大切なのは、収入よりも幸福度。コロナで二極化したフリーランスの実態

経済産業省からの「事業復活支援金」の給付がスタートし、フリーランスや個人事業主も対象になっています。コロナから2年が経ち、フリーランスの働き方にも影響が出ているようです。収入が減って転職した人、逆に増えた人。二極化するその実態について、アブローダーがまとめます。

この記事の目次

フリーランス37%収入減


収入が減ったフリーランスと増えたフリーランスの違い


コロナ禍のフリーランスの年収をグラフで比較


不運な人と幸運な人


年収や売上増加を目指す人と幸福を求める人


幸福度を上げる生き方をめざす


結局、人生は試行錯誤


関連タグ:
#フリーランス
#スタートアップ
この記事をシェア
LINE
  • \毎週火曜日配信!飛躍するまち福岡の情報をまとめてお届けするメールマガジン/

登録する

アブローダー
インフルエンサー
アブローダー
福岡住みの旅好き経営者。月8万円で生活できる都市を探す旅をしています。世界各国の語学学校や英会話スクールを20校以上取材して、ブログやツイッターで発信することを仕事にしています。 元銀行員。フリーランス1年目に株式会社を立ち上げ、現在は、福岡を拠点にコスパいい生活をしています。 詳しくはブログにて。

TOP