華大どんたく総力戦PR

博多華丸・大吉が九州7県をかけめぐる!「華大どんたく」1日駅員で『総力戦』PR

2024年2月10日(土)に福岡PayPayドームにて開催する「博多華丸・大吉 presents 華大どんたく」を九州全県の皆さんにPRするために、2023年10月8日(日)、華丸大吉の二人が二手に分かれ、九州各県を回ってPRしてきました!その模様を、どこよりも詳細にご紹介します。

2024210日(土)に福岡PayPayドームにて開催する「博多華丸・大吉 presents 華大どんたく」を九州全県の皆さんにPRするために、2023108日(日)、華丸大吉の二人が二手に分かれ、九州各県を回ってPRしてきました!

 

 

しかし、「1日で九州7県を回る」というハードスケジュールを、二人揃って7県を移動しながら実施するのはさすがに難しいということで、華丸さんは宮崎駅(宮崎県)出水駅(鹿児島県)熊本駅(熊本県)ルートを担当。一方、大吉さんは大分駅(大分県)鳥栖駅(佐賀県)千綿駅(長崎県)ルートを担当。そして博多駅にて合流するという行程で、1日かけて「華大どんたく」を九州7県に渡り総力戦PRしてきました。

 

二人は各県のJRの駅でPR活動を行うということで、場所は移動しながらですが、「1日駅員」の出で立ちです。

 

 

 

 

スタートは、宮崎&大分! 

まずは華丸さんが宮崎駅、大吉さんが大分駅に到着し、テレビ電話にてお互いのスタート地点を確認。

大吉「こちらは大分駅ですが、華丸さん、そちらはどこ?」

 

 

華丸「宮崎なんやけど、住みます芸人がなぁ〜んも仕事しとらんけん、駅に誰も人がおらん!大吉さん、そこほんとに大分?」

 

 

大吉「大分よ、ほら、大分と言ったら地鶏でしょうが。見て!」

 

 

華丸「後ろにお客さんいっぱいおるやん、いいなー。しっかり頑張ってよ!」

大吉「お前も頑張れよ!無事に夕方、博多駅で会いましょう!」

ということで、お互い1日頑張ろう、と声を掛け合い、「華大どんたく」九州7総力戦のスタートです!

 

 

 

【華丸ルート①:宮崎駅】

華丸さんスタートの地は、宮崎駅。待っていたのは、宮崎県住みます芸人のチキンナゴーと嫁恐竜。

 

 

まだ朝早く、人通りもまばらな宮崎駅に登場した華丸さんから、冒頭の「誰もおらん!」の一言が飛び出しました。

嫁恐竜から「宮崎では華丸さんのゴルフ場での目撃情報が多数あげられていますよ。毎年来てるやろ?と」それに対し華丸さんは「お正月に行くんよ。ゴルフして商店街に寄ってね。だから思い入れがある場所です」。

そんな華丸流アイドリングをしながら身体と気持ちを温めつつ、副駅長の田村さんにご挨拶。

「宮崎駅のモットーは元気でやさしい接客です。みなさん笑顔で頑張って行きましょう!」の田村副駅長の掛け声で、一同気を引き締めた後に、いざ構内へ。

 

 

最初のお仕事は、ポスターの張り替え。田村副駅長がポスターを貼る枠を開けていると

「お〜!こんな風になってるんやね」と新鮮な驚きを見せる華丸さん。

丁寧にポスターを貼り終え、最初のお仕事は無事に完了!

 

 

続いて、構内アナウンスへ。

早朝の構内ということで、華丸さんの声も自然とやさしく穏やかな口調でみなさんにご挨拶。とは言いつつも、華大どんたくのPRでは、ゆっくりしっかり誰もが聞き取れるようにしっかりとアピール。

アナウンスを聞きつけて集まって来たたくさんのお客さんに「ぜひ来てくださいね」と一言を添えて、華大どんたくステッカーを配りました。

 

 

 

再び構内に入り、次は宮崎県のメディアのみなさんの取材を受け、チキンナゴー、嫁恐竜から宮崎の定番お土産としても知られる「チーズ饅頭」のプレゼント。

 

 

嫁恐竜「チーズ饅頭はたくさん種類がありますが、これは宮崎県でしか購入できない人気商品なのでぜひ味わってください」

と手渡され一口食べながら

華丸「ん?チーズが入ってないね」と小ボケ。これに対し、住みます芸人全員から「そんなことない!」と総ツッコミが入りました。「中はしっとりしていて、皮がモチッとしていて美味しい!」と本音を告白。

 

 

宮崎駅でのお仕事を終え田村副駅長からは
「特にアナウンスが良かったですね。噛まずにわかりやすい言葉でアナウンスされていて、さすがプロだと感じました」
とお褒めの言葉を頂きました。

 

 

最後に感想を聞かれると
「楽しかったです!ポスターを貼ったりアナウンスをしたり普段では体験できないことなので。華大どんたくのPRなのですが、ありがたいことにチケットの売れ行きは好調です。なかなかチケットが取れなくても、知り合いの知り合いを辿って、僕にお願いしないでくださいね」
としっかり拒絶?アピールも。

「チケットは正規で申し込みください!」とその場を盛り上げてくれました。

 

 

 

【大吉ルート①:大分駅】

大吉さんは、大分県からのスタート。福岡県住みます芸人のマサルと、福岡よしもと所属芸人ザ・ローリングモンキーの二人(ムサシ、カツキ)に出迎えられ、大分駅を利用するお客さんに囲まれながら、大分駅の恋塚駅長にご挨拶。

 

 

大吉「恋塚駅長、今日はお世話になります。何か気をつけることなどありますでしょうか?」

恋塚駅長「今日はありがとうございます!大分駅は街のど真ん中にありまして、毎日たくさんのお客様にご利用いただいています。また、当駅は『日本一元気な駅』を目指してますので、ぜひ今日は元気よくお客様をお迎えしてください!」

 

 

ということで、まずは朝礼に参加。掛け声に合わせて「目指せ、日本一!」と気合いを入れました。

 

 

続いて、駅構内のポスターを貼り替えるお仕事。ここで、現在JR九州のCMを担当している華大のポスターを剥がし、華大どんたくのポスターに貼り替えるというまさかの展開に一同大爆笑!

 

 

無事にポスターを貼り終え、続いては構内アナウンス。

 

 

駅をご利用いただくお客様への気遣いのコメントから始まり、アドリブも交えてしっかり華大どんたくのPRもしてくれました!さすが大吉先生!

 

 

そのアナウンスを聞いたお客さんが改札前に大集合!大吉さん、マサル、ザ・ローリングモンキーが華大どんたくのステッカーを配り歩きました。

 

駅長室に移動し、大分県のメディアから取材を受け、「今日の3人の仕事っぷりは俺が経営者なら即不採用!」とマサル、ムサシ、カツキの3人をいじった直後、恋塚駅長から「お客様をお迎えする接客の心が大吉さんからしっかり伝わりました。私が経営者なら即採用です!」とコメント返しされる場面も。

 

最後に3人から「大分を味わってもらいたい」と特産品の梨がプレゼントされました。

 

 

大吉「甘くて美味しいです!いやぁ、果物で秋を感じるってほんとに素晴らしいことよね。3人とも、今日はありがとう、お疲れ様でした!」

 

大分県には久しぶりにきた、という大吉さん。

 

 

「昔は営業で別府に月2のペースで来てました。しかしあの頃はお金がなかったけん、あんまりどこそこ行けんかったんよね〜。今になって『あぁ、こんないいとこやったのにもっと来とけばよかった』って。そういう意味では、今日は九州のいろんなところに行けて嬉しいです」

と語ってくれました。

 

 

 

【華丸ルート②:出水駅】

途中昼食をはさみ、鹿児島県・出水市へ。鶴の渡来が日本一だとう出水駅には、鶴のモチーフのオブジェや絵画などが飾られています。

 

ここで迎え入れてくれたのは、熊本県住みます芸人のもっこすファイヤー。鹿児島県住みます芸人が、副業が忙しくて休めないため、代打で熊本県から来てくれました。

 

 

オープニングで、華丸さんを呼び込む際にタイミングがあわず、テイク2を撮ることに。失敗しても謝る二人に「住みます芸人なのに、すみませんて……」とひとことポツリ。

こういう後輩芸人との些細なやり取りで、華丸さんの後輩への思いやりが垣間見られるのもいい場面だなと思わせてくれます。

 

 

気を取り直して、今度はしっかりと出水駅の川端駅長さんを呼び込み、心がけることを聞くと「明るく、楽しく、元気よく仕事をやってもらいたい。あと、笑顔!それをしっかり心がけてお願いします!」と川端駅長。さらに“博多華丸”と書かれたネームプレートを華丸さんへプレゼントされ、気を引き締めてお仕事スタート。

 

 

出水駅でも構内でのポスター貼りからスタート。

現在CM出演中の華大のポスターをはがし、イベント告知のポスターに貼り替えるという不思議な場面に。

華丸さんはどうしてもポスター貼りが平行になっているかが気になるらしく、何度も「まっすぐになっとる?」と確認するくらい繊細な一面も見せてくれました。

 

 

次は構内アナウンス。早くも慣れた感じでスムーズにクスッと笑えるアドリブを交えてのアナウンスを披露。さすが華丸さん!

 

 

ここでなんと出水市の椎木市長と職員の方々が応援に駆けつけて応援の言葉をくださいました。とてもユーモアのある椎木市長。華大ポスターを進呈すると「はなまるです!」と現場を明るく盛り上げてくださいました。

川端駅長からも「ポスター貼りの丁寧さやお客さんが聞きやすい言葉でのアナウンスは私も見習おうと思いました」との感想をいただき、楽しくお仕事を終えることができました。

 

 

最後に当地特産品プレゼントの「鶏刺し」が登場。新鮮な鶏刺しを口にして「新鮮でやわらかくて美味しいですね!」と感想を伝えたかと思うと、さらにもう一口。グルメな華丸さんも大満足の様子。

 

 

明るい笑いにあふれた出水市でのお仕事を終え華丸さんは「出水市はおもしろい人がたくさんおるね!みなさんに応援してもらったので華大どんたくも盛り上げていきたい」とうれしそうに笑顔をみせていました。

 

 

 

【大吉ルート②:鳥栖駅】

続いては、一路西へ!佐賀県の鳥栖駅へと向かいます。

 

 

出迎えるのは、佐賀県住みます芸人のひのひかり智と、メタルラック(のなか、美意識タカシ)。鳥栖駅の改札をくぐってすぐという好立地でPRをスタート。3人の持ちネタをいじりながら合流した大吉さんは、久しぶりに後輩芸人と逢えて嬉しそうでした。

 

 

そして、鳥栖駅の副駅長・中村さんが登場!

鳥栖駅は、長崎本線も乗り入れる交通の要所として昔から多くの人に利用されている駅。

「安全と安心を一番に心がけています」と副駅長。

 

 

その気持ちを大切に、鳥栖駅でのお仕事は改札前のポスター貼りから。

そして構内アナウンスも大分駅に続きしっかりお勤めを果たしました。

 

 

この鳥栖駅に、なんと偶然DS列車「SL人吉」が立ち寄るということで、せっかくなのでホームへ。

 

 

モクモクと煙を吐き出しながら滑り込んでくるSLに、大人も子どもも興奮気味!さらには「ホームに大吉先生がいる!」というまさかの展開に、SLから降りてきたお客様もSLの写真を撮りにきたお客様も大騒ぎ!続々と人だかりができ、あっという間にステッカーを配り終えました!

 

 

鳥栖駅はサッカーチーム・サガン鳥栖のホームスタジアムが駅から見えるのですが、

「これができよった頃、まだ九州におったけん、『こんなデカいスタジアム作って、人は入ると?』て心配しよったもんね」と大吉さん。「久しぶりに来たけど、鳥栖駅はやっぱ広いね〜。だいたいこの辺りで仕事した時は、駅のホームにあるうどん屋『中央軒』さんでうどんを食べて帰りよったんやけど、なんか昨日から駅構内の店舗が全部復活したらしいね。ここはB’zの稲葉さんが『美味しい』って言ったことで聖地にもなったし、次に来たら久しぶりに食べたいと思います」

と語ってくれました。

 

 

最後に、中村副駅長から「大吉さんは姿勢が美しく、必ず目を見て話してくださるのでとても素敵だなと思いました。そして何より、構内アナウンスが素晴らしかったです!」とお褒めの言葉をいただきました。

これに対し、大吉さんからは「今回は福岡でイベントをやりますが、そのうち佐賀でもやりたいなと思ってますので、その時はぜひ力を貸してください!」とまさかの宣言がなされました!これは、また何かが起きる予感!?

 

 

そして次の駅に向けての激励の意味を込めて、ひのひかり智とメタルラックから、大吉さんに佐賀の名産品「さが錦」が贈られました。

「え、これ大人になって食べてみたら、結構洋風なんやね!パッケージも変わって食べやすくなったんや!」と、久しぶりのさが錦を堪能。英気を養いました。

 

 

佐賀には親戚も住んでおり、大吉さんにとっては幼い頃から通った場所がたくさんあるそう。「今の季節だとバルーンフェスタもありますね。あれはやっぱり、写真とか動画で見るのと生で見るのは全然違う感動がありますよね」と、佐賀の思い出も語ってくれました。

 

 

 

【華丸ルート③:熊本駅】

華丸さんひとりで回る最後の場所、熊本駅に到着。新幹線を降りたところから、たくさんのお客さんに声を掛けられながら構内へ。

熊本県住みます芸人の安井政史が元気に迎えてくれ、熊本駅の川底駅長にごあいさつ。

 

 

熊本に訪れるのは約4年ぶりという華丸さん。久しぶりに訪れた熊本ということ、そしてこのJRをめぐる華大キャンペーンも3カ所目ということもあり、かなり安定感もでてきました。

 

 

ポスター貼りのお仕事で、華丸さんに異変が!実はこれまでのポスター貼りでは、平行に貼れる目印があったのですが、今回は真っ白な場所に……。「今までは目印があったのに、今回は真っ白でむずかしいな」ともらして、安井、川底駅長に手伝ってもらいながらポスター貼りを終了。

 

続いて構内アナウンス。流暢にイベントのPR、お客さんへの気遣いなど笑いを交えてお知らせ。これまでで一番長いアナウンスに聴き入ってしまいました。今日一日のキーワードとなった「チケットは正規ルートで」をついに構内アナウンスでも!

 

 

構内にいたお客さんの笑い声が聞こえてくるほど盛り上がった今日イチのアナウンス。

 

 

熊本県のご当地名産は、もちろん「からしれんこん」。これまでも幾度となく食べてきたからしれんこんですが、本場・熊本のからしれんこんは華丸さん曰く「全然違う!れんこんもシャキシャキしていて美味しいし、辛さが違いますね。ちょっとこれはR指定をつけたいくらいの辛さです。やっぱり本場!という感じがしました」といい表情。

 

 

川底駅長は今回のPRに「たくさんのお客さんが興味をもって集まってくださったので、いいPRになったと思います。ぜひ熊本に来ていただいて、楽しんでいただきたいですね。そして華大どんたくが成功することを願っています」とコメントしてくれました。

 

最後に一日の感想について華丸さんは

「今日一日、宮崎、鹿児島、熊本とまわって、お客さんが多くて驚きました。九州はいい場所がたくさんあるので九州新幹線に乗って行って欲しいです。そして九州各地からぜひ210日の華大どんたくにお越しいただけるとうれしいです。もちろんチケットは正規ルートでおねがいします!」

 

さあ、次は大吉さんと合流する博多駅に向けて出発です!

 

 

 

【大吉ルート③:千綿駅】

大吉さんルートのラストを飾るのは、長崎県の大村湾沿いを走る、JR大村線沿いの通称「海の見える駅」こと千綿(ちわた)駅。

 

 

出迎えたのは長崎県住みます芸人の長崎亭・キヨちゃんぽん!

 

 

BSよしもとでは見てたけど、衣装の色、すごいよね。カステラ通り越してもはやピカチュウやん!」と、再会早々に大笑いの大吉さん。

 

この駅は無人駅のため駅員がいません。ということで、住みます芸人歴12年のキヨちゃんぽんから、昭和3年に建設された歴史ある駅舎がレトロなうえ、改札をくぐると目の前が海という、絶好のロケーションが人気の駅であると解説されました。

 

 

「お天気はあいにくですが、まぁ、長崎は今日も雨だった、ということで、大吉さんの長崎の印象ってどんな感じですか?」

というキヨちゃんぽんの質問に

「僕たち福岡の人間はね、学生時代の修学旅行って言ったら長崎市とか雲仙市とかだったんで、みんな来たことがあって。自然がいっぱいのいい街だなという印象だけど、いや、ここ、初めて来たけど、これはすごいね。ここはぜひまたお天気のいい日に来たいと本当に思う!」

と大吉さんも大絶賛。

 

 

博多華丸・大吉は西九州新幹線のPRもしているので、長崎県にもついに新幹線が開通したことにも触れてくれました。「まだ部分的な開通ではありますが、長崎って福岡から車で2時間っていうイメージやったのが、早くなるって嬉しいよね。ぜひ華大どんたくにも九州新幹線に乗ってたくさんのお客さんに来ていただきたいです」とコメント。

 

 

そして、10分間同駅に停車する「ふたつ星4047」がちょうどホームに到着!

 

大吉駅員が張り切っておもてなし!地元の特産品である「東彼杵茶」をふるまうおもてなし隊の皆さんに混じって、乗客の方々にステッカーをお配りしました。

 

 

さて、長かった九州横断ルートも残すところ博多駅のみ、ということで、キヨちゃんぽんから「ラストスパート、甘いもので疲れをとってください!」と名産品の「カステラサイダー」をプレゼント!

 

 

「え?これ、飲んだ最初はガッとサイダーの炭酸がくるけど、後からちゃんとカステラの味がするわ!これはすごい。またサイズもちょうどいいね、これはまたおもしろいものをありがとう!あと少し、頑張りますよ!」と、大吉さんはしっかり飲み干しました。

 

 

 

【華丸・大吉合流:博多駅】

華丸ルート、大吉ルート、それぞれの思い出を胸に、長い一日も博多駅にてフィナーレです。

「華大どんたく」九州7県“総力戦”、PR最終地点である博多駅は、博多口のステージでのオープンな会見となりました。

 

 

ふたりを迎え入れたのは、福岡よしもと所属芸人・田中健二。

 

 

お互いをねぎらいつつ、それぞれにまわってきた県のエピソードを、たくさんの博多駅の利用客に見守られる中で大発表しました。

 

華丸「私はですねー、宮崎駅、出水駅、熊本駅とまわってきたのですが、どこの駅長も野球経験者でした!脈々と受け継がれる野球への熱い想い、これはもう、JR九州さんをますます応援したいと思いましたね。皆さん、華大どんたくには、多少遠回りでも、JRを使ってきてくださいね!」

 

 

大吉「どんだけ遠回りよ()。しかしあなた、割とガッツリ各駅長とコミュニケーションとってきたのね。こちらは弾丸スケジュールだったので駅長とのコミュニケーションは短めだったんだけど、代わりに各駅のお客さんたちとたくさんふれあってきましたよ。改めて九州のすばらしさを感じたね」

そんなお互いの所感を交わしつつ、ゴール地点である博多駅でも駅長が登場!

鐘ヶ江駅長に、まずは二人からサイン入りのポスターパネルを贈呈。

そしてそんなふたりの一日に対し、駅長から「達成証」が渡されました。

 

 

忙しい中での弾丸ツアーでしたが、この企画、言い出したのは大吉さんだったそう。

大吉「そうなんです。大変でしたけど、でももともと吉本が色々と大変だったときに、若手が『何か大きなことをやりたい』と言い出したことから、今回の華大どんたくが決まったという流れがありまして、だからこそ、しっかり皆さんにご挨拶してまわりたいなと思ったんです。

あとですね、今日各県でも言ってきましたが、今回は福岡でやりますけども、今後は僕らが他の県にも出張って行って、小さなホールでもいいじゃないですか、そのための住みます芸人でしょうよ、地方に元気を届けるっていうことを、華大どんたくのあとに考えていきたいと思っています」

 

 

華丸「そうなんですね!頑張ってください!」

まさかの華丸さんの返しに会場は大爆笑!

大吉「いやいや、違うでしょう!ここは一緒にやっていきますよ!」

 

そして絶賛白熱中のパ・リーグの攻防戦についての質問に対し、華丸さんが熱い想いを語りました。

華丸「いや~ほんとに、昨日は勝って欲しかった!でも、クライマックスシリーズは確定なので、ここから2位、そして日本シリーズ、そして日本一と続けていただき、そのまま210日の華大どんたくまでなだれ込みたいと思います!ホークスの皆さん!一緒にがんばりましょう!」

大吉「のっかったね~」

 

 

 

以上、朝早くから夜まで、文字通り九州縦断と横断を実現したふたり。その想いは、訪ねた地域からまた新たな熱として浸透していくはず。愛と人脈の総力戦もいよいよ佳境となってきましたが、引き続き、追いかけていきたいと思います。

 

 

華大どんたく公式サイトはこちら

https://hanadai-dontaku.com/

※一般発売は10月28日(土) 10:00~

 

 

 

合わせて読みたい

>>博多華丸・大吉、福岡PayPayドームにて2024年2月10日(土)「博多華丸・大吉 presents 華大どんたく」開催を大発表!

7月15日(土)、博多祇園山笠の最終日「追い山」の興奮冷めやらぬ博多。福岡ソフトバンクホークスの本拠地である「福岡PayPayドーム」に、博多華丸・大吉の二人が登場、来年2月10日(土)、ここ福岡PayPayドームにて「博多華丸・大吉 presents 華大どんたく」を開催することが発表されました!

 

華大どんたく

>>2024年2月10日開催「博多華丸・大吉 presents 華大どんたく」出演者大発表! 『「博多華丸・大吉 presents 華大どんたく」概要発表会見』

『「博多華丸・大吉 presents 華大どんたく」概要発表会見』が行われ、2024年2月10日に福岡PayPayドームで開催される「博多華丸・大吉 presents 華大どんたく」の出演者が大発表されました!

 

 

 

 

入居率99%

入居率99.6%の物件だから安定収益。将来に必要となる投資。 入居率が高く、安定的に収益が期待できる人気不動産での資産形成を学んでみませんか?

Sponsored

成長都市福岡

投資を始めるなら、成長が止まらない街「福岡市」。投資初心者”必見”のマンガ&基礎満載テキストプレゼントはこちら

Sponsored

不動産投資が学べる漫画など特典プレゼント中

漫画だから分かりやすい。
不動産投資が学べる特典を無料プレゼント。

お申込みは下記から。

マンガで分かるマンション投資 ある黒田家の場合

 

資料送付はえんホールディングスグループの一員である株式会社えんより行われます。
えんホールディングスグループはWEBメディア「フクリパ」の運営母体です。

この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
デスク
フクリパ エンタメデスク
福岡のエンタメ情報をピックアップしてお届けします!「こんな情報が欲しい」というお便りも随時募集中!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP