福岡の昭和レトロ大衆食堂

福岡グルメ【行かなきゃ損】シリーズ

福岡「昭和レトロな大衆食堂のレジェンドグルメ3選」地元民が愛する定食

グルメインスタグラマーAMATOによる「福岡グルメ行かなきゃ損」シリーズ。今回は「福岡レトロ大衆食堂のレジェンドグルメ」に注目。地元民に愛され続ける老舗店をご紹介します。

AMATOの「福岡レトロ大衆食堂のレジェンドグルメ」

こんにちは!福岡のグルメインスタグラマーAMATO(アマト―)です。@amato.fukgramのアカウントで活動しています。

 

年間500軒以上の福岡グルメを食べ歩き、スイーツや映えカフェ、コスパランチ、話題の新店から穴場までを紹介しています。

 

福岡グルメ「行かなきゃ損」シリーズは、AMATOのアカウントでも、アクセスが高かったものの中から、一押しのグルメを紹介していきます。

 

今回のテーマは「福岡のレトロ大衆食堂のレジェンドグルメ」です。

 

▼前回のレジェンドグルメはこちらをご覧ください
>>https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202309.15388

福岡レトロ大衆食堂の地元民が愛し続けるレジェンドグルメ3選

長い年月、地元民に親しまれ「いつまでも続いてほしい」と願われるお店=レジェンドグルメ。グルメの街・福岡にも多くのレジェンド店があります。

 

派手でもなく映えているわけでもない、でもただただ毎日でも通いたくなる昔懐かしい雰囲気と美味しいメニューがあるレジェンド店。まるで実家に帰ったような気分になってしまいます。

 

そこで今回は、「地元で長年親しまれるレトロな大衆食堂を教えて!」というご質問をいただきましたので、下記ポイントでチョイスしてみました。

 

レトロな大衆食堂・お店チョイスポイント
■50年以上続く老舗店!
■実家のような雰囲気!
■地元民に愛される店!

 

アカウントの中でも人気が高かった福岡のレトロな大衆食堂をご紹介します。地元民はもちろん観光客の方は、福岡観光のグルメリストとして、ぜひご活用ください。

 

 

1. 老舗うどん店の絶品かつ丼「やぐら」/福岡市博多区博多駅前

こちらは、福岡市博多区博多駅前 福岡商工会議所の地下食堂街にある隠れた名店、食堂「やぐら」さん。

 

やぐら

 

外観からめちゃくちゃ渋い。中に入ると昭和にタイムスリップしたかのような雰囲気で、期待感高まります。

 

今回いただいたメニューはこちら
■特製かつ丼定食 1,000円

 

やぐらかつ丼

 

うどん屋さんではあるんだけど、かつ丼が人気メニューということで、カツ丼とうどんがセットになった定食を注文!

 

やぐらかつ丼

 

割り下が甘くて濃いめの味付けで卵がたっぷり!ご飯がめちゃくちゃ進む丼♪

 

やぐらうどん

 

うどんのお出汁は優しめの味付けで、濃いめのかつ丼とのバランスがちょうどいい◎

 

やぐら

 

お昼から通しで営業してるからランチ難民にはありがたすぎる!老舗の絶品かつ丼を味わいたい人にはおすすめのお店です。

 

【やぐら】
■住所: 福岡市博多区博多駅前2-9-28 [MAP]
■アクセス: 博多駅から徒歩8分
■TEL: 092-441-0360
■営業時間: 11:30〜19:00(土曜〜17:00)
※現在の営業時間は店舗に要確認
■定休日: 日曜

 

 

2. 老舗食堂の美味しいコスパ定食「味寿食堂(みす)」/ 福岡市中央区港

こちらは、福岡市中央区港(みなと)にある食堂「味寿食堂(みす)」さん。

 

味寿食堂

 

長年お父さんとお母さんが厨房に立って切り盛りをされているお店。THE家庭の味が食べられる老舗の安ウマ食堂。店内はまるで実家のような雰囲気で、常連さんがめちゃくちゃ多いです。

 

今回いただいたメニューはこちら
■豚肉のみそ焼 600円
■ライス中 210円
■豚汁 280円

 

味寿食堂豚肉のみそ焼き

 

炒め物やカレーライス、焼き飯など昭和の食堂定番の料理がコスパ良くいただけます。

 

味寿食堂豚肉のみそ焼き

 

豚肉のみそ焼きは甘めの味付けで、これぞご飯が進む一品。お腹空いてる時だと、さらに格別です◎

 

味寿食堂みそ汁

 

おふくろの味で、どこか懐かしさを感じるから毎日でも食べれるんです。こちらも通し営業をされてるのも嬉しいポイントで、ランチ難民にもありがたい!

 

味寿食堂

 

リーズナブルにお腹いっぱいご飯を食べたい時にはおすすめのお店です。

 

【味寿(みす)食堂】
■住所: 福岡市中央区港2-3-6 [MAP]
■アクセス: 大濠公園駅から徒歩10分
■TEL: 092-761-5685
■営業時間: 11:00〜21:00
※現在の営業時間は店舗に要確認
■定休日: 日曜

 

 

3. 地元民定番の安ウマ老舗食堂「一膳めし 青木堂」/福岡市中央区大名

こちらは、福岡市中央区大名にある食堂「一膳めし青木堂」さん。

 

青木堂

 

創業60年以上の老舗店。福岡民なら一度は見たことある緑の外観がお馴染み、地元民に愛され続ける老舗の食堂です。

 

青木堂

 

中に入るとまるで昭和にタイムスリップしたかのような店内でちょいテンション上がります。

 

今回いただいたメニューがこちら
■カツ丼 650円
■豚キムチ丼 650円
■豚汁 270円
■みそ汁 150円

 

青木堂

 

メニューは500〜600円台のものが多くてホント安すぎる♪ショーケースには、100円台の手作りのおかずが並んでいて、それを取って後からお金を払うシステム。

 

青木堂かつ丼

 

今回注文したカツ丼は、ザ・家庭の味で優しい味付け。これぞ毎日でも食べれるって料理です◎

 

青木堂豚キムチ丼

 

若者が集まる大名のど真ん中で、朝から夜までやっていて使い勝手もよく、老若男女問わずお客さんで溢れかえる人気店。

 

青木堂豚汁

 

毎日でも通いたくなるような昔ながらのおすすめのお店です。

 

【一膳めし青木堂】
■住所: 福岡市中央区大名1-11-28 [MAP]
■アクセス: 天神駅から徒歩9分
■TEL: 092-751-0144
■営業時間: 8:30〜21:00
※最新の営業時間は店舗に要確認
■定休日:日曜

 

—–
いかがだったでしょうか?福岡の昭和レトロな大衆食堂レジェンドグルメ。どのエリアにも、毎日でも通いた長年愛されている食堂はあると思います。

 

今回ご紹介したレジェンドグルメは、いつ訪れても優しく出迎えてくれる実家のような食堂でした。これからも通い続けたいです。(※記載のメニューや料金は変更になる場合があります)

 

AMATO(アマト―)…@amato.fukgramのアカウントで活動している、福岡のグルメインスタグラマーです。

 

 

あわせて読みたい「福岡のレトログルメ」記事

・福岡の激シブ大衆食堂を巡る!レトロさがスゴいお店
>>https://fukuoka-leapup.jp/entertainment/202302.1126
福岡激シブ大衆食堂
・「福岡レジェンドグルメ3選」50年以上地元民に愛され続ける老舗店
>>https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202309.15388
地元民に愛され続ける福岡レジェンドグルメ
・福岡の昔懐かしいレトロプリンが食べられるカフェ6選2023
>>https://fukuoka-leapup.jp/gourmet/202309.15346
福岡昔なつかしレトロプリン

会社員の不動産投資

会社員だからこその強みを活かす。働きながら始める不動産投資。

Sponsored

マンガでわかる不動産投資

マンガで分かるマンション投資!老後の対策は自分でしないといけない時代に。 不動産投資を1から学べるマンガ資料をプレゼント!

Sponsored

最近、注目を集める福岡市のマンション投資の資料請求はこちら!

次々と新たな商業施設、オフィスビルがオープンする福岡市。
福岡都心部の再開発プロジェクトである天神ビッグバン、博多コネクティッドによる変化も大きく、開発が終了して完成する物件も増えてきて、福岡市内中心部の景色は変わり始めています。

人口増加率で見ても、福岡市は東京23区を超えており、2035年まで増加が予想されています。

その福岡市内でも注目の新規マンションのパンフレットと、
不動産投資の魅力が満載のマンガ本をお届け中!

 

マンガで分かるマンション投資 ある黒田家の場合

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

 

 

 

 

 

関連タグ:
#福岡グルメ
#福岡ソウルフード
#福岡観光
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
AMATO
グルメインスタグラマー
AMATO
@amato.fukgramのアカウントで活動中の福岡のグルメインスタグラマー。年間500軒以上の福岡グルメを食べ歩き、スイーツや映えカフェ、コスパランチ、話題の新店から穴場までをご紹介。20代目線で毎日更新される役に立つ「行かなきゃ損」シリーズが人気。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP