PR

自由に生きるシングル世代の“切り札”に!賃貸事業のプロによる不動産投資がつくる自分らしい暮らし

仕事に慣れて少し気持ちにゆとりができた20代後半、次に気になるのは将来の暮らしですよね。とはいえ、毎日のように流れる年金や老後の資金についてのニュースを見ても、なかなか実感が湧かないものです。そもそも、何十年も先の自分を正確にイメージできる人の方が少数なのではないでしょうか。 逆に言えば、未来が不確定だからこそ何でもチャレンジができます。そして“若さ”がこれからの人生を切り開くための武器なら、先々への備えはその盾となるもの。 その中でも「不動産投資」は、将来の自分を守りながら、あなたのレベルアップを助ける“切り札”にもなります。 今回は、多くの可能性を秘めたシングル世代の皆様に考えていただきたい不動産投資についてお届けします。

若い世代も挑戦しやすいえんのマンション投資とは?

一般的に、「不動産投資」とは不動産物件を購入して、家賃収入や売却益を受け取る投資です。
不動産物件は、マンションや施設、ビルなど、さまざまな形態がありますが、やはり建物一棟だと気軽にとはいえない金額となります。
さらに、ネットで検索すると、運営管理などの手間がかかるなど、リスクを強調している記事をよく目にします。
 
けれども、目に見える資産があり、入居者がいれば安定した収入が得られる点などメリットもたくさんあります。
何がリスクなのか、どう解決できるのか、その本質を見極めて、自分に有利に動かせるのであれば、不動産投資はあなたの資産形成に大きなプラスをもたらすはず。
 
さらにリスクを軽減して投資へのハードルを下げたいと、えんが提案しているのが、自社ブランドのマンションシリーズ「エンクレスト」の物件です。
こちらは、ビル全体ではなく、部屋単位で購入が可能。価格的に手が届きやすく、賃貸事業に強いグループ企業がサポートするので空室や家賃の徴収といった運営もとてもスムーズ。
不動産投資初心者のシングル世代の方にはまさにぴったりの商品と言えます。
詳しくはこちら
参考:株式会社えん 会社概要
 
 
実際にえんのマンションを購入した20代オーナーのEさんに感想をうかがうと、何より驚いたのが“手軽さ”だったとか。
詳しくお話を聞いてみましょう。 
 

自分が住んでみていい部屋だと思えたことが安心感に

 

医療系の仕事に従事しているEさん。
社会人として2年が過ぎたあたりで、周囲から資産形成や人生設計に関する話を耳にする機会が増えたそうです。

 ―投資についてどんな準備をされていましたか?

Eさん

年金が少ないとか、老後が心配だから副業や貯蓄をこう考えているとか、友達がさまざまな手を考えているのを知ってはいたのですが、自分はまだ大丈夫かなと思ったんです。
仕事が忙しくてじっくり調べたり、試したりする時間は無いし。
漠然とした不安を抱えたまま、先のことだからいいかなと先延ばしにしていました。

 

不動産投資をはじめたきっかけは?
 
Eさん

実は、僕は福岡で就職してからずっとエンクレストに賃貸で住んでいるんですよ。
部屋はきれいだし駅にも近くて、とても気に入っています。

それで、たまたま投資家向けのパンフレットを目にした時に、そういえば自分が住んでいる部屋にもオーナーの方がいるんだなと思って。
ちょっと興味が湧いて、詳しい話を聞きたいなと思っていたところ、今の担当者の方と出会ったです。

 

 

もともとエンクレストの住人でいらっしゃったんですね。
 それなら“投資商品”としての強みもイメージしやすいのでは?

Eさん 

そうですね。

自分が住んでみていい部屋だと感じているから、入居者がいなくて困るなんてことは少ないだろうと。
電話で説明を聞いて、もう契約してもいいかなと思っていました(笑)


 

それは決断が早すぎでは(笑)
 
Eさん

実際にえんの本社に行って営業の方にお話を聞いたのですが、かえって心配されるくらいでした(笑)。
だから、最初にしっかりとリスクの説明とえんならではの対応策を話してくれたんです。
空室になった時や災害時のリカバーなど、いくつか提案もいただきました。


 

リスクの説明のほかに、どんな説明を受けられましたか?
 
Eさん

マンションを購入するに、ローンを組むことができると聞きました。
そこでも現在の収入や生活費など、細かくシミュレーションしてくださって、僕という一人の人間を見た上で無理なく続けられるように考えてくださったのが印象的でした。
僕は最初から乗り気だったので、そんなに詳しくリスクの話はせずとも多分契約ができたと思うんですけど、そこは一切妥協しない。
そのスタイルを目の当たりにして、えんという会社自体を信頼できるなと。


 

貯蓄感覚で無理せず続ける今の自分に合った投資スタイルを

実際に、費用面などの負担はいかがでしたか?
 
Eさん

毎月の支払いには家賃収入をあてられるので、負担と言っても貯蓄をしていると思えばよくて、無理をするとか節約するとか、そういったことは全く必要なかったんですよ。
だから厳しいと感じたことはありませんでした。
実は僕、一気に2物件契約したんです。


 

えっ!それは思いきりましたね。どの辺りのエリアですか?
 
Eさん

姪浜と中呉服です。
二カ所とも昔から人気のエリアみたいですし、県外出身で土地勘の無い僕にもわかりやすく、エリアの特徴から開発情報まで話してくださったんです。
しかも、姪浜は地下鉄の始発だから座れるとか、人や街があたたかいとか、海や山が近くてオフも楽しめるとか、実際の住民の声をリサーチしてきてくれたんです。

 

それだけ人気の土地の物件を2件も購入して、月々の生活費を圧迫しないとは驚きです。
 
Eさん

僕が高給取りということではないですよ(笑)。
独身だからひとりで決断できたという部分はあるかもしれませんね。
そして物件を2つ持っていれば、この先何かあって一つを手放しても、もう一つを運用できるでしょう。
そんなに冒険ということでもないんです。


 

なるほど。実際に購入して大変だったことや驚いたことはありましたか?
 
Eさん

う〜ん、銀行の審査をする前はちょっとドキドキでした。
でも、スムーズに融資も決まったし、びっくりするほど時間もかかっていなんですよ。


 

今後は物件を増やしたり、他の投資商品なども考えていらっしゃいますか?
 
Eさん

今やっているもので十分と考えています。
この先、家庭を持つ時になれば、その時にまた考えようかな。

 マンション投資が心に余裕ができて、暮らしを楽しむきっかけをつくる


Eさん的にマンションオーナーに向いているのはどんな人だと思いますか?
 
Eさん

案外誰でもできると思います。
僕も最初はいろいろやることが多いだろうなと思っていたのですが、難しいことは全くなくて。
えんのサポートも充実しているので、まず気軽に話を聞いてみるのもいいのではないでしょうか。

投資をはじめて、自分が変わったと感じる時はありましたか?
 
Eさん

将来への不安はかなり軽減しましたね。
あと、以前に比べてよく出かけるようになりました。目的もなく、街をぶらっと。


 

街に興味が湧いたということですか?
 
Eさん

うーん、それもあるでしょうけど。人の話を聞くことが楽しくて。
一人でふらっと入った飲食店のオーナーとか常連さんとか、はじめて会った人と話して仲良くなることが楽しいんです。
多分、自分の心に余裕ができたから、こういうチャレンジもできるようになったのかと思います。

 

Eさんにとっては、マンション購入がより充実した人生を楽しむきっかけにもなったようですね。
そう考えると、不動産投資は、フットワークが軽いシングル世代の“今”にこそ大きな意義をもたらしてくれるのではないでしょうか?

将来への守りだけではなく、自分の可能性を広げる“攻め”の資産形成。
あなたもえんと一緒に、将来について考えてみてはいかがでしょう?
 

株式会社えんでは、みなさまのお金や将来などのお悩みを解決するオンラインセミナーを実施中です。
お金や老後対策、生命保険、不動産、福岡市の再開発のことなど…6つのセミナーを定期開催しております。
参加費は無料、お好きな場所からスマートフォンやパソコンなどで参加できます。 さらに、初回参加者にはうれしい参加特典も!みなさまどうぞお気軽にご参加ください。

■株式会社えん
「エンクレスト」をはじめとした投資型マンションの販売・提案を行っており、2021年の販売戸数は625戸と福岡TOPクラスの販売実績を誇ります。
また、マンション販売だけでなく生命保険の代理店業務も行っており、投資型マンションと生命保険を組み合わせた提案により、お客さまの人生設計を総合的にお手伝いしています。
 
https://www.enweb.jp/

投資家へのネクストステップ

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

これから必要になってくる投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

最近、注目を集める福岡市のマンション投資の資料請求はこちら!

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンする福岡市。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

人口増加率で見ても、福岡市は東京23区を超えており、2035年まで増加が予想されています。

その福岡市内でも注目の新規マンションのパンフレットと、
不動産投資の魅力が満載のマンガ本をお届け中!

 

マンガで分かるマンション投資 ある黒田家の場合

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

 

 

 

 

関連タグ:
#PR
#エンクレスト
#不動産
#不動産クラウドファンディング
#不動産投資
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
福岡を今よりもっと良い街に!
フクリパ編集部
フクリパ・デスク(中の人)です。飛躍する街・福岡の 過去を知り、現在を理解し、未来を想像する、様々な情報をいち早くお届けします。「こんな記事が読みたい!」というリクエストは、各種SNSのメッセージにて承ります!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP