東京から移住した元放送作家が語る「フクオカ」の魅力と、●●と。⑩

初観覧した移住者・きむ兄が紹介する『博多祇園山笠』の魅力

約2年前に東京から福岡に移住してきた元放送作家のきむ兄。恋焦がれた「博多祇園山笠」に、ついに初観覧が叶いました!「福岡に興味のある県外の人に、来年はぜひ遊びにきてほしい!」という切なる願いから、山笠初心者が知っておくべき魅力をまとめてもらいました。

この記事の目次

移住してから初の追い山笠見物


舁き手は山笠期間中、きゅうりを食べてはいけない


「仕事してますか?」と聞きたくなるくらい、日中に舁き手が街中を歩いている。


「え、3局もテレビが生中継してる!」


市長ががっつり山笠に関わっている。


山笠一色になる博多の街は熱すぎる!


超プレミアム!桟敷席の券を頂きました


2023年の追い山笠は土曜日!ぜひ博多に来てください!


関連タグ:
#福岡観光
#フリーランス
#移住
この記事をシェア
LINE
  • \毎週火曜日配信!飛躍するまち福岡の情報をまとめてお届けするメールマガジン/

登録する

きむ兄(木村公洋)
移住系ライター
きむ兄(木村公洋)
2020年秋に東京から福岡に移住した元・放送作家。現在は中小・ベンチャー企業、フリーランスのPRに関するアドバイス・企画立案戦略をサポート。マスコミ業界に15年いた目線から福岡の魅力、東京との違いを発信します。東京で見なかったもの「高校の同窓会中止のお知らせが新聞の全面広告に載っていた」

TOP