ゴリパラ見聞録が海外へ!?「ワールドあみだ」公開収録に潜入!

6月11日(日)にキャナルシティ博多で行われた、「ゴリパラ見聞録」の公開収録「ワールドあみだ」の模様をどこよりも早くご紹介します!

「ゴリパラ見聞録」が、次に発売を予定しているDVD・Blu-rayの第11巻に収録する海外旅のため、キッズのリクエストを受けての「ワールドあみだ」をキャナルシティ博多にて開催しました。

これまでのDVDにも海外旅は収録されていますが、キッズのリクエストをもとにあみだで行先を決めてきた「ゴリパラ見聞録」も、海外あみだは初!コロナを経て、ようやく海外への旅に出られるということで、待望の公開収録となりました。

ということで、これまで何度も取材させていただいているフクリパが、どこより早くその様子をお届けします!

 

ゴリパラ見聞録とは?

全国にキッズ(=ファン)を抱える、福岡が誇る「ゴリパラ見聞録」。ご存知なかった方のために簡単かつ的確に!ご紹介します。

 

写真左から矢野ペペさん(パラシュート部隊)、ゴリけんさん、斉藤優さん(パラシュート部隊)

 

「ゴリパラ見聞録」とは、ワタナベエンターテインメント所属のお笑い芸人ゴリけんさんと、「パラシュート部隊」の斉藤優さん、矢野ペペさんの3人が、人間性まるだしで旅をするドキュメンタリーバラエティ番組。

徐々にOA範囲が広がっていき、いまでは全国に番組のファンがいます。そしてそんなファンのことを、彼らは愛を持って「キッズ」と呼んでいます。

「テレビの前のあなたのために、日本全国どこへでも代わりに行き、お望みの写真を必ず撮ってきてメールします」というコンセプトのもと、お望みの場所をキッズに募集。

 

 

キッズから出てきた「行って欲しい場所」をもとに旅をするのですが、いつもはその集合場所が、聖地・冷泉公園なのです。

しかし、どうやら今回はキッズの集合場所が違うようで…

 

 

 

今回は、冷泉公園を飛び出し、なんとキャナルシティ博多で「ワールドあみだ」

やってきたのは、キャナルシティ博多B1Fにある「サンプラザステージ」。

 

 

色んなイベントが開催される場所であり、何もないときでも目の前の噴水の演出を眺める人の多い、キャナルシティでも象徴的なスポットのひとつです。

そしていつもは冷泉公園に無制限に集合が可能なのですが、今回はスペースが限られているため、事前応募制になったそう。そんな貴重な瞬間を目撃したいということで、約3,000名の応募があったそうです。

しかも、いつもとは色々内容が違うそうで…

 

番組DVDBlu-rayの新作用特典映像を海外旅にするということで、その行き先を事前に大募集。そこから厳選した5つの行き先の中から、あみだでロケ地を決定するというからびっくり!いったいどんな国がノミネートされるのでしょうか?

※決定した行き先については、今後の国内外の状況次第で変更になる可能性があります

 

キッズへの募集期間は、海外旅で「行ってほしい目的地」が5/6 01:255/19 23:59の14日間、当日の観覧募集は5/12 15:005/21 23:59の10日間実施し、応募総数は目的地が約1,000件、観覧希望者が約3,000名だったそう。

その中から選ばれた目的地の依頼者は5組、そして観覧者は合計450名が当選となりました。

 

 

いよいよ!ゴリパラの3人が登場です!

すでに場内は大盛り上がり!なんと、抽選に漏れた人が朝8時からかけつけていたそうで、観覧席と合わせると約800名に見守られながらの公開収録となりました。

 

 

矢野ぺぺ(以下:矢野)「さぁ、それでは始めてまいりましょうか?いよいよこの日がやってきました、ゴリパラDVD最新作の行先決定イベントです。」

 

 

斉藤優(以下:斉藤)NOW!ここが人生のど真ん中!ニューヨークに、行きたいかー!?」

 

 

矢野「いやいや、クイズ番組じゃないんだから

 

 

ゴリけん(以下:ゴリ)「あと、行くのは俺らやけんね」

とにもかくにも、見上げればどこまでもキッズたち…圧巻です。福岡はもちろんですが、どうやら全国から来てくれたそうですよ。キッズ愛、おそるべし!

 

矢野「それはもうたくさんの応募があったと聞いています。その数は、約3,000名。その中で現在の海外の状況とスケジュール、そして『懐事情』などをスタッフが鑑みて、最終候補が5つ選ばれました。今日ここで!その5つの中から行先を決定します!それでは最終候補に選ばれた依頼者に登場してもらいましょう!どうぞ!」

 

 

 

 

 

 

今回選ばれた行先は、ニュージーランド・インドネシア・ギリシャ・タイ・カナダの5か国。それぞれの自己紹介や行先発表、そして世界地図にペペさんがシールを貼っていきますが、場所がわからないという一幕も(笑)。

また、なぜその国を選んだのか、そしてその国のどこに行ってきてほしいのかのプレゼンもしてもらいました。

 

 

キッズのリクエストを受けて行うあみだは、いつも依頼者の想いがそこにあります。その想いを受けて、ゴリパラの3人はミッションを果たすべく冒険の旅に出るのです。だからこそ、国内ならまだしも、海外となると、その緊張感はより一層高まります。

 

 

斉藤「さあ、行先が出揃いました。アミダボードカモン!」

 

矢野「さて、ここからがめちゃくちゃ大事!誰にあみだを決めてもらうかですが・・・観覧席の皆さん、受付時に番号が配られていますよね?今からこのボックスの中から引いた番号の方にあみだくじのABCDEを選んでいただきます!ではゴリさん!引いてください」

 

 

ゴリ「34番!」

 

矢野「出ました!では34番の方、ステージにきてください!どうぞこちらにお願いします」

 

 

斉藤「ABCDEどれを選びますか?」

 

34番キッズ「Aでお願いします!」

 

斉藤「なぜA?」

 

34番キッズ「優くん(斉藤)の服が赤いので、赤の『A』で!」

 

トーク中盤でゴリさんとペペさんに盛大にイジられていた斉藤さんの赤いズボンにかけて選んでくれたキッズさん。愛が伝わります。

 

斉藤「それではまいりましょう! 運命の!お時間ですっっっ!(エコー)」

 

 

斉藤「インドネシアに決まりました!」 

 

矢野「ゴリパラDVD最新作の行先決定しました!それでは行ってまいります!最終候補のみなさん、あみだくじを決めてくれた方もありがとうございました!」

 

 

ということで、無事行先が決定!せっかく集まってくれたキッズのために、3人のミニライブのサービスが!

 

ゴリ「さあ、ここからはミニライブでお楽しみください!ミュージックスタート!」

 

 

 

「オン・ザ・ロード」「中年の見聞録」「僕らの旅さ」の3曲を披露。

 

 

歌の途中、噴水の演出も入り大興奮でした。

 

大歓声のなか、ワールドあみだが完了!近々、3人は「インドネシア」へと旅立ちます。みなさん、どうぞお楽しみに!

 

 

ワールドあみだを終えた3人に直撃!

いつもとは違う場所でのキッズとの大集合直後、3人にお話を伺いました。

 

 

今回の企画は春先に話が出始め、「ワールドあみだをどこでやるか」という話の中で、「そうだ!キャナルシティ博多なら、たくさんの人に見てもらえる!」ということでこの場所になったとのこと。フクリパエンタメデスクも、会場入りした際にすでに長蛇の列だったのでびっくりしました。相変わらずのゴリパラ人気と、キッズの熱意に圧倒されながら取材させていただきました。

 

 

斉藤「いやぁ、ちょっと何人くらいいたのか全然わかってなくて。…え?800人?すごいですね!!CDのリリイベ以来のサンプラザステージでした。すごいキッズの数。本当にありがたいです。

今回は『ワールドあみだ』ということで、キッズに囲まれる緊張感もさることながら、正直『どの国になるんやろうか』という緊張がめっちゃ強かったんですよ…僕はどの国も行ったことがないので、どこになっても楽しみでしたけど、改めて、『おもしろいって何なんだろう』を考えてロケにのぞみたいと思ってます。」

 

無事に終わってほっとした様子の斉藤さん。途中、阿部プロデューサーの名前が何度も出ましたが、行先によって本当に予算も行程も変わるドキドキの展開でした。

一方、ペペさんはすでに行った先のことを考えているようで…

 

 

矢野「昔ですね…香港旅のときにあまりにも僕がなんでもかんでも阿部ちゃんに聞くもんで、彼をキレさせたことがあってですね…なので、今回は新しく入ってくれたAD・矢野くんを頼りに、なるべく迷惑をかけないようにしようと思ってます。」

 

予算やスタッフ事情も含め、とにかく素の3人をさらけだすスタンスが人気を呼び続けてきた「ゴリパラ見聞録」。今回のインドネシアロケで、どんなできごとが起きるのか、今から楽しみです。

 

 

ゴリ「DVD・Blu-ray第11弾のための海外旅ということで、新しい展開のゴリパラをお届けできるように頑張りたいと思います。実はですね、僕たちロケ先で動物を見つけることにハマってまして、鶴とか鹿とか、色々遭遇してきたんですけど…インドネシアにいる、ある動物と斉藤のですね…」

 

矢野「あぁ、あれね」

 

斉藤「やめろって!俺はやらんぞ!」

 

インドネシアと言えば?という動物ネタで、実現するとおもしろいけれど同時に結構危険そうなことをゴリさんとペペさんが早速企んでいるようですが…いったいどんな旅になるのか?

 

斉藤「まぁ、それはいいとして、インドネシアに決まって、やっぱり我々はアジアからだなと思いました。頑張ります!」

 

矢野「国内でも北海道と沖縄とか出たらドキドキするのに、今回は世界中だったので、ほんとにドキドキしてますけど、楽しんできますよ!」

 

ゴリ「新しいゴリパラのスパイスを探しに行ってきます!」

 

皆さま、どうぞ首を長くしてお待ちください!

 

 

ということで、今日もゴリパラのお三方、ありがとうございました!

 

 

◆ゴリパラ見聞録公式サイト

https://www.tnc.co.jp/goripara/

 

 

20代の不動産投資の魅力

資産形成の新たな選択肢に加えたい、20代から始める不動産投資の魅力とは。

Sponsored

いま狙い目!福岡のブランドマンション

不動産投資をするなら「福岡のブランドマンション」が狙い目といわれる理由

Sponsored

成長都市福岡1-F

関連タグ:
#インタビュー
この記事をシェア
facebook
twitter
LINE
デスク
フクリパ エンタメデスク
福岡のエンタメ情報をピックアップしてお届けします!「こんな情報が欲しい」というお便りも随時募集中!

フクリパデザイン1

フクリパデザイン2

フクリパデザイン3

フクリパデザイン4

TOP