経済的自立を考えるー“金のなる木”について学んだら、見えない資産が見えてきた話ー

お金って、あればあるほど安心しますよね。じゃあどうやって増やすのか?稼ぐ?貯める?投資に手を出してみる?皆さん様々なことを考えられることもあるかと思います。そんなモヤモヤを一通り実践してみた岩永学長が、投資に至るまでの5ステップで解説してくれます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事の目次

「金のなる木」を求めて、経済的自立を考えた


この1年、最も学んだこと1位は「資産運用」


そもそも、「金のなる木」っていったい何?「収入を大きくする」3つの方法


 ①人的資本を大きくする


 ②金融資本を大きくする


 ③社会関係資本を大きくする


複利と時間がもたらすもの


「金のなる木」の最後のピースとは


◆まとめ◆ 金のなる木を見つけるまでの5ステップ


関連タグ:
#これからの暮らしとお金のはなし
#まちと暮らし
この記事をシェア
LINE
  • \毎週火曜日配信!飛躍するまち福岡の情報をまとめてお届けするメールマガジン/

登録する

岩永 真一
福岡テンジン大学 学長
岩永 真一
福岡市で生まれ育った生粋の福岡人。就職氷河期世代で内定ゼロで社会に出るも、天神でゴミ拾いをするNPOグリーンバードに出会い参加し、街をつくる人たちと出会い人生が変わる。2010年に福岡市と共働で「学びで人と街をつなぐ大学」の福岡テンジン大学を立ち上げ学長を務める。

TOP