銀行跡地の建物を活用!前原商店街の活性化を目的としたコーヒースタンド&コワーキングスペース「STEAMSHIP COFFEE(スチームシップコーヒー)」【福岡県糸島市】

2023年8月1日、福岡県糸島市にオープンした「STEAMSHIP COFFEE(スチームシップコーヒー)」。JR筑前前原駅からほど近い場所にある銀行跡地を「コーヒースタンド&コワーキングスペース」として再生させ、前原商店街の活性化を目指すこと、糸島市ふるさと納税の魅力を発信しながら、若者がイキイキと働く場をつくることを目的とした注目のスポットなのです!

国道202号線沿いの茶色い建物が目印「STEAMSHIP COFFEE」

 

今回ご紹介する「STEAMSHIP COFFEE」は、福岡市西区方面から唐津方面に向かう国道202号線沿い。

 

最寄駅の「JR筑前前原駅」からは徒歩5分ほどの場所になります。

 

茶色の大きな建物と、窓ガラスの「COFFEE」の文字が目印です。

 

 

鮮やかなブルーの看板とレンガ調の外壁とのコントラストが絶妙です。

元銀行として利用されていた建物らしい、重厚なドアを開けて店内へと進みましょう。

 

自然豊かな糸島らしさを感じさせてくれる、人工芝を活用した店内空間

 

糸島の魅力が感じられる、地域に開かれた公園」のような場所を目指したという店内。

 

元々は銀行として地域の方々に長年親しまれてきた場所であることから、建物にはなるべく手を加えないことでその雰囲気を大切にしつつ、自然豊かな糸島らしさが感じられるようにアウトドア用の家具や人工芝を活用しています。

 

「STEAMSHIP COFFEE」オープンの目的

 

運営元の株式会社スチームシップは「地域の宝探しカンパニー」として、地域の宝=魅力を全国に発信している企業。

 

ふるさと納税制度を通して「地域のブランド価値を上げていく」ことを目標に、返礼品の企画・開拓・管理や、Webページの立ち上げ・運営、地域事業者および行政への技術支援、カスタマーセンターなどの業務を一括で請け負っています。

 

 

今回のオープンの目的は、糸島市の中心部にある前原商店街の活性化。

 

前原商店街には歴史あるお店と新たな店舗が混在していますが、国道202号線沿いと比べると人の通りはまばら。前原商店街への誘導も促進できるよう、商店街の方々とも連携し情報発信を行っていくそうです。

 

その拠点として、新しく建築して何かをつくるのではなく、せっかくなら歴史ある銀行跡地をそのまま利活用し、まちの情報を発信する場所にしたい。そして、前原商店街の入り口から前原商店街全体の活性化を図りたいという想いからオープンに至ったそうです。

 

 

また、糸島にいる若い世代の方たちに、地域でも若者がイキイキと働ける場があることを知ってもらいたいと考えており、若者が気軽に足を運べるようにコーヒーを学割価格で提供しています

 

学割は全国どこの学生でも対象となり、 学生の方はコーヒー30%引き(ミルク系コーヒーは20%引き)の学割価格にてコーヒーが楽しめます。※要学生証提示

 

進学や就職で都会へ出て行く若者たちが多い中、糸島の魅力を感じられるスペースをつくることで、地域に目を向けるきっかけを創出します。

 

 

 

店内では株式会社スチームシップ制作・発行のふるさとブック(返礼品カタログ)を自由に閲覧することができます。

 

単に商品を羅列しただけのカタログではなく、観光情報や生産者へのインタビュー記事など、地域の魅力を盛り込んだ読み物としても面白い雑誌なので、来店の際には必見ですよ。

 

香り高きスペシャルティーコーヒーで優雅なひとときを

 

「STEAMSHIP COFFEE」では、福岡を拠点とする「umi coffee(ウミコーヒー)」のバリスタが淹れるスペシャルティーコーヒーを提供しています。

 

 

「忙しい毎日の中で、少しでも心が落ち着いたり、豊かになったり、なんだかちょっぴり気分が上がったり、嬉しくなったり。そんなコーヒー時間を過ごしてほしい」というumi coffeeの思いと、まちの魅力発信拠点として地域の日常を盛り上げたいというスチームシップの思いが合致し、今回のumi×Steamship(海×蒸気船)のコラボスタンドが実現しました。

 

オシャレな空間で、香り高きスペシャルティーコーヒーとともにクリエイティブなひとときが過ごせます。

 

 

実はクラフト工房が数多く点在している糸島。クリエイターたちが手掛ける表情豊かな器は、眺めているだけでワクワクするものばかり。

 

「STEAMSHIP COFFEE」ではそんなクリエイターが手がけたマグカップでコーヒーを飲むこともできるんです。

 

実際に手にとったり利用したりしながら器の質感や風合いを楽しみつつ、糸島の地でこだわりを持って仕事をする方たちの思いを、じっくり体感してみてはいかがでしょうか。

 

 

コーヒーのラインナップは

・ドリップコーヒー(アイス/ホット)

・フレンチプレスコーヒー(アイス/ホット)

・水出しコーヒー(アイスのみ)

・ミルクブリューコーヒー(アイスのみ)

・カフェオレ(ホットのみ)

・抹茶オレ(アイス・ホット)

があり、価格は各550円。 (メニューは季節等に合わせて変動があります。)

ドリップコーヒーとフレンチプレスコーヒーはお好みのコーヒー豆が選べます。

※支払方法はキャッシュレスのみ利用可能。現金は利用できませんのでご注意を。

 

 

オーダーした「ミルクブリューコーヒー」とは、水出しコーヒーのミルク版。

 

文字通り水ではなく牛乳に漬けて時間をかけてコーヒーを抽出したもの。

 

ひと口飲めば、ミルクの中にコーヒーの上品な香りがふわりと漂い、きび砂糖のほんのりとした甘味が口の中に広がります。

 

カフェラテやコーヒー牛乳とは全く異なる、華やかな味わいが楽しめる一品なのです。

 

ちなみに「エコ割引」も実施しており、マイマグカップやタンブラーをお持ちの方は50円引き、2杯目は全カップ30%引き(ミルク系コーヒーは20%引き)という嬉しいサービスもあり。

 

 

なお、コワーキングスペースは、コーヒー1杯オーダーにつき1時間利用可能で、学生さんは+1時間サービス。

Free Wi-Fiも完備されている上、コーヒーは学割サービスもあるので、特に学生さんにはとてもうれしい存在になること間違いなし!

 

 

前原商店街の活性化活動を軸に、糸島の魅力の発信や、若者が集う居場所、そして地域の人と人をつなぐ存在として、様々な利用価値のある「STEAMSHIP COFFEE」。

 

糸島の新たなスポットとして今後も注目です!!

 

STEAMSHIP COFFEE(スチームシップコーヒー)

住所:福岡県糸島市前原中央3-18-26 1F

営業時間:平日10:00~17:30

定休日:土日祝・年末年始

Instagram:https://www.instagram.com/steamship_coffee/

※臨時休業の際はInstagramでお知らせします。

 

 

ブランドマンション

不動産投資に迷ったら資産価値の高い「ブランドマンション」が堅実

Sponsored

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

成長都市福岡1-F

関連タグ:
#福岡グルメ
#糸島
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
ライター
久原茂保
2001年より福岡発のカフェ情報サイト「CAFE@TRIBE(カフェ・トライブ)」を開設。以来、20年以上に渡り福岡県を中心に数多くのカフェを訪れ、日々取材活動に励んでいる。近年はカフェアドバイザー業やカフェのリブランディング、カフェプロモーションなどカフェ業界の知見とネットワークを活かしたオンリーワンな事業を展開中。グラフィックデザインやWEBデザイン、広告コンサルも。

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP