、業務改善のヒントが大集結! 九州最大級の「九州オフィス業務支援EXPO」3/23・24マリンメッセ福岡にて初開催!

新しい年度に向けて、慌ただしい年度末をお迎えのビジネスマンの皆様。確定申告に向けてヒリヒリしている個人事業主の皆様。朗報です。東京・名古屋・大阪で開催され、大盛況のオフィス向け展示会が、ついに九州は福岡に初上陸!今回は、その見どころ、まわり方、楽しみ方から上司攻略法までしっかりご紹介します。

▶「九州オフィス業務支援EXPO」担当の吉原さんに聞いてみた!福岡初開催の背景

 
少しずつ対面での打ち合わせや飲み会も日常に戻ってきて感じること。
「やっぱりリアルっていいよね!」
だからこそ、今回このタイミングで、業務支援にまつわる様々なサービスが一堂に会するイベントが開催されることは本当にありがたい!

しかも、どうやら今回の「九州業務支援EXPO」、企画が立ち上がったのは2022年秋ごろだといいます。実際に企画から出展ブースのとりまとめなど、運営までを統括している(株)イノベントの吉原さんに、企画背景について聞いてみました。

(株)イノベントの吉原さん

吉原さん

弊社では、これまで東京、大阪などで自治体や企業向けに、デジタル化やDXを推進する展示会を開催してきました。東京・大阪・名古屋ではオフィス向けの展示会がほかにも複数あるのですが、その他の地域ではDXの大きな展示会が無く、「地方でこそDXを進める意味がある」と感じていたことから、今回の立ち上げとなりました。

ちなみに、弊社は福岡にて「FOOD STYLE Japan」など、複数の大型イベントをこれまでも開催してきました。ですので、東名阪での実績のほうが多いとはいえ、福岡、ひいては九州の企業様の温度感や抱えておられる課題に関してはそれなりに体感値があります。

そして、東名阪でのDXイベントなどを見ていて感じたのが、九州からの視察企業がとても少ないということ。もちろん、距離的物理的な側面もあると思いますが、それ以上に、「そもそもDXや業務支援、効率化に対する感度がまだまだ低いのではないか」という仮説が立ちました。
実際、その視点をもって九州各地をまわってたくさんの方々にお話を伺ってみましたが、実際小規模事業者が多いこともあってか、なかなかそうした「新しい技術」に対してアレルギーをお持ちの方も多いというご意見を各地でいただきました。
「あぁやはり、だからこそ、リアルで体感できる場所が必要なんだな」
と思ったことが、今回の企画を早急に立ち上げ、なんとか年度末に実施した一番の理由です。

しかしこれは決して九州をネガティブに捉えているわけではなく、「そうした技術に頼らずとも、なんとかまわしていけるリソースがほかにもある」という恵まれた資源があるということだとも考えています。実際、特に福岡の方にはあまり実感がないのかなと思いますが、今回の開催地でもあるマリンメッセ福岡や国際センター、国際会議場など、築港エリアは博多、天神からのアクセスが抜群によく、他地域では考えられないんですね。この立地だからこそ、「わざわざ足を運んでもいいかな」と思えるなと、私たちは思っています。
(福岡の人からすると「よっこいしょ」感がありますが、と編集部がお伝えしたところ、「いやぁ…福岡ほんと恵まれてますね」と吉原さんがぽつりと言われたことを補足しておきます)

お話をさせていただく中で、次の方を紹介してくださったりといった人と人の距離感の近さなども含め、「九州・福岡ならではの良さ」がたくさんあります。だからこそ、そこにDXや業務支援の化学変化が起きることで、さらに大きなポテンシャルアップにつながると感じての企画です。

>>会場の内容を詳細にご紹介 

成長都市福岡

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

マンガでわかる不動産投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP