西中洲に誕生して半世紀。創業1973年の「コーヒーハウスロジン」【福岡市中央区】

いつの時代でも「カフェ」という存在は人々をトリコにします。近年のSNS人気も相まって、おしゃれなカフェ巡りを楽しむ女性も多い中、にわかに脚光を浴びているのが「昭和レトロな喫茶店」。中年以上の方はノスタルジックを感じ、若者にとってはおしゃれなカフェにないレトロ感が斬新だと感じるんだそうです。そこで福岡に今なお現存する「昭和レトロ喫茶店」をピックアップしてご紹介していきたいと思います!

この記事の目次

国体道路沿いの西中洲に1973年に誕生した「コーヒーハウスロジン」


50年前から変わらないノスタルジックな店内空間


全8種類のピラフをはじめ、とことん手作りにこだわった充実のフードメニュー


外国人観光客に人気なのがモーニング!


自慢のサイフォン抽出コーヒーと自家製ケーキを楽しむ


愛煙家のオアシス!なんと全席喫煙OK!


コーヒーハウス ロジン


関連タグ:
#福岡グルメ
#カフェ
#福岡観光
この記事をシェア
LINE
この記事を保存 
  • \毎週火曜日配信!飛躍するまち福岡の情報をまとめてお届けするメールマガジン/

登録する

久原茂保
ライター
久原茂保
2001年より福岡発のカフェ情報サイト「CAFE@TRIBE(カフェ・トライブ)」を開設。以来、20年以上に渡り福岡県を中心に数多くのカフェを訪れ、日々取材活動に励んでいる。近年はカフェアドバイザー業やカフェのリブランディング、カフェプロモーションなどカフェ業界の知見とネットワークを活かしたオンリーワンな事業を展開中。グラフィックデザインやWEBデザイン、広告コンサルも。

TOP